« Marzo 2001 | メイン | Mayo 2001 »

Abril 2001 アーカイブ

Abril 2, 2001

フレンチジャズユニット「なのはな楽団」デビュー 2 abril 2001

 3月29日ミニコンサートを開催いたしました。個人的には今回ベースを担当させていただきましたが、この楽器を弾くのはホントに楽しいです。

 ベースというのは一度にたくさんのリズムをならすドラムとは、ある意味対極にある楽器だと思うんです。ほぼ全曲を通して単音なので、1つの音にすべての想いを乗せる、一球入魂の快感。リズムをともないながらコードをも支配するまさにBASE(基地)としての役割。しかもSベース、比類のない音の立ち上がり。リズムを刻むのにはすごく可能性あると思うのですが、どう聞こえるのでしょうか?ひところブラックミュージックの中でシンセベースが多用されたのはこのキレと明瞭性に依るところが大なのでは、と考えています。

 近頃ドラムを演奏する機会がめっきり減ってしまい(シャレになっていない?あ、でも5月の大阪では打楽器を演奏します。)、それと入れ替わって様々な楽器を演奏することがやっと体になじんできました。表現する魂を作ってしまえば、どの楽器で演奏しても音楽になるわけで・・。あとはその楽器を操れる範囲で音楽出来ると思っています。

 ここ10年もの間ドラム一直線だったので、自分の中のバランスとしてはそろそろ音程を操らなければならない時期に来ている感じなのです。物心ついて音楽と関わるようになってからずっとそんな感じでした。 木琴を弾き、ピアノを弾き、エレクトーンを弾き、ギターを弾き、ベースを弾き、トランペットを吹奏し、歌謡曲をスコアにしてみたり、また作曲をし・・・。思えば初めて作曲したのは小学1年の時でした。今でも歌詞と共に頭に残っています。仮面ライダーがよく似合う歌でした。そのころから伴奏も含めてイントロからエンディングまで頭の中では鳴っていました。まだ楽譜はよく読めませんでしたけれど。

Abril 3, 2001

ドラムスタジオ ラ・フィエスタ主催第2回ミュージシャン`sライブ盛況のうちに終了! 3 abril 2001

 3月31日の生徒によるライブ、みなさんなかなかの出来映えで感無量でした。まずはわざわざ当日ご来場いただいた方々に厚く御礼申し上げます。第2回目になる今回は、特に中高生の伸びが素晴らしかったと思います。本当に先が楽しみ。しかし、生徒のみなさん誰もがよく頑張る、頑張る。スタートから仕上げまで見ている私には、その努力の軌跡が何物にも代え難い素晴らしいものに見えます。才能もあって努力する生徒ばかり集まってきている(私にはそうとしか思えない)「フィエスタ」という教室のカタチを持てたことは私にとって大変ラッキーな事であり、また誇りでもあります。みんな、ありがとう!そして更に一層前進していきましょう。

Abril 5, 2001

毎日新聞  5 abril 2001

 フレンチジャズユニット「なのはな楽団」、近日中に毎日新聞写真入りで掲載になる予定です。どこの事務所にも属していない、私たちの事を取り上げて下さる皆様にはひたすら感謝です。

Abril 6, 2001

朝日新聞   6 abril 2001

 フレンチジャズユニット「なのはな楽団」4月21日のコンサート、朝日新聞千葉版のマリオンという文化情報コーナーにて紹介されることになりました。未就学児童お預かりいたしておりますので(有料1000円)、子育てに忙しいお母さん方も是非私たちのコンサートを聴きにいらっしゃいませんか?

Abril 7, 2001

読売新聞  07 abril 2001

 フレンチジャズユニット「なのはな楽団」4月21日のコンサートの案内、11日に掲載していただけることになりました。

Abril 8, 2001

千葉日報  8 abril 2001

 4月4日付の紙面に、フレンチジャズユニット「なのはな楽団」の紹介を確認いたしました。文化情報コーナーではなく、普通の記事として載っていました。ありがとうございました。最近急激にチケットが売れています。ご希望の方はお早めに!定員は300強です。

Abril 10, 2001

CUBAからEメール 10 abril 2001

 その人の名は吉羽一星君。やはり生粋の千葉県人。チャンギートの弟子。今度は私がお世話になる番かな?事前情報期待しています。向こうで会って、何か面白いことになるといいな。また、日本に帰ってきたら、何か一緒に出来るといいね。なんて勝手に思っています。キューバ通のミュージシャンが近所にいたら、それはほっておけないね、やはり。心強く思います。

Abril 12, 2001

産経新聞 12 abril 2001

 今週の土曜日に齊藤佐智江さんと私、藤田浩司の二人で産経新聞の取材を受けることになりました。久々にマスメディアで発言できるのは結構楽しみです。人前でしゃべるの、好きなのかも。記者の方、私たちのためにわざわざお時間を割いていただきありがとうございます。また元BayFMのYさん、今回の件感謝です。あなたの応援があればこそ・・・。DJは残念なことにお蔵入りになったけれど、違う形でまたチャレンジします。必ず。カリブ海の音楽が好きだから。

Abril 14, 2001

産経新聞の取材を受けてまいりました。 14 abril 2001

 大変楽しい時間を過ごさせていただきました。記者のNさん、わざわざ私たちのために時間を割いて頂き、どうもありがとうございました。なんか、勝手ながら私たちの生き方は似ているところがあるなと思いました。そういえば、私の父方の叔父は以前、産経新聞の記者をやっていたそうです(かなり前の話です。)。

Abril 20, 2001

毎日新聞その後 20 abril 2001

 19日付朝刊、拝見させていただきました。フレンチジャズユニット初の写真入り掲載。メンバー 一同感動。特にCちゃん。記者の方と29日のコンサートでお会い出来るのが、待ち遠しいです。

Abril 28, 2001

FrenchJazzUnitなのはな楽団 28 abril 2001

 今月21日に初コンサートを無事に開くことが出来ました。ご来場いただいた方々、また気にかけて下さった方々に厚く御礼申し上げます。慌ただしくも明日には2度目のライブです。今日の朝日新聞朝刊によれば、新しいピアノが入ったばかりだそうで、その音も楽しみです。前回の反省を活かし、楽しいコンサートにしたいと思います。 木漏れ陽コンサート「お洒落なフランス音楽プロジェクト」 出演:FrenchJazzUnitなのはな楽団 場所:「特別養護老人ホーム風の村」千葉県八街市東吉田912-6 
日時:4月29日14:00~15:10 大人1300円、学生1000円 問い合わせ先:風の駅舎043-444-7373

Abril 29, 2001

「スーホの白い馬」なぜかモンゴル 29 abril 2001

 「スーホの白い馬」というお話をご存じですか?国語の教科書の中でも採り上げられているそうですが、このお話を音楽に乗せて朗読するコンサートに出演させていただく事になりました。
 
 5月11日夜、千葉県松戸市、松戸市民劇場で開催されるモンゴル大寒波被害者救済チャリティーコンサートです。共演はエヴァンゲリオンにも出演の山口由里子さん、モンゴルの民族楽器「馬頭琴」の第一人者チ・ブルグッドさん他です。
 
 テーマ曲はつい先日私が作曲いたしました。チ・ブルグッドさんの音楽に触発されて、その場で作ったものです。最近ドラマーとしての私はどこへ行ってしまったのだろう?と自分でも不安になりますが、今回はキーボードとパーカッションを演奏します。ラテンも良いけど、モンゴルもね。素晴らしいものは素晴らしい。良いですよ、今回の朗読と馬頭琴。バイオリンを聴いているかのような、ゆたかな音色。モンゴルの音楽は日本の伝統音楽と共通するものが多いなと感じました。

About Abril 2001

Abril 2001にブログ「cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ)のblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブはMarzo 2001です。

次のアーカイブはMayo 2001です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。