Junio 5, 2020

文教大学講義第3回の配信を終える 5 junio 2020

ここまででひとまず提出期限を過ぎた第1回、2回分、提出された小テストの回答とノートまとめレポートをすべて見てみる事にしました。
いやーホントに殆どみんな完璧過ぎ!
ノートが実によくまとまっています。

オンデマンド配信での講義は初めてですが、やってみると様々な事に気付きます。

利点としては

○学生が講義に集中出来る事。
オンラインだと講義に集中できないのではないかと危惧しておりましたが、まとめノートを見ると殆どの学生が実に良く講義を聴いている事がわかります。
今回の様な、個々の太鼓やシンバルの役割とか、ジャンル、場所、好みによるそれぞれの楽器のサイズ選びとか各楽器それぞれの名称とか、メーカーによる音の違いとか、細かな事について学生によっては4枚も5枚も学生ノートを使ってまとめてます。
イラスト付きでまとめている子も多いです。
集中という事でいえば、近くの席の学生同士でついつい無駄話という事がないので、むしろオンラインの方が良い点もあります。

○生徒の講義に対する理解度をこちらがきめ細やかに把握出来る事。
対面の方が直接のコミュニケーションが取れるし生徒の事はよくわかるだろうと思っていましたが、実はそうでもなかったと。
一人一人から提出されるレポートを読む事によりどの子がどれくらい理解しているか、つぶさにわかります。
提出されるノートには私に対する通信文が書き込んであったり、こちらはこちらで配信の時に頂いたレポートの感想等をちょろっと述べるので時間差はあるもののコミュニケーションが取れていない感じでもありません。


難点としては

○学生の聞き違いが多い
これには考えさせられました。
お互いに相手が見えない音声配信では、一つの物事をくどいくらい多方面から言い換え何度も述べたりしないと伝わりづらいですね。
滑舌も問題なのかもしれません。身体能力を鍛えないと(^^;)

○教材作成、評価に時間がかかる
1回分にかかる時間・・・平均してだいたいPDF資料の作成に1時間(いや、もっとかかってるな)、音声資料の作成に3時間、小テストの採点に30分、提出レポートの読みに5時間・・・計1回分9時間半でそうしたら月に38時間労働くらい費やしてこれで講師の安月給ウン万円(>_<) 自分の基準からすると労働に対しての対価が怖ろしく釣り合わない(>_<)
音声ファイル作成は最低でも時間分しゃべってそれを聞き返さなければならないので短縮のしようがない。
今回なんか各楽器の音も収録しましたし、たぶん3時間では済んでないかと。
レポート読みは150名分、1人平均2分で読んだとしても300分・・・ぴたり5時間ですよ。
今期は大人数で集まっての筆記試験が不可なので小テストとレポートによる評価が既定路線なのですけどね。
今期だけと思えば頑張れるけれど、ずっとは無理かも。

とはいえ教室で人間同士が実際に会うという事はやはり何にも代えがたい事であると思います。
早くコロナが完全終息します様に!


レポートの評価基準も決めてみました

0点 未提出(欠席)
1点 とにかく提出
2点 まあまあ基準を満たす
3点 意欲的、先進的、革新的な取り組みがある

そんなわけで評価は「3」がやたら多いですが、みんなよくやってると思うので、ヘンに偏差させなくても良いかと。


ところで学生の空耳アワー、気になった勘違いたちはこんな感じでした↓

三代メーカー・・・三大メーカー
ポルラーミュージック・・・ポピュラーミュージック
速攻演奏・・・即興演奏
共用が必要・・・教養が必要
綺麗を求めて・・・キレを求めて
フィーリン、フウリン、フィーリング・・・フィルイン
ミットトム・・・ミッドトム
汲み上げる・・・組み上げる
ライトシンバル・・・ライドシンバル
床にそのまま奥・・・床にそのまま置く
ヒュージョン・・・フュージョン
Snearドラム・・・Snareドラム
低温・・・低音
金の様な音・・・鐘の様な音
ハミトム・・・ハイトム
オムビート・・・オフビート
ビードを刻む・・・ビート
ジャズとロック療法やる人向け・・・ジャズとロック両方やる人向け
コンプラカンパーナ・・・コントラカンパーナ
音の入らないオフビートを使った音楽・・・声の入らないオフビートを使った音楽
ラジック・・・ラディック
音に厚みがある・・・材質に厚みがある
ハイハッド・・・ハイハット
Crush・・・Crash
常識駅なサイズ・・・常識的なサイズ
ヤマハ パール たま・・・ヤマハ パール タマ(なぜか「TAMA」だけ何度出て来てもひらがな表記だった)
折れ目の付いたシンバル・・・チャイナ(この把握、流行ってました)

続きを読む "文教大学講義第3回の配信を終える 5 junio 2020"

投稿者 藤田浩司 : 12:14 PM | コメント (0) | トラックバック (0)

Junio 4, 2020

まのんの声 4 junio 2020

ここのところまのんは始終声を出して喜んでます。
リクエストにお応えしてアップさせて頂いちゃいました(笑)
全体で5分と長いのでご覚悟を!
それでは宜しくお願いします(^^)/

続きを読む "まのんの声 4 junio 2020"

投稿者 藤田浩司 : 12:23 PM | コメント (0) | トラックバック (0)

Junio 3, 2020

アベノマスク 3 junio 2020

うちにも届きました、アベノマスクが。
話題沸騰中に付き、興味津々!
ぱっと見、なかなかにしっかりした製品だなと思いました。

ましかし、実際のところ配布方法はうまくいっていればもっと色々とあったのではと思います。
マイナンバーの運用が問題ですよ。
個人情報の扱いとの関係で今のところ中途半端な活用にとどまっておりますが、今回のコロナで色々とまずいところが出ちゃいましたね。
まーどちらを取るかという難しい問題でもありますが・・・
しかし時代はもう個人番号を必要としてるんじゃないですかね。

一部の他国の様にマイナンバーが完璧ならば国民へのマスクの届け方にしてもコストのかかる「郵送」以外の方法がとれたはずですしね。

定額給付金や持続化給金の給付状況についても色々と不満が出ていますが、これも・・・
大体、定額給付金など殆どの人に申請不要で届けられたはずですしね。
申請という手段はもちろん一部の届かない方々のために残しておき、申請が必要となる人が絞られれば公務員の方々の、そして市民の方々の、無駄な労力が大幅に軽減されたはずですよね。

マイナンバーカードを持つ自分にとって政府の対応は驚くほど迅速であったと感じています。
どちらも受付開始から1、2週間ほどで届いてます。
すごくないですか?
定額給付金の方は自治体によってスピードがだいぶ違う様ではありますが・・・


話は戻ってアベノマスク。
コロナがやばい状態になってきた2月頃、自分がアタマに描いて探し求めていたのはまさにこの形のマスクでした(笑)
いやーマスクなんか全然興味なかったし、小学校の頃しか着けた記憶ありませんでしたしね(^^;)
以前からみんななぜ暴走族みたいなマスクを着けているんだろう?と軽く疑問に思ってたくらいで。
性能が違うんですね、なるほど!という感じでした(^^;)

失礼しましたm(_ _)m
うちでは有り難く備蓄にまわさせて頂きます。

続きを読む "アベノマスク 3 junio 2020"

投稿者 藤田浩司 : 9:19 AM | コメント (0) | トラックバック (0)

Mayo 31, 2020

不二家のペコちゃん 31 mayo 2020

いやーこの歳にしてようやく不二家のペコちゃんの「ペロッと舌」の意味がわかりました。
赤ちゃんは本当にあんな風に舌を出すんですね。
しかも頻繁に(^^;)
びっくりです。

ここのところのまのんは急激にちからが付き、足で蹴って自分の身体を布団の上まではみ出させたり、頻繁にうつぶせとなってはハイハイのマネをしたり、高速で手を回転させたりとすごい事になってます(^^;)

金曜日の夕方、ようやくにして解放となった九十九里浜を散歩してきました♪
まのんは海が大好きな事がわかりました。










続きを読む "不二家のペコちゃん 31 mayo 2020"

投稿者 藤田浩司 : 12:00 AM | コメント (0) | トラックバック (0)

Mayo 30, 2020

6月以降のレッスン再開についてお伺いさせて頂きます:Drum Studio LA FIESTA 30 mayo 2020

コロナ感染の拡大がひとまずの収束を見せる中、皆様におかれましては如何お過ごしされていますでしょうか。

さて5月25日、ついに全国で緊急事態宣言が解除されました。
また小、中、高校の再開も決まっています。
つきましてはドラムスタジオ・ラ・フィエスタにおきましてもレッスンを再開させて頂きたいと考えております。
じっくりとお読み頂き、その上で今後のレッスンについて下記の1.2.3.よりご選択、ご返信頂きます様お願い申し上げます。お返事は急ぎませんので6月6日土曜日午後8時までにお願い致します。

6月以降のレッスンについて、それぞれの説明をよくお読みの上、以下の3通りよりご選択下さい。
まずは6月の第1回目レッスン(7、8、9日)時に当たってのご選択という感じで、一度ご選択頂いた方法で実施してみて再度ご検討の上変更されても問題ありません。

1.通常通りのレッスンを再開する。
2.オンラインでレッスンを受ける。(オンラインレッスンをお選びの場合にはレッスンに使用を希望するアプリ - LINE、Zoom、Skype、Messengerのいずれか - とそのID、アカウント名、Zoomの場合にはメールアドレス等をお知らせ下さい。)
3.コロナ収束の様子を見つつ、6月も休講する

☆1.2.3.それぞれについての説明

1.通常通りのレッスンを再開する
以前同様、レッスンにお越し下さい。
いわゆる三密「密閉」「密集」「密接」についてですが、レッスン会場の対応として・・・
○「密閉」については確かに密閉空間ではありますがドラム会場、ピアノ会場共、換気扇に十分過ぎる能力があります。
ドラム会場は設計時にグループでのレクチャー等に利用する事も考えていたため吸気用及び排気用、二つのダクト型換気扇で20名ほどの収容に対しても十分な換気量が取れる様設計されています。(排気用、給気用それぞれのダクト型換気扇の強弱スイッチを強にした上で換気口の広がりを決めるシャッターを最大に開放した場合)
ピアノ会場はライブハウスとして使える仕様となっておりまして、換気扇は排気用のみではありますが大型のものを二基備えており30名ほどの収容に対しても十分な換気量が取れる様設計されています。(吸気には専用の吸気口を設けてあります)
その様な能力に対して生徒1名、あるいは同伴される方と2名をお迎えさせて頂いておりますので、密閉空間ではあるものの換気量は必要十分以上であり、リスクは十分に低いと考えます。
○「密集」については個人レッスンの場合には問題ないと考えます。
○「密接」についてはレッスン時十分な距離を取る様留意させて頂きます。ドラム対ドラムでのレッスン、ドラム対ピアノのレッスンでは元々問題ない距離を取っていますが、ピアノのレッスンにおきましても距離を置いて設置するグランドピアノ対デジタルピアノという形でご対応させて頂きたいと思います。また講師は必ずマスク着用とさせて頂きます。

また、通常通りレッスンにお越し頂く場合
○ドラム会場、ピアノ会場の両方に消毒用エタノールをご用意させて頂きますので備え付けのティッシュと共にドアノブ、机、ご使用のスマホ等の拭き取り消毒にご協力下さい。
○レッスン前にはレンガ調建物1階にあるお手洗いにて殺菌石けんを付けての手洗いをお願い致します。
 また濡れた手を拭く際にはタオルではなくペーパータオルをご使用下さい(布タオルは撤去させて頂いております)。
○手指の消毒(エタノール)をお願い致します(各会場毎に用意があります)。
○咳・くしゃみエチケットをお願い致します。また、マスクの着用をお願い致します。
○レッスン時にはなるべく控室に滞留なさらぬ様お願い致します。
また控室、及びピアノ会場玄関前は窓を開けての「換気状態」をキープさせて頂きます。
○日常におかれましても「手洗い」「うがい」等の予防行為を心掛けて下さい。
○発熱(37.5℃以上)や咳、咽喉痛などの症状がある場合にはレッスンの受講をお控え下さい。
等にご協力下さい。


2.いつもと同じ時間に自宅でオンラインレッスンを受ける
オンラインでレッスンを受ける場合にはスマホかタブレット、PC(カメラとマイクの準備必須)のいずれかと、ある程度のインターネット環境が必要となります。
☆オンラインレッスンについて不慣れな方々にはご不安が多々あるかと思いますが、こういった機会に新たな体験として是非チャレンジ頂ければと思います。詳しくはお問い合わせ下さい。また事前に動作環境チェックをお手伝いさせて頂きます。
補足:月謝について・・・オンラインレッスンの場合には銀行振込にて振込手数料分は差し引いて月謝をお振り込み下さい。
お振込先:千葉銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行

3.コロナ収束の様子を見つつ、6月も休講する
月謝制で休講をお選びの場合、今回も休講中のレッスン料は頂きませんのでご安心下さい。
また休講中にも6月の1ヶ月間につきましてはは今のレッスン時間の枠をキープさせて頂きます。

以上となりますがご返信お待ち申し上げます。
宜しくお願い致します。

Drum Studio LA FIESTA
代表:藤田浩司
http://la-fiesta.jp
lesson@la-fiesta.jp
080-2294-9509
050-5899-2274(一部の050ナンバーから無料でおかけ頂けます)
(最新のレッスンスケジュールは http://la-fiesta.jp/i/fujita.html にてご確認頂く事が出来ます)

投稿者 藤田浩司 : 12:53 PM | コメント (0) | トラックバック (0)

Mayo 28, 2020

文教大学講義第2回の配信を終える 28 mayo 2020

配信の前日に前回分のまとめノート提出と小テストへの回答が締め切り。
結局、まとめノート(レポート)で履修生150名中133名様よりご提出頂きました。
まあこんなもんですかね(^^;)

配信音声を作成するに当たってタイムラグの発生具合がなかなかに微妙です。
こちらは配信のための教材を早め早めに用意する必要があり、配信用の音声をすでに現時点で第5回まで作成済みなのですが、レポート等学生の反応を見てしゃべるのはそういうわけで学生側からみたら「?」となってしまいそうなくらい返しが遅くなってしまうという(^^;)
今回拝見させて頂いたレポート等についてのレスポンスはなんと第6回の配信に織り込む感じとなってしまうという(>_<)
かといって締め切りギリギリに教材を作るのは怖いですからね。
しゃべるだけでなくドラムの演奏もしたりするので、結構準備に時間がかかるんですよね。

音声の収録もだいぶ慣れてきて、オープニングとエンディングのバックに音楽をかぶせたりして、なんというか・・・ラジオパーソナリティー風な講義となってきました(^^;)
一部、効果音も採り入れております。
勝手し放題に喋らせて頂いておりますが、まあ・・・だいぶ前の話だけど、BAY FMでそんな話になりかけた事もあったので、まあ許して下さいませ(笑)

しかしこんな風に作ってしまうと、この事態が長引いたとして資料の使い回しは出来なくなってしまうなあ(^^;)

続きを読む "文教大学講義第2回の配信を終える 28 mayo 2020"

投稿者 藤田浩司 : 10:18 PM | コメント (0) | トラックバック (0)

Mayo 24, 2020

まのんのお気に入り 24 mayo 2020

こどもちゃれんじ、いいですよ。
教材?おもちゃ?のマットで、とても楽しそうに遊んでます。
これほど長く、もので遊ぶのは初めて。
なかなか飽きない。
特に赤い羽根付きのひよこさんがお気に入りで触るとガシャガシャと音が出るのを楽しんでます。
それに支柱をなめると(^^;)
こんな遊び方があったとは(^^;)
本気のナメでございます(笑)
あと音が出る鳥のおもちゃとかえほん、それに保護者用の読み物がセットになってましたが、なんといってもこれが一番!

そして寝返りどころか這う様子を見せます。
まだ身体を前に進める事は出来ないけれど、手足をもじもじさせてます(^^;)

あとこれもこの一日二日、よく泣くようになってしまいました(>_<)
昼も夜も。
3日前まではこんな事なかったのですが、これもやはり成長の一過程なのでしょうか!?








続きを読む "まのんのお気に入り 24 mayo 2020"

投稿者 藤田浩司 : 1:08 PM | コメント (0) | トラックバック (0)

Mayo 22, 2020

よしたか 22 mayo 2020

まのんを藤田家のお婆さんの方に連れて行ったところ、「よしたかおじさん(爺の末弟で私から見たおじさん)に似ている」といわれ、ああ、確かにと納得(^^;)
眉とか目元とか顔の輪郭・・・なんとなく愛嬌のある感じが♪
で、最近「よしたか」と呼ばれてます(笑)
1枚目の写真なんか特にソックリ(^^;)

したらよしたかおじさんの娘のなっちゃん(私の従妹)はアイドルだったから、オマエもかわいくなるかもしれんな、みたいな(^^)
でもそのなっちゃんに似てるんじゃなくて、君はあくまでよしたかおじさんに似ているという(笑)

まのんの最近・・・
コロッとうつぶせになります。
なぜか舌打ちする様になりました。
こどもちゃれんじの教材(オレが買ったんじゃないけど)が届き、揺らして音出しながら遊んでます♪(写真なし)

3枚目は乾杯した時のドヤ顔はまのんの一面(^^;)
6枚目、写真のブルマーはおばちゃんと大学2年の従姉との共作です(^^)
よだれかけのどれかは今や千葉高2年の従姉のお下がり・・・アイツも昔は懐いていてかわいかったのにな(>_<)









続きを読む "よしたか 22 mayo 2020"

投稿者 藤田浩司 : 12:00 AM | コメント (0) | トラックバック (0)

Mayo 21, 2020

文教大学講義第1回の配信を終える 21 mayo 2020

「ドラムセットとは~楽器の構造、歴史、繰り出されるリズムの構造について~」と、いつもの即興演奏からタイトルを変えての今期。
オンラインのオンデマンドでお送りさせて頂きました。
システムを利用するのが初めてなので、当日仕掛け通りに滞りなく動くのかどうか、かなり神経を尖らせておりました。
予定の時間を過ぎると学生から課題にしている小テストの回答、それにまとめノートの提出がぼちぼちとあり一安心。
とりあえずうまく運んだようです。

ノートの提出に対してまずは採点判断の基準値を見極めるために点数を付ける事なくさらっと拝見させて頂きました。
これがみんな良くやっている!
話した内容についての的確なまとめ。
まとめ方が様々、それぞれ独自の方法でうまくまとめられておりオンライン授業も良いものだなと思いました。
講義室で講義するよりも学生それぞれの特質や取り組み方がよくわかります。

今回は授業の進め方についてとかほぼガイダンスでしたが、最後にドラムメーカーのカタログ(ヤマハ、パール、タマ、それにジルジャン)を見ておくようにという課題を出したところ、学生それぞれの目の付けどころが面白い。
授業先取りでスティックのチップの形状について鉛筆書きのスケッチ付きで分析していたり(笑)、色やデザインでメーカーを語る子などなど。
各メーカーのポリシーについて語っていたり。
いや、こちらとしてはまずドラムセットがどんなものであるのか簡単に見ておきましょうよというくらいの気持ちだったのですが(^^;)
文教大生まじめ!

ドラムセットについてのみ語る音楽の授業・・・これでやっていいのかどうか実は悩みましたが、想像以上に反応が良くて安心いたしました。

履修登録の締め切りはまだですが今期の学生数は今のところ148名。
うち今のところ小テストへの回答が73名、レポート提出(まとめノート)が60名。
締め切りは受け付け開始から約一週間。
すぐにレポートを出す学生のレポートは全体のうちでも優秀なものが多い傾向にあるのかもしれません。

続きを読む "文教大学講義第1回の配信を終える 21 mayo 2020"

投稿者 藤田浩司 : 7:17 AM | コメント (0) | トラックバック (0)

Mayo 20, 2020

茂原市新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について 20 mayo 2020

残念ながらドラムスタジオ・ラ・フィエスタはその対象からはじかれてしまいました。

こちらに措置の概要が載っております↓
茂原市新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について
http://www.city.mobara.chiba.jp/cmsfiles/contents/0000005/5904/01kyouryoku0421.pdf

文章を抜き出してみると・・・
趣旨
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、千葉県から出された使用制限等の要請に応じた施設や、休業または適切な感染防止対策にご協力いただいた市内中小企業者等の方に対し、協力金を支給します。

〇「適切な感染防止対策に協力」「市内中小企業者等」 なので、どちらもフィエスタは当てはまっていると思いました。


対象要件
2.新型コロナウイルス感染症拡大防止に協力し、19時以降酒類の提供を控える、休業や営業時間の短縮など感染防止対策をしていただいた茂原市内の飲食店等の中小企業及び個人事業主

〇対象要件の2.の方にはやはりフィエスタは当てはまると思うのですが・・・
「新型コロナウイルス感染症拡大防止に協力」・・・はい、協力させて頂いております。
「感染防止対策」は休講の提示及びレッスンのオンライン化、会場における手洗い、マスク着用の徹底、消毒液の設置。
「個人事業主」・・・もちろん。

唯一ぎりぎり引っ掛かりそうなのが「茂原市内の飲食店等の中小企業及び個人事業主」という文言ですが「飲食店『等』」なので、これも普通には飲食店のみに留まる事なく損害を被った個人事業主には救済措置があるだろうと解釈するのが普通であると思いました。
うちも文章の肝要な部分である「感染防止対策」を施した「個人事業主」ですからね。
しかしここがネックで、千葉県茂原市の商工観光課の話によれば救済対象は飲食店のみとの事。
でもこの文章からそうは読み取れませんね。
「等」ときちんと書いてあるので、趣旨は飲食店を救うのはもちろんの事、素直に文章を読めばその他の営みをする個人事業主にも対象要件は当てはまるのではないでしょうか。

いやホントに今回はキツいので、担当部署より一度却下されたとはいえ、一応出来る限りの手はこれから尽くしたいと思ってます。

ちょっと納得いかないのは、もっと状況の厳しかった昨年10.25.大水害の時にはこれほどの援助策も打ち出されず、援助は微々たるものであったのに、今回の大判振る舞いは何なのだろうというところ。
社会にかかる同調圧力のなせる業でしょうか。。。

続きを読む "茂原市新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について 20 mayo 2020"

投稿者 藤田浩司 : 3:25 AM | コメント (0) | トラックバック (0)