« バーチャルアコースティック音源PLG150-VL導入! 7 nov. 2005 | メイン | また一曲出来ちゃいました。 9 nov. 2005 »

影響を受けたミュージシャン① 8 nov. 2005

今までに影響を受けたミュージシャンは数知れません。お会いした方々全てともいえますし、また、その全ての方を列挙する事も至難な事です。

とりあえず思い付くままに・・・。

Jesus Rubalcaba(ヘスス・ルバルカバ)・・・その浪漫的な人生と超絶技巧に。

Gonzalo Rubalcaba(ゴンサロ・ルバルカバ)・・そのストイックな音楽スタイルに。

Guillermo Rubalcaba(ギジェルモ・ルバルカバ)・・いくつになっても失わないダンディズム・男の色気に。

Boniatillo(ボニアティージョ)・・はるか昔から知り合いだったのに、実は素晴らしくイナセなミュージシャンであった。グアラーチャの化身。

Enrique Pla(エンリケ・プラ)・・その美しいドラムの音色に。

Chucho Valdes(チューチョ・バルデス)・・身長2m。原色がぎらつくピアノはちょっと私には合わないけれど、されど素晴らしいです。

Changuito(チャンギート)・・ロンです。ラムです。

Jose Eladio(ホセ・エラディオ)・・キューバでは可愛がって頂きました。

Frank Emilio(フランク・エミリオ)・・氏のキューバ音楽には様々な匂いを感じます。

Robertico Garcia・・その人格と甘い音に。Afro Cuba(アフロ・クーバ)は商業的には成功しなかったかもしれないけれど、いいバンドでした。

Jose Miguel(ホセ・ミゲール)・・あの完璧且つダイナミックなスティック・コントロールに。イラケレ後、ソロアルバム出して、はてその後は?もったいない。

Roberto Concepcion(ロベルト・コンセプシオン)・・神です。

Roberto Garcia Valdes(ロベルト・ガルシア・バルデス)・・すみません・・長い間、ただのお爺ちゃんだと思っていました。神です。

Leonardo Garcia(レオ)・・いい奴だから。

Michel Rubalcaba(ミッチェル・ルバルカバ)・・腐ってもルバルカバ。宇宙人ですな。理解を超えている。

Yoel Paez(ジョエル・パエス)・・音楽に対する真摯な態度に。完璧な楽器コントロールに。

Issac Delgado(イサック・デルガド)・・このリラクゼーション。

Giraldo Piloto(ヒラルド・ピロート)・・魔法使い。あのドラミングスタイルは誰にも真似できないでしょう、いくら何でもヒド過ぎ。

Oscarito Valdes(オスカリート・バルデス)・・手品師。このドラミング・スタイルも無理。ストイックな人生に。絶対、年下だと思っていました。

Manolin El Medico de la Salsa(マノリン・エル・メディコ・デ・ラ・サルサ)・・13歳の坊やが完璧なティンバレス演奏していてびっくりしました。歌詞にたゆたうロマン・甘いメロディー。

Tata Guines(タタ・グィネス)・・ジュニアは怪人であるが、パパは偉人。あのオーラはやはりただのお爺ちゃんではない。

Ernan Lopez Nussa(エルナン・ロペス・ヌッサ)・・だってピアノ上手だし、音楽に真摯だし。アイデアマン。

Ruy Lopez Nussa(ルイ・ロペス・ヌッサ)・・紳士です。キューバのフォルクロアなリズムをドラムセットに写し取ったあの教本、早く見せてください。

Yaroldy Abreu(ジャロルディ)・・かわいいよね。

Joaquin Oliberos(ホアキン・オリベロス)・・ホアキンはオトコの鏡です。本当です。会ってみればわかります。

Omar Hakim(オマー・ハキム)・・そのバネに。

Elvin Jones(エルビン・ジョーンズ)・・Jazzなスタイルに。

Alex Acuna(アレックス・アクーニャ)・・好きというか・・感性似てるかもしれません。

Julio(フリオ)・・サンフランシスコのフリオ君、生きていたらご連絡下さい。歌心、グルーブマシーン。叔父さんがギターのカルロス・サンタナさんのところでティンバレス叩いていたそうですよね。キューバでは大変お世話になりました。ホント連絡とりたいです。宜しくお願いします。

サンチアゴ・デ・クーバのミュージシャン達

カルタヘナのミュージシャン達

カラカスのミュージシャン達

大瀧詠一・・えっ・・気が付いてみれば、同じ夢?

山口恭範・・畏れ多くも手ほどきして頂いた師匠。素晴らしい方です。

有賀誠門・・伝説の人。

松倉利之・・お会いしない時でも親しみは途切れません。

平山恵勇・・いつでもお会いしたい平山さん。

安藤芳広・・大先輩ですから。

三浦肇・・大先輩です。

村石雅行・・大先輩ですもの。

大石真理恵・・実はキャラにウケてます。(・・すみません)

齊藤佐智江・・大先輩ですが・・。言ってみれば年中「天然の春」です。お恵みありがとうございます。春ウララ光線が・・・。とはいえ素晴らしいミュージシャンなのですよ。執筆業も立派です。

いつも親しくして頂いているバンドのみなさん・・やはり付き合い長いですから、自然と影響受けますね。

吉田太郎・・ひ~っさびさにお会いできて嬉しゅうございます。あのドラムマニアぶり健在!小柳ゆき?そのジャンル、わからないのが残念。

菊池敦彦・・人生がJAZZだから。

関口宗之・・やはりJAZZYな人生を背中に感じます。

池田千夏・・子育てと歌心の両立!

藤田奈津子・・黒潮・ド根性!

霧島九面太鼓

伊勢の太鼓グループ・・実は注目しています。

もっともっとたくさんの方に影響を受け、感化され続けてきましたが、今回はとりあえず、これにてお許し下さい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/469

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Noviembre 8, 2005 11:51 PMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「バーチャルアコースティック音源PLG150-VL導入! 7 nov. 2005 」です。

次の投稿は「また一曲出来ちゃいました。 9 nov. 2005 」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。