« -続- ドラムの醍醐味はポリリズムにあり 9 febrero 2006 | メイン | 藤田浩司ピアノトリオ in 永田ナチュラルハーモニー2000 11 febrero 2006 »

本日(2月10日金)ピアノトリオで初ライブ! 10 feb. 2006

いや~楽しみです。
非常にアコースティックなサウンドを持つお二人とのラテン-ジャズピアノセッション。
いったいどんな音になるのでしょうか・・・。

今回は特に即興性・・・その場のイマジネーションを大切にしたいと思ったので、事前のリハーサルをしていません。

セッションと言いましても、ありふれたものに比べれば、私の場合かなりタイトに書かれた楽譜を使っていると思うのですが、3人くらいの少人数フォーマットなら個人々々の感性でうまくアンサンブル出来ると思っています。
その場の思い付きをどこまで自由に表現してしまってよいものか、そこいらへんは人数が増えるほど融通がきかなくなりますが、その点トリオというのはかなり自由なフォーマットです。
究極的にはソロでしたら何にも合わせる事なく、100%その場の思い付きで行きたいように行けばそれで音楽ですが、それもちょっと寂しい。

ナチュラルハーモニー2000ではエビスビール生が飲めます!

2006年2月10日(金)1st-20:00、2nd-21:15

藤田浩司ラテンジャズピアノセッション
Piano:藤田浩司
Bass:菊池敦彦
Drums:木村啓太郎

ナチュラルハーモニー2000
千葉県山武郡大網白里町ながた野1丁目7-7
電話番号 0475-72-7966

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/597

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Febrero 10, 2006 9:51 PMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「-続- ドラムの醍醐味はポリリズムにあり 9 febrero 2006 」です。

次の投稿は「藤田浩司ピアノトリオ in 永田ナチュラルハーモニー2000 11 febrero 2006 」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。