« ニューアルバム最後のドラムトラックを 23 enero 2006 | メイン | 草津温泉 25 enero 2006 »

堀の中のホリエモン 24 enero 2006

ライブドアの堀江君が逮捕されました。

「会社は株主のもの」とする彼の考え方は、私と全くかみ合いませんが、それより気になるのは今回もいつもと同じマスコミの姿勢。

「逮捕」はあくまでも「容疑」の結果であって「罪」の報いではありません。

「落ちた時代の寵児」「虚飾のIT勝ち組」・・・あたかも罪が確定したかのようなまずいテロップが流れまくってます。
一般の人はもう「彼は悪い人なんだ」って自然に思っちゃうんじゃないでしょうか。
国民を早合点に導く報道のあり方には毎度強い疑問を感じます。

この法治国家において罪が確定するのは「裁判」を経て、ですよ、みなさん。
彼の事を直接には知らず、また、まだ判決も出ていないのに「悪人」と決めつけるのは正義に反するでしょう。

「会社は株主のもの」会社が、いざというときになんの責任も取らない株主のものであるという、また、例えばお金を右から左へ動かすだけで利益を得ようとする、彼の倫理観で会社経営されたら世の中荒んでしまうとは思いますが、それと今回の問題はまた別のものです。

私が思うに、彼は彼の主張するように、法律スレスレの限りなく灰色に近い部分は歩きながらも、法は犯していない気がします。

検察のやたら速い動きからして、もしかしたら何か大きい力が裏で働いているのではないですか。
無数の企業買収やら何やらで恨みはたくさん買ってそうですからね。

今後疑惑を晴らし不起訴になっても、今回の逮捕は会社にとって致命的な打撃となるでしょう。

ちょっと応援したくなってしまいます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/580

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Enero 24, 2006 10:43 PMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ニューアルバム最後のドラムトラックを 23 enero 2006 」です。

次の投稿は「草津温泉 25 enero 2006 」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。