« 山武郡・・・ 7 dec.2005 | メイン | いつの間にかクリスマスの足音が 9 dec. 2005 »

MP3プレーヤー、アイリバーiFP899 8 dec. 2005

ここのところ色々なメンバーとのセッションの計画が多く、参考デモ音源をMDから編集しようと思ったらMD→PCはデジタルコピー出来ない!

それって知ってはいたけれど、やはり不便だし、今の時代等倍では到底編集する気になれなかったので、今回フラッシュメモリーレコーダーに乗り換えることを決意、選んだのがこのアイリバーiFP899です。

いまやわずか一万円ちょっとでメモリー1Gです。

プラグインパワー対応外部ステレオマイクで録音できます。

32kBpsから320kBpsまでビットレートを選択できますが、私の個人的な感覚では64kBpsより下だとシンバルがシュワシュワするのが気になり、音楽で実用に耐えうるのは96kBps以上かな、と感じました。
ただ、ここいらへんの感覚は人によって大きく違うと思うので、録音前に必ずご自分で確認される事をおすすめします。
また、ピアノのソロをコピーするのに聴くような場合は64kBpsでも十分です。

ちなみに44.1kHzステレオ録音で、
96kBpsの場合、23時間41分48秒
64kBpsの場合、35時間32分42秒
32kBpsの場合、71時間05分24秒
もの長時間録音が可能です。

バッテリーが単三電池一本で約40時間可動というのも便利です。

使い方も非常に簡単で分かり易く、他の電化製品と同じようにマニュアルを読まなくても使えます。
本体わずか40グラム、電池を入れても60グラム、小さくて軽いのも良い。

レコーダーとして買ったのですが、プレーヤーとしても大活躍しそうです。
44.1kHz96kBpsで、ゆうにCD20枚分は入りますから、これって持ち歩くには過ぎるくらいじゃないでしょうか。
また、私はさっそく手持ちのCDをWMAに変換してPCノートにストックしておいたので、気が向いたときに他のアルバムとすぐ入れ替える事が出来ます。

おまけにフラッシュメモリーのようにも使う事が出来るので、ちょっとしたPCのデータも持ち歩けます。

不便なところはただ一カ所、外部マイク入力ジャックの位置くらいでしょうか。これは反対側に付いていたらよかったなあ・・・。それと、ストレージ仕様のフォーマットを選んでもせめて128kBpsで録音できるよう、ファームウエアがアップグレードされる事を期待しています。

おまけとして、兄弟機種のiFP799はオプションで防水用のカプセルがあり、音楽を聴きながら泳ぐ事も可能だそうです。
iRiver iFP899

アイリバーiFP899.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/502

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Diciembre 8, 2005 3:46 PMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「山武郡・・・ 7 dec.2005 」です。

次の投稿は「いつの間にかクリスマスの足音が 9 dec. 2005 」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。