« ブラジルは北の方が  9 abril 2006 | メイン | 藤田浩司セカンドアルバム「Infanta657」より「春の陽だまりの中で」 11 abril 2006 »

Abril 10, 2006

藤田浩司セカンドアルバム「Infanta657」より「Red Hot Summer」 10 abril 2006

4月15日(土)発売予定のセカンドアルバム「インファンタ657」に収録されている楽曲を、全9回に渡ってエピソードを交え紹介させて頂いてます。

今回は第七回、アルバム二曲めに収録されているレッド・ホット・サマーの紹介です。

2)Red Hot Summer(レッド・ホット・サマー)
2005年11月5日作曲。私の主宰するDrum Studio LA FIESTA(ドラム・スタジオ・ラ・フィエスタ)には音楽教室部門もあり、そこで小学四年生の生徒さんからオリジナル曲を演奏してみたいとの申し出を受けて作ってみました。デスカルガスタイルでありながら、小学生でも楽に演奏出来るようにわざと打楽器ソロは入れませんでした。タイトルはS.H.君が付けてくれたものです。またテーマは鍵盤ハーモニカで演奏しています。2005年11月に収録した時にはテーマをシンセ+ブレスコントローラーで演奏してみましたが、その後リードを2006年1月、鍵盤ハーモニカに差し替えました。


この曲ではテーマを奏でる楽器を何にしようかと色々と試行錯誤し、そこいらへん結構苦労しました。
はじめはシンセサイザーでごく普通にピッチベンド、モジュレーション、コントローラーに加えアフタータッチなんかもかませて録音してみました。参考としてはM4ムサシに出てくるラストのソロが同じような録り方をしたものです。

それはそれでよかったのですが、どうしても生に肉薄するサウンドが欲しくなり、ヤマハのブレスコントローラーをかませてみました。

これはこれで録音し終えた時には大満足の出来映えでしたが、あとで鍵盤ハーモニカを手に入れた時にこれに非常な可能性を感じて、完成していたトラックをお蔵入りさせて新たに鍵盤ハーモニカをテーマ、ソロ、共にかぶせ直しました。

結果、これが一番よかったので、鍵盤ハーモニカのテイクを今回のCDにしました。
鍵盤ハーモニカの哀愁溢れる音がこの曲のテーマにピッタリとハマりました。

ただしブレスコントローラー、これはこれで秀逸な出来映えのアイテムです。
今度シンセブラスを録音する時にはこちらで息を吹き入れながらやってみたいと思っています。

それではmp3デモをお聴き下さい。

M2)Red Hot Summer

Infanta657ジャケット.jpg

アルバムのご購入はこちらから→http://cart02.lolipop.jp/LA11160176/

M1「En la Montana Profunda」の紹介

M3「REINA」の紹介

M4「Musashi」の紹介

M5「Lagrimas」の紹介

M6「Mi Diosa」の紹介

M7「Dos Mares」の紹介


藤田浩司-koji fujita-
DrumStudio LA FIESTA

投稿者 kojifujita : Abril 10, 2006 12:01 AM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/535

コメント

いよいよ公式に発売開始ですか? CD発売おめでとうございます。
ちょっとフライングして、購入させて頂きましたが、素晴らしいの一言です。曲が心地よい感じで、車の運転時に聴いていると、気分が安定します。もしかしてヒーリング効果あるかもしれません?!
子供のオモチャと思い込んでいた、ピアニカの音色がこんなに美しいとは...。驚きました。
 息子は9曲目がお気に入りです。車がカーチェイスをして激突しあっているイメージが浮かんでくるそうです。7曲目は「何かホストっぽいエロい感じの曲だね〜。」と申しておりました。(^^;)
ブログでエピソードを読むと更にCDを2倍楽しめま〜す。
次回作も期待しております。

投稿者 ゆったんママ : Abril 11, 2006 12:26 AM

CDインファンタ657をお買いあげ頂き、どうもありがとうございました。

藤田浩司のバンドは演奏激しいですが、アルバムは自分でも思いもしなかったくらい、しっとりとした音に仕上がりました。
自分の中に日本人の情緒を「発見」した思いです。
キューバ人と作った前作とは、まったくと言ってよいほど美しさの落としどころが違います。
前作はもっと、ずっと乾いた音でした。

私も当初、ピアニカなんて所詮教育用の楽器だとタカをくくっていました。しかしコレ、いざ手にしてみれば非常に表現力のある、まさに楽器です。
他のピアニカ奏者の演奏も聴かず、まったく独自なイメージで吹いたので一風変わったピアニカ演奏になっているのでは、と思います。

息子さん9曲目ですか、タイトル曲ですから嬉しいです。
また7曲目は確かにちょっと色っぽい感じありますね。
作曲した時はそんなつもりなかったのですが・・・(^_^;)
いったん出来てしまうと、作品が勝手に一人歩きしてしまう感じです。

投稿者 藤田浩司 : Abril 18, 2006 03:55 AM

コメントしてください




保存しますか?