« CUBAのプレイヤーをビデオで堪能! 13 marzo 2006 | メイン | 古い電子楽器についてはPSE法から除外  15 marzo 2006 »

課題・・・シンコペーションをもとにして  14 marzo 2006

「シンコペーション」というドラム教則本があります。

これをフィエスタのレッスンでも使うのですが(特にP37以降の辺りです)、例えば三拍目にスネアを入れてHi-HatやBDで課題を読んでいきます。

BD読みの時にはHi-Hatを4分、あるいは2分音符でキープします。またHi-Hat読みの時にはBDで二分音符を刻みます。

任意のタイミングでBD読みとHi-Hat読みをスイッチさせたり、あるいは左右の手を入れ替えたりするのですが、この時にスネアを常にイイ感じでキープするのが大切です。

この本、一般にはストレートアヘッドの練習で使う事が多いかと思いますが、ロック系に応用しても中々効果的ですよ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/636

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Marzo 14, 2006 5:28 PMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「CUBAのプレイヤーをビデオで堪能! 13 marzo 2006 」です。

次の投稿は「古い電子楽器についてはPSE法から除外  15 marzo 2006 」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。