Enero 26, 2021

まのん、ヨーグルトを食べる 26 enero 2021

まのんがヨーグルトを食べている動画を見つけたのでアップさせて頂きます。
とても楽しそうに自分の手でスプーンを操り食べています(^^)
大体この後はすごい事になります(^^;)
まあすくすくと育ってくれや。

続きを読む "まのん、ヨーグルトを食べる 26 enero 2021"

投稿者 藤田浩司 : 1:52 AM | コメント (0) | トラックバック (0)

Enero 22, 2021

ネットショップ商品の補充 22 enero 2021

いやーショック(>_<)
コロナが始まった辺りからピアノの教本は売れても、なぜか売れ筋のドラム教本がさっぱり売れなくなったので、ほーなぜかこれもコロナと因果関係があるのかな、とバカな分析をしておりました。
が、先日ご購入希望のお客様からご指摘頂き、在庫が空となっている事に1年近く経って気付きました(^^;)
記録を調べると、ドラム教本に関しては3月下旬が最後の発送。
以前、音楽教室部門もガクッと新規ご入会の方が減った事がありましたが、こちらもホームページからメールフォームへのリンクが切れていて連絡が取れない様になっていた事がありました。
この時も1年くらい気付かなかったという(>_<)

で、欠品状態を解消したところ、すぐ活発にご注文が入る様になり、ホッとしました。

ドラム教本は上巻の方が実際在庫切れとなりましたので、(いつも大事を取り最後の一冊を残して在庫切れとなる仕様)
合わせて在庫切れとなったオプショナルCDと共に商品を製造しました。
家内制手工業で作るので、商品の補充には手間がかかります。

半日作業に従事して、夕方からまのんの買い物で西松屋へGO!
明日はやっとまとまった時間練習と作曲が出来るかな。
でも来週中くらいにはドラマーズライブのプログラムを作成し終えないといけないな。

そういえば・・・
今まで安すぎて手が出せなかった、やまやで売ってるエッティンガーのヘフェヴァイス。
買ってみました。
香りは弱めながらも、しっかりとしたお味ですね♪
これは良いかも!
ただ、たぶんドイツのスーパーでは40円くらいの特売で売られているかと思うとちょっとくやしい。

続きを読む "ネットショップ商品の補充 22 enero 2021"

投稿者 藤田浩司 : 12:00 AM | コメント (0) | トラックバック (0)

Enero 21, 2021

文教大学秋期採点終了!!! 21 enero 2021

昨晩から丸一日かけて採点終了\(^o^)/
先週までに頑張っておいたので、なんと足かけ二日で終える事が出来ました。
今期3限4限共、四年生に成績不振者が多いところは気にかかります。。。
いずれ救済の申請がやって来ますかね・・・

オンライン講義ではレポート提出が15回、小テストが計45問あって通常より集計するのが非常に大変なはずでしたが・・・
エクセル様々です。
大幅に負担を軽減してくれました。

最後の講義という事で、思い掛けずたくさんの講義に対する感想やコメントを頂きました。
とても励みになります。
反応を見ると、まずは上々の講義であったのかなと胸をなで下ろしています。
熱心な学生が多くてとても助かりました。

来期もオンラインの予定ですが、おっかなびっくり中途半端に対面の講義を作るよりはすっぱりと割り切ってオンラインの講義を充実させようかと思いました。


20210120☆空耳
ラテン系はフェイスドラムの形がシンコペートしている・・・ラテン系はベースドラムの形がシンコペートしている
リズム自体に名前がある(カスカル)・・・リズム自体に名前がある(カスカラ)
カウヴェルは一つのボンゴヴェルを使っている・・・カウベルは一つのボンゴベルを使っている
カスカルが一番難しく感じた・・・カスカラが一番難しく感じた
スネアドラムとフレアトム・・・スネアドラムとフロアトム
テュンバオ、ツンガ・・・トゥンバオ
Food Hi-Hat・・・Foot Hi-Hat
フロワトム・・・トロアトム
スルボー・・・スルドー
クラウベはフランス語で「カギ」という意・・・クラーベはスペイン語で「カギ」という意
Sombo・・・Songo
ラテンよりラテンジャズで、ドラムが叩くパターンにはタンゴが多い。・・・ラテンよりラテンジャズで、ドラムが叩くパターンにはソンゴが多い。
キューバン:マスドラムがシンコペートする・・・キューバン:バスドラムがシンコペートする


☆印象に残った言葉たち

*講義を通して
・藤田先生、ご講義有難うございました。私は音楽について経験が少なく、無縁だったのですが講義を通して実際にエアプレイしてみて本物を叩いてみたいと思いました。先日友人に頼み本物のドラムをたたいてみたのですが迫力が凄く自分が驚いてしまいました。
 私はこれから就職なのでドラムに触る機会はほとんどないと思いますが藤田先生の講義はとても面白く楽しんで受けられました。是非このまま音楽の楽しさを広めて頂ければと思います。本当にありがとうございました。

感想)
今まで「ドラム」は自分にとっては音楽の中の一部、音の一つでしかない存在だった。しかし、今回の講義を通して、知識として身に付ける事が出来て更に興味を持つ事が出来たので良かった。
なかなか音楽やドラムに直接関わる機会は無いと思うが、チャンスが来たらすぐにつかめそうなくらいにまでは成長できたのではないかと思う。

藤田教授
優しい話し方や、見やすいPDF資料のおかげで音楽の知識が身についたような感じがします。
秋学期の間 素敵な講義をしていただきありがとうございました!

ジャズよりのラテンジャズがめちゃくちゃ好きだった。しかしめちゃくちゃ難しかった。
音楽の楽しさがすごいわかった

感想
15回の授業を受けて本当にためになりました。私は実は音楽経験があり、共感できる部分が多くありました。もしこれからドラムを始めるとなったときに先生にご教授いただいたことを役立たせたいと考えました。

ドラムは未経験でしたが、毎回の講義で詳しく説明してくださり、実際に演奏している音を聞かせていただいたおかげでドラムについて深く理解ができました。今回の音楽の講義を受講して、リズムの基本やドラムセットの特徴、歴史、有名なドラマーなどについて学び、ドラムへの興味が湧いてきました。両手両足を別々にうごかすことはとても難しかったですが、いつか本物のドラムセットも叩いてみたいです。ありがとうございました。

感想 
音楽の講義を受けて、ドラムをこれからの人生叩くことはない可能性のほうがでかいが、人生の糧として取り組むことが出来たと思いました。日本だけでなく、たくさんの国の音楽の歴史を知れてとても楽しかったです。お世話になりました。

コロナ渦で、実際に授業が受けられなかったのが残念です。私はベーシストなのですが、ドラムに関しては、あまり深い知識がなかったので、とても楽しかったです。より音楽について、関心を持つ事が出来ました。ありがとうございました。

ドラムに関して何もしらない状態で参加した。しかし、先生の分かりやすい説明、楽しいBGMなどの影響もあり、とても楽しく受講する事が出来た。最後の14、15回の授業では実際に手を動かすなど、ノートを取り損ねた部分がたくさんあったが、特に楽しく、印象に残る授業で秋学期が1番楽しいオンデマンド授業になった。15回の楽しい授業、ありがとうございました。

秋学期期間の講義、ありがとうございました。
ドラムは未経験であったため、楽しく受講する事ができました。
私は小さい頃にピアノを習い、中、高と吹奏楽部に所属していたのでリズム感にはそれなりの自信があったのですが、実際に手を動かしてみると思う様にいかず、かなり難しかったです。
これまでの講義で身に付けた知識を活かしながら、今後も音楽を楽しんでいきたいです。
ありがとうございました。

秋学期ありがとうございました。
リズムがうまくとれなかったのですが、片手ずつ詳しい解説があり、ゆっくりやってみて、少しずつですが出来るようになりました。

~感想~
ドラムセットは奥が深いなと改めて感じました。やっぱりリズムをとるのは簡単ではないし、思うように叩けないけど、練習していると自然と楽しくなって難しくても頑張ろうと思えました。手足合わせて演奏するのが私には難題で、リズムも上手くとれないので、一回ミスするとどこを叩いているか分からなくなって、止めて・戻して・聞いての繰り返しでした。先生がゆっくりすぎると言っていたテンポが私にはちょうど良く感じていたので、ドラムが叩けるようになるのはまだ先のことだなと思いました(笑)。先生の演奏を実際に見てみたいという思いが講義を受けるたび増していきました。家にドラムはないので机に向かって練習することの繰り返しでしたが、ドラムを叩いているみたいで楽しんでいました。
コロナウイルスの影響で対面での講義を受けることはできませんでしたが、学校に行けるようになったらお目にかかれればいいなと思っています。秋学期間ありがとうございました。音楽が、ドラムが身近なジャンルになりました。私はピアノをしたくなりました。ありがとうございました。

~藤田先生へ~
全15回の授業を通してドラムの楽しさに気付く事が出来ました。
特に後半の授業では、一緒にドラムを演奏しているかのような気分になり、とても楽しかったです!!春休みを使って出来なかったリズムにもう一度チャレンジしたいと思います。
本当にありがとうございました(^^)♪

「実技は一日にしてならず!!」

秋学期ありがとうございました。
私は音楽(特にジャズやボサノヴァ)が大好きなので、毎回の授業、とても興味深く受講させてもらいました。
最後2回の実技は、家の勉強机を叩いて参加させてもらったのですが、Bossa Nova~Songoが非常に難しく、両手、両足、それぞれでは叩く事が出来ても、両手両足を合わせると混乱してしまいました。
どこかで、ドラムセットに触れる機会があれば、実際にドラムセットで練習したいです。
また、私は高校生のときに吹奏楽をやっており(担当はオーボエ)コロナウィルス終息後に、また吹奏楽を再開しようと考えています。
今回の講義で得た知識を使って、より管楽器と打楽器がブレンドした音楽を作り上げていく事ができればいいなと思っています。
楽しい授業をありがとうございました。

先生の叩いてるドラムとかピアノが聴ける授業が1番楽しかったです。すごー!!って思いながら聴いてました。
私はベースを習っていた事があり、バンドを少し組んでた時があったため、ドラムの叩き方とか、譜面の読み方とかがこんなに違うことは少しは理解していもしたが、より、理解が深まりました。
秋学期間、ありがとうございました。

感想
15回の講義を受けて、ドラムを叩いてみたいなと思いました。ドラムセットのいろはや様々なジャンルのドラマーについて知り、ドラムというものの奥の深さを知りました。私はドラムだけでなく演奏できる楽器等もありませんが、音楽を演奏することが出来たらかっこいいですし楽しいだろうなと憧れます。

音楽の授業ありがとうございました。私はピアノを14年、フルートを3年やっていました。この機会にドラムの事もたくさん学べて新たな知識としてどこかで利用できたら嬉しいです。

感想
秋学期大変楽しい授業をしていただきまことにありがとうございます。他の講義より、オンラインならばの教え方でとても面白かったです。秋学期で一番好きな授業でした。私は高校時代からバンドでギターをやっていたのですが、授業のおかげで、ドラムの魅力を知り、電子ドラムを買いました。そのため、第14回、15回の授業はとてもやっていて楽しかったです。半年間ありがとうございました。

ドラムの授業はどうしてもリズムを叩いてみる取り組みが必要であった。
音声資料を用いて、何度でも課題に取り組んでほしい。

授業ありがとうございました(^^)
ドラムを教えてもらえるなんてとても楽しい授業でした。
リズムを左右で別に打つのはできても両手両足となると、すごく大変でむずかしかったです。
先生はお手本でだんだんはやくしたり、遅くしたりしてたたいているのを聞いていると、つい手が止まって聞いている事もありました。

〈感想〉
自分は中学生の時にドラムを趣味でしていたが、今回の講義で知らなかったことばかり出てきてもっとドラムのことが知りたいなと思いました。時間が足りず講義音声もちゃんと聞けてない部分などもあったので時間があるときにもう一度視聴してドラムを実際に叩きたいなと思いました。今期はありがとうございました。

<音楽の講義を受けて>
秋学期の間ありがとうございました。ドラムセットの基本的な道具や有名なドラマー、リズムの種類など、幅広い知識を楽しみながら学ぶことができました。また、本講義は提出したレポートをしっかりと読んでいただいているということで、非常に安心感があり嬉しかったです。またご縁がありましたらよろしくお願い致します。

藤田先生。
秋学期という短い間ではありましたが、ありがとうございました。
私は、自分の母がピアノの先生をやっているということもあり、小さい頃から「音楽」というものが常に近くにありました。ですが、今までに自分が関わってきた楽器たちはメロディーのあるものばかりで、ジャンルもクラシックばかりでした。そのため、一度に4つも違う動きをしなければいけないドラムはとても難しく、とても新鮮でした。ラテンやジャズやキューバンというジャンルを聴くのも初めてだったのでとても面白かったです。
生徒が言うのは変かもしれませんが、先生も、授業の企画や音源の作成、お疲れ様でした。
またご縁がありましたら、よろしくお願いします。
P.S.先生の声はとても良い声で、音源を聞く時間は癒やしでした(笑)。

○感想
ドラムのリズムは自分で実際に叩いてみると想像以上に難しくて、特に今回の3つのリズムはなかなかうまくいきませんでした。でも、何度も練習していると少しずつ、それぞれのパートがかみ合ってきておもしろかったです。
ドラムセットについてほとんど知識はありませんでしたが、15回の授業を通していろいろなことを学ぶことができてよかったです。
バンドの曲を聴くときなどに、どんな楽器を使っているか、どんなリズムかなど少しわかるようになってので、曲を今までより楽しめると思います。
直接お会いすることができなくて残念でしたが、15回、毎回楽しく授業を受けさせていただきました。ありがとうございました。

頭がないことがここまで難しいと思わなかった。しかし楽しいリズムだったので貧乏ゆすりをするならこれをやりたいと思う。

半期間ありがとうございました。打楽器の経験がなかったのでなかなかうまくいかないこともありましたがたたけるようになった時や自分の好きな曲に使われていたリズムをたたけるようになった時はとてもうれしかったです。楽しんで授業を受けられました。ありがとうございました。

感想:15回と短い間でしたがドラムセットについての知識や知恵を得ることで
ドラムセットの魅力を感じることができました。
吹奏楽部に所属はしていたものの,ドラムセットには触れたことがなかったのでドラムセットの歴史等まで学ぶなど新たな学びができとても良かったです。
また,実際に体を使いリズムを刻むことでより楽しく学習することができました。しかし,中にはテンポが速くなってしまうとリズムが取りづらいなと感じるものもありましたが,何度か練習するうちにコツをつかむことができるようになったのではないかと思います。
全15回,毎回興味がわくような講義ばかりで受講して良かったなと感じています。ありがとうございました。



続きを読む "文教大学秋期採点終了!!! 21 enero 2021"

投稿者 藤田浩司 : 12:00 AM | コメント (0) | トラックバック (0)

Enero 20, 2021

最近のまのん 20 enero 2021

あれよあれよという間に見た目は指しゃぶりが似合わなくなるくらいに大人びてきた様な(^^;)
まだほぼ1歳ジャストですが。。。

よくご飯を食べる様になりました。
親が与える分には申し分のない食べ様です。
がしかし・・・直近では自分で食べたいと意地を張る。
するとヨーグルトではこの様な惨状に(^^;)
ちなみに他の食べ物ではもっとひどいです(笑)

活動範囲が広がり、キッチンにもしょっちゅう進出してきます。
何をするかと思えば、基本はあちこちのゴミあさり(^^;)
親の飲んだワインの空瓶をなめて楽しむという・・・(^^;)
可燃ゴミでは自分の大切なおもちゃをゴミ箱に入れてしまうらしく、行方不明おもちゃの数々は燃されて天に召されてしまったのでしょう(>_<)
眠い時間にゴミ捨てに行くので選別は無理だったなあ。。。

親を見れば親の仕草を真似する様になり、またシャレを飛ばしてきます。
どんなヤツになっちゃうんでしょうね。





続きを読む "最近のまのん 20 enero 2021"

投稿者 藤田浩司 : 3:53 AM | コメント (0) | トラックバック (0)

Enero 17, 2021

NASを構築&HDD2台交換&ノイズの原因を探る 17 enero 2021

毎回同じ様な記事ですみません。
作業日誌は備忘録として大切ですのでm(_ _)m

いや以前一度チャレンジして完璧でないままに捨て置いていたNASを再構築してみました。
NURO光のルーターF660Aは裏パネルにUSBのコネクターがあり、ハードディスクを繋いで簡易的にNAS(Network Attached Storage)、ネットワークに接続して利用するファイルサーバ環境を作る事が出来ます。
ただしハードディスクは2GBまでしか認識出来ず、また送る事の出来るファイルサイズにも制限があるという。
とても簡単に繋がるのですが、確かにファイルのやり取りは今のところあまり快適ではない感じ。
とはいえ大容量のファイルをどこにいても閲覧出来るのはとても便利だと感じます。
ルーターに接続してあるハードディスクにデータを転送するのがだるいので、一度はずしてPCと直接つなぎ、今、データ転送しています。
コピー完了。再びルーター接続。
当たり前だけど全てのデータを見る事が出来る。
便利だわ。


外付けハードディスクの交換。
バックアップとメディアデータの保存用に用心深く2台ハードディスクをつなげておりますが、たまたま2台とも同じ時期に一杯となり一気に交換。
今後もすぐに必要なファイルだけを新しいハードディスクにコピー。
これが丸ごとコピーより相当手間。
過去の経験からいくとあまり一気にデータをコピーしようとするとデータ転送が止まってしまうので様子を見ながら小出しにコピー。

最後にスタジオ、レコーディング環境のノイズ除去にチャレンジ。
ケーブルをすべてはずしてDAWに録音してみてまずはオーディオインターフェースやPCの問題ではない事を確認。
ノイズが乗るのはなんと一つだけではなく左右のオーバーヘッドにバスドラ、スネア、計4つのファンタムをオンにしている方のチャンネル。
「ブーン」という感電しそうなノイズ。
こちら1本ずつ繋いだりして確かめてみると(全10本)、左チャンネルのオーバートップをつないだ時のみ4本のマイクにノイズが乗る。
ケーブルは先日交換済みなので、これはマイクかぁとマイクを交換。
一発で直りました。
中のアースが切れたのかな???

ついでにスタジオからNASに繋いでみる。
最近のWindowsでは古い形式だと繋がらない様になっているらしく、コントロールパネルからSMB1.0ファイル共有をオンにして再起動。
出来ました。
便利だわ。

曲の制作は来週に持ち越し。。。

続きを読む "NASを構築&HDD2台交換&ノイズの原因を探る 17 enero 2021"

投稿者 藤田浩司 : 12:49 AM | コメント (0) | トラックバック (0)

Enero 16, 2021

様々に事務作業をこなす 16 enero 2021

年末以来、息継ぎ出来ないくらい事務作業をこなしています。
もはや自分がミュージシャンであるのかどうかさえわからなくなってきます(^^;)
昨日から今日にかけては大学のシラバスを怒濤の如く作成&入力。
対面とオンラインのはざまでフラフラしながらの講義組み立ては大変に辛いものです。
授業で使用する機材の用意もあり、対面のつもりがオンラインになったり、オンラインのつもりで組み立てた講義が突然対面となったりしたらとても困ります。
その後、音楽教室部門のパンフレットを作成。
ここ数年では一番の手入れ、なんと全ページに渡って内容を一部更新。
うちではジャストシステムの一太郎を使って原稿を書き、それをPDF化してイラストレーターでサイズ調整、フォトショップでA4サイズに切り抜き、出来た一枚ずつの原稿をジャストPDFで連結します。
出来た原稿を両面印刷した後、半分に折り背部分をホッチキス止めします。
文章部分はレーザーで、表紙はインクジェットで印刷。
中身20頁でなかなかに読み応えがあります。
これを40部、手作業で作るのは結構しんどい。
アウトソーシングも考えたけれど、マメマメに少部数で更新したいと思うとやはり自分でやるしかないのかな、と。
あわせて音楽教室部門のHPの内容も大幅更新。
さらにメルマガ書いて、と。
また教室案内のパンフレット請求が続き、発送のため毎日の様に郵便局通い。
最新版が間に合わなかった方、ごめんなさいm(_ _)m
ちなみに内容の一部をアップさせて頂きましたが、グループレッスンについては残念ながら実現した事がありません。
たまにお申し出を頂くものの、結局のところ田舎の中核都市茂原ではグループを構成するほどには人が集まらないという(^^;)
だからすべて個人レッスン。
個人レッスンの方には時折、飛行機やら新幹線を使って通って下さる熱心な方もいらっしゃます。
有り難い事です。
開講曜日は日、月、火のみです。
教則本にもお問い合わせがありましたが、在庫切れが長引いてしまいました。。。
こちらも申し訳ございません。

明日は買ったばかりなのになぜか突然ノイズがのる様になってしまったオーディオインターフェースやマイク周辺の点検。
ケーブル変えたのにダメだったので辛いところ(>_<)
それに実は先日とは別の作曲案件が一つ。
これも〆切が今月いっぱいくらいで。
それから約一年経過でほぼ満杯状態となってしまったリビングメインPCのバックアップ用ハードディスク2台の入れ替え。
万が一でデータが消えた時の、ちからの抜け様はひどいですからね。。。
結構なデータ量を利便性のため新しいディスクへもコピーするのでこれも結構時間はかかります。
どちらもまたまた価格のこなれた4TB。

今週中に全部終わるかわかりませんが、来週はレッスン明けに大学最後のレポート読みに恐怖の採点と成績登録が待っています。。。
で、あれでしょう・・・もう少しすると年に一度の確定申告祭りが・・・(>_<)
おっとその前にドラマーズライブのパンフレット作成・・・これも結構大変なんですよ。

今度ラクになるのは3月下旬からの予定です。
それまで頑張っていこう\(^o^)/






続きを読む "様々に事務作業をこなす 16 enero 2021"

投稿者 藤田浩司 : 2:03 AM | コメント (0) | トラックバック (0)

Enero 14, 2021

文教大学秋期終了&第14回のレポートを読む 14 enero 2021

第14、15回は「ドラムセットが繰り出す様々なリズム」の前・後編でした。
せっかくドラムについての講義ですし、やはりいくつかのビートは叩ける様になってほしいな、と。
「☆印象に残った言葉たち」にある様に、1回の講義に4時間も5時間も費やして受講する学生もいる模様。
さすがに想定外ではありますが、しかし実技が簡単に身に付く事はありませんよね。
本当に身に付けたければそれこそ継続的なトレーニングが必要となるでしょう。
学生の皆様、お疲れ様です。
あと一回、素晴らしいレポートをお待ちしています。

ひとまず14回までのレポートと小テストは採点終了。
出席管理も15回を残してすべて記録を付け終えました\(^o^)/

ところで、まのんがかくれんぼする様になりました。
親の後ろに隠れて見えない様にしてからばっと顔を出してくるという(^^;)


☆今回の空耳
3連譜ではなく8部音符・・・3連符ではなく8分音符
より重奏的・・・より重層的
適度な店舗であれば3連で表せる。・・・適度なテンポであれば3連で表せる。


☆印象に残った言葉たち
やっぱり実践型の講義だと他の人は分からないが、私は体を多少動かせるので息抜きにもなるし、新たな学びがあるので楽しい。
後半になるにつれ難易度は上がっているように感じてはいるものの、実践してみようというのが多いので楽しく講義が受けられている。皆さん時間をどのくらいかけているのか気になるところではあるが、相当な時間をかけているだろうと勝手に思っている(私は4~5時間)。

あと一回しかないが1番いい講義ノートを作り、講義を楽しみたいと思う。

個人的に先生のピアノがもう一度聞ければ良いなと思う。

続きを読む "文教大学秋期終了&第14回のレポートを読む 14 enero 2021"

投稿者 藤田浩司 : 9:59 PM | コメント (0) | トラックバック (0)

Enero 10, 2021

文教大学第13回のレポートを読む 10 enero 2021

第13回はポリリズムについてでした。
実際にリズム打ちをしてもらいながらの講義。
6/8拍子に内包される2拍子と3拍子の同時進行は「印象に残った言葉たち」にあるように「タンタカタン」として聞こえる様に取ってみたら簡単に出来たという声が多かったものの、その取り方ではモノラルのラインだから簡単という事になりますかね。
取っ掛かりの方便としては良いやり方ですが、やはり2拍子と3拍子を同時に感じられる様にならなければ、とは思います。
4分音符1拍に16分音符4つと3連符3つの同時進行は結構難しいですよね。
しかし大変重要なフィーリングですね。
3と4の最小公倍数12を意識しながら4つ毎にカウントする方が3連符、3つ毎にカウントして16分音符を作ってやってみましょう。
その他にはハーフタイム←→ダブルタイムとか、1拍半とかずれるシンコペーションを扱いました。
リズムがシンコペートする部分(不安定要素)は和声中の属和音(不安定要素)に当たるんだよと、ピアノも使って曲やコードを弾きながら説明。
などなど。
明日はレポート読みする体力が残っていないと予想。
明後日の夜には頑張って読んでみようかな。
今週水曜日に最終回(第15回)のオンデマンド講義です。
なんだか秋期は早かったなー。

☆空耳
セイスポルパオチョ、セイスプロオチョ、セイスプロオチオ、スポッチャスポット・・・セイスポルオチョ
アフロ系のポイリズムを代表とするもの・・・アフロ系のポリリズムを代表とするもの
アフロ級バンド・・・アフロキューバン
主和音 家族和音 続和音 主和音の流れ・・・主和音 下属和音 属和音 主和音の流れ
アフロ吸盤ドラミング・・・アフロキューバンドラミング


☆印象に残った言葉たち
<2:3の6/8拍子を手で叩いた感想>最初は左右がごちゃごちゃになってしまい、苦労したが「両手、右、左、右、両手、右・・・・・」というリズムを覚えてからは比較的速い速度で叩くことが出来るようになった。
<16分音符と3連符の同時進行を手で叩いてみた感想>・スーパースローにしなければ、楽譜の通りに叩くことが出来なかった。そのため、これを高速で叩くことができるドラマーの凄さを実感した。

続きを読む "文教大学第13回のレポートを読む 10 enero 2021"

投稿者 藤田浩司 : 12:40 AM | コメント (0) | トラックバック (0)

Enero 9, 2021

文教大学第12回のレポートを読む 9 enero 2021

12月半ばからつい最近まで激忙でレポート読みが中々進みませんでした。。。
今日、読ませて頂きましたが・・・やはりこの第12回分だけで8時間くらいかかってしまいました。
あわよくば14回まですべてを、とも考えていましたが、いやいやとてもとても(^^;)
この第12回からラストまで実技指導となっています。
今回は明確な音程を持つ楽器と比してのドラム演奏、その醍醐味や難しさといった話からオフビートやルーディメンツについての話となりました。
コメントがいつもよりも多くて、やはりこうして反応を頂くと嬉しいものです。

明日は姪っ子ちゃんの成人祝いで昼間から飲んでしまいますが・・・果たしてその後にレポート読みは可能ですかね(^^;)
まあ来週中には全て読み終えたいと思っています。
そして集計採点・・・おっと、オンラインという事で出席状況の記録を然るべき場所に入力するのもまだ一切手を付けていないのでかなり時間がかかりそうです。
クリック数との戦いというか・・・154名在籍なので×15回=出席状況の入力に最低でも2310クリックが必要な訳ですよね。
いや、タッチパネルでいこう。
今年のシラバス作成時にはまだコロナとかあまり騒がれていなかったので今まで通り即興演奏の講義の組み立てで良かったわけですが、来年度分のシラバスは一から練り直しです(>_<)

☆空耳
パラリドル・・・パラディドル
音程感が気迫な故に表現が難しい・・・音程感が希薄な故に表現が難しい
西洋はコードを使って成し遂げたことを、アフリカはプリリズムを使って成し遂げた・・・西洋はコードを使って成し遂げたことを、アフリカはポリリズムを使って成し遂げた
200、400強くたたいているのが特徴・・・2拍、4拍を強くたたいているのが特徴
アメリカのルーディメンタルドラマー協会nerd・・・アメリカのルーディメンタルドラマー協会NARD
二代巨頭・・・二大巨頭
2拍・4拍に強迫を置く・・・2拍・4拍に強拍を置く
ヨーロッパは和製、アフリカはポリリズム・・・ヨーロッパは和声、アフリカはポリリズム
朝鮮音楽・・・調性音楽
和製にしばられてしまう・・・和声にしばられてしまう
白昼の最後にアクセントを置く→アップ感覚と共に強く演奏する・・・拍中の最後にアクセントを置く→アップ感覚と共に強く演奏する


☆印象に残った言葉たち
感想:私はドラムをたたいたこともなければ、何か音楽をしていたわけでもありません。そのため実際に音を聞いてみてなんとなく楽譜と先生の言っていることが分かる程度です。しかし、ドラムの講義を受けて、普段、音楽を聴くときにドラムの音を意識して聞くようになったりしました。なんとなくですが、ドラムの演奏について詳しくなったつもりで音楽が聴けるようになりました。うれしいです。
連絡:教授いつも授業楽しく聞かせていただいてます。今回の講義はとてもためになると思いました。ためになるというのも理由があり、最近この授業のおかげでドラムの音などがすきになりました。そのため、安いものではありますが、ドラムセットを買わせていただきました。そのため、ドラムセットの練習方法などもしよろしければ教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。ルーディメンツの練習方法もやってみます!!
今回はすごく内容がディープでした。録音でしか先生の技術が聴けないのは残念です。
コメント:先生のドラムの演奏がとてもスピード感があって迫力満載でした!ドラムは叩いたことがないけど、叩いてみたくなりました!!!
感想:ドラム演奏について先生の実演付きで学ぶことができ,理解を深めることができたのではないかと考えています。今後もドラムセットに興味関心を持ち学習に励んでいきたいと思います。

続きを読む "文教大学第12回のレポートを読む 9 enero 2021"

投稿者 藤田浩司 : 1:55 AM | コメント (0) | トラックバック (0)

Enero 7, 2021

まのんが立った! 7 enero 2021

12月半ばくらいから「立ったよ」というのは耳にしていましたが昨晩、ついに自分の目の前で立ってくれました\(^o^)/
まだ歩きません。
あんなにアクティブなのになぜ歩かないのか不思議ですが、もうこうなったら徹底的に遅くて良いと思ってます。
歩き始めたら・・・メンドくさいだろうなあ(^^;)
写真は撮れませんでしたが、備忘録。

続きを読む "まのんが立った! 7 enero 2021"

投稿者 藤田浩司 : 11:43 AM | コメント (0) | トラックバック (0)