« スネアのボルト再変更  23 julio 2005 | メイン | LatinCubanDrumming読者来千か!? 25 julio 2005   »

藤田浩司LatinBand(ラテンバンド)ライブ 24 julio 2005

 とても印象深いステージとなりました。

 まずはあのような大地震、交通マヒの中、かけつけてくれた皆様に感謝申し上げます。
 
 当日の準備はエレベーターが止まって、搬入が遅れたりと大変でした。

 地震の影響でお客さんの少なかった1stステージは若干遅れてのスタートとなりました。
キャラバンで始まったライブ、手前味噌ですが、始まったとたんテナーかわ島君の力の抜けた色気のある繊細な音に惹き込まれました。そうか、キャラバンにこんな吹き方があったか。彼はいい!おまけにカンもいい。ものすごく触発されました。
 そして新加入吉羽君、これまた音を出す度に反応が鋭くなります。彼は明晰な頭脳もさることながら、プレイに熱が感じられるのがヨイです。全くへこみません。すごい集中力です。そして彼の持っている非常にキューバンライクなイントネーションが私を後押ししてくれます。余談ですが、彼は演奏中に話しかけるとキューバ人みたいな表情をするんです。いや~濃いわ。
 
 彼らについては是非おいでになった方々からの意見を頂きたいと思っています。マジよかったと思っているのですが。

 高崎も含め、メンバーの皆さんにこれだけやられてしまうと、私は全体のバランスを取るために、誰よりもソロを短めに調節してみました。例えば打楽器ソロを一人ずつあれだけ充実してやられてしまうと、さすがに聴く方も体力いるだろうと考えてしまいました。リーダーですから。もしかしてもう私、このバンドでドラムを叩く必要ないかも・・・なんて思いが頭を駆け巡ります。な~んて言って、プレイを聴きなおしてみるとピアノソロなんか曲によってはいつもより倍くらい長いではないですか。こういう触発が非常に嬉しいのです。

 飛び入りの方々も熱演でした。ボンゴのヒロタクさんはソロ叩きまくるし。何といってもアルトサックス、山崎俊樹氏のプレイが聞けたのが嬉しかったです。ドナリーのソロで歓声が上がってました。以前、彼のバンドには大変お世話になり、一緒に色々な場所でプレイさせて頂きました。今度機会のあった時にはは本格的に演奏をお願いしたいと思っています。

 このメンバーでのライブは次回11月26日に予定しています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/356

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Julio 24, 2005 9:56 PMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「スネアのボルト再変更  23 julio 2005 」です。

次の投稿は「LatinCubanDrumming読者来千か!? 25 julio 2005  」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。