« ヴェルテンブルグ・バロック・ドゥンケル 12 feb. 2007 | メイン | ドラミング・・・上からの画面で見るモーション 14 feb. 2007 »

花の高2トリオ 13 feb. 2007

祝日だったせいか、レッスン時間の移動が激しかった一日。
習い事は女性が主役との世間一般常識とは裏腹に、フィエスタではなぜか男性比率が異常に高いのである。特に女子学生は少なく、50数名中に女子中高大生は計3名のみ。とはいえ数ヶ月前にはわずか1名だったから、それでも大躍進か。

そんな事情のなか本日珍しく、彼女ら花の高2トリオが揃い踏み、三者三様の顔を見せてくれた。

トップはY.O.フロム御宿。レッスン中に突然涙ぽろぽろ。見た目も発言も普段強気なのに、やはりアイツも女の子なんだ。断っておきますが、私が彼女を泣かせたわけではないと思います、念のため。友達の事で思い悩んでいたのが、朝からのトラブル続きもあり、レッスン中のふとしたきっかけで爆発してしまったようです。生徒の涙と言えばM.N.は近頃珍しくないが、それ以外では滅多に見た事なかったなぁ。Y.O.は結構根性あるし、きちんとしてるし、真っ直ぐな心を持っているし、いい子だと思う。約束通りスコアからドラム譜を切り抜いてパート譜にしてきた。先生に対して気安すぎるのが難点か・・・。

真ん中にM.N.。熱があるのを家から出してくれなくなっちゃうからと、お母さんには内緒にしてやって来たらしい。ここのところビシッと練習している様子が好ましいです。彼女、この半年の伸びには目覚ましいものがある。振り返ってみれば随分と大人の音になってきたものだ。そりゃまだまだ子どもっぽいところもあるけれど、振り返ってみれば、ね。ビックリするくらいオマエは変わったと思うよ。

ラストにJ.S.フロム富里。女子高生がついにくちびるピアスかよ(^^;)彼女は屈託がない。過去にいろいろあるのにそんな事まったく感じさせない明るさがが素晴らしいです。こんな事書いている間にたった今、偶然彼女から今後叩けるようになりたい曲のリストが大量にメールで送られてきた。やる気があってよい傾向だ。こうなってくるとこれからグン!と伸びてくるかもしれないな。


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/533

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Febrero 13, 2007 12:38 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ヴェルテンブルグ・バロック・ドゥンケル 12 feb. 2007」です。

次の投稿は「ドラミング・・・上からの画面で見るモーション 14 feb. 2007」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。