« サンタ・マリア海岸(Playa Santa Maria) 10 julio 2007 | メイン | さよならラバーナ(La Habana)、こんにちはトロント(Toronto) 12 julio 2007 »

アントニオの家へ 11 julio 2007

 今朝もハバナは快晴だ。
 雲のかけら一つも見あたらない。
 ここでは朝方から天気の悪い日など、ほぼ一日もない。
20070711HaceBuenTiempo.jpg


 今日は朝10時にミゲリートのバンドがリハーサルをするという会場に出掛けた。
 8 y Calzadaにあるカサ・デ・ラ・クルトゥーラへ。

 多分リハーサルの開始時間は遅れるだろうと踏んで、11時の到着を目標にバスに乗った。
 乗ったバスが交差点で乗用車とケンカになった。
 乗用車のボンネットを開けると、なぜかそこには棍棒が用意されていて、それを手に取った男数人がバスの運転手めがけて押し寄せる。
 運転手も悪かった。
 ヒドい言葉を彼らに向けてマシンガンのように連射する。
 一時はどうなる事かと思ったけれど、場は一応事なきを得た。

 カサ・デ・ラ・クルトゥーラに到着すると、偶然にも歩いているミゲリートとばったり出くわした。
 しばらく建物の前でダラダラと会話する。

 そうして、エンサーヨ(リハーサル)はやはり11時過ぎに始まった。
 伝統的なソンを演奏するグループだった。
 先月はこのグループで英国に行っていたと言う。
 ベーシストが北原実さんやファンカルロスと知人だった。
 トランペッターはとても力強い音を持っていたが、とある日本人から随分と言葉を教えてもらったらしい。

 12:15にエンサーヨは終わった。
 家がこの場所からあまりに近いので、お別れの挨拶をしようとロベルト・コンセプシオンの家に出掛けてみた。
 あいにくと彼はいなかったが、家の仲良し同居人が今日の15時よりベダドでコンサートがあるという。
 しかも招待してくれるって。
 今日はこの後ミゲリートの家に行く約束があり、その後にルバルカバの家に行く約束もある。
 出来ればフロールやホアキンの家も訪ねたいし、それに夜にはアントニオの家に招待されている。

 結局コンサート会場がマエストロの家にとても近い事がわかったので、ツアーバス?みたいなのにご一緒させてもらう事にした。
 場所はLa Redというクラブだった。
 ここで一度お別れをしてミゲリートの家へと向かう。

 ミゲリートの家には弟のミッチェル、マエストロ・ロベルトにネルサ、それにミゲリートのお母さんレティや彼のガールフレンドがいた。
 ミゲリートの部屋にはパソコンがある。
 どうやらPCでレコーディングする環境を整えつつあるようだ。
 E-muソフト音源のデバイス設定とか、色々と訊かれたけれど、正直私もそんなに強くはない。
 しかしあまりにも基本的なミス、ミディコントローラーのUSBドライバーや動作ソフトはインストールされていたものの、音源のそれはまだインストールされていなかったので、それを伝えてその話は終わった。
 音源ソフトのCD-ROMは今、手元にはなかった。
 メモリー512MB、他ははっきりと思い出せない。
 音楽をやるには最低1GBは欲しいと言っていたけれど、確かにそうだ。
 他のプログラムを使う時には512MBもあれば充分だろうけど。
 時間は迫る。
 お別れする前にネルサがアイスクリームをご馳走してくれた。
 それから今はスペインにいる元同居人たちに宜しくって。
 もちろん私だって彼女たちとそうそう会えはしないけれど、Eメールで連絡を取る事は出来る。
 彼らは以前、私が住んでいたアパートで隣の部屋に住んでいたのだ。


 さて、再びLa Redへ。
 楽団はダンソン、ソン、チャチャチャといった音楽を演奏するという。
 もちろんバイオリン奏者やフルート奏者もいてなかなかに賑やかだ。
20070711Dania.jpg


20070711LaRed.jpg


 コンサートが始まって、少し飛び入りさせてもらったら、前の席に座っていたご婦人にとても気に入られたようで、その後彼女が何かと私に話しかけてくる。
 あとで1stと2ndのあいだに、彼女もステージに立って詩を朗読したので詩人だとわかった。
 コンサートが終わった頃、ロベルト・コンセプシオンがやって来た。
 音楽がうるさくて会話がしづらい。
 次の予定が迫ってきたので、ダニア達にお礼を言っておいとまさせて頂く。
 その時、詩人にも挨拶をしに行くと、なんと彼女は私の唇にキスしてきた。
 品の良い、賢そうな人だったけれど正直ちょっとひいた。
 う~ん、しかしこれがキューバ。

 ロベルト・コンセプシオンと一緒の帰り道、さらにDVDのおみやげを用意してくれたという。
 かなりタイトなスケジュールだが、深夜それを受け取りに行く事を約束する。
 いつもありがとう、ミ・マエストロ!

 さてその後、休む間もなくエリサベスの待つルバルカバの家へと出掛ける。
 どうなるかはわからないけれど、一応プロフィールを預かっておこうという事で。
 バモス・ア・ベール。
 彼女は以外にも器用に、私のW-ZERO3へと文字を打ち込んでゆく。
 ちょっと意外だった。
 結構出来るじゃん。 
20070711W-ZERO3.jpg

 少しばかり話もした。
 私になんとプレゼントがあるという。
 明日の出発前にそれを受け取りに来る事を約束して、今度はアントニオの家へ。


 3年振りのアントニオの家。
 行き過ぎたりして少し迷いながらもなんとか辿り着く。
 懐かしい家だ。
 その昔、まだ学生だった同居人とよくこの家に遊びに来た事を思い出す。
 アントニオのお母さん、妹、それから姪っ子がいた。
 シルビア、イボン、クリスティアーナ。
20070711FamiliaDeAntonio.jpg

 典型的なコミーダ・クリオーヤをご馳走になる。
 少し辛目の味付けをしたそぼろ肉にコングリ、アグアカテ、パーパ・フリータ、それにアロスなどなど。
20070711Comida.jpg

 最後にはエラドのデザート付き。
 今日も無茶苦茶にビールを飲んでいる。
 どうもハバナに来てからというもの、1日平均3リットル以上は飲んでいるようだ。
 会う約束が1日に何度もあるから、これも致し方ない。
 それに、ライブに行って飲み物を頼まないわけにもいかない。
 かといって、私がそういった場でレフレスコを頼む事もポリシーに反する。
 やはりビールだ。
 でなければモヒートかダイキリ。

 アントニオが最近買ったというコンピューターを見せてもらう。
20070711PC.jpg

 CPU3GB、メモリー512MB、ハードディスク80GBとなかなかのスペックだ。
 これで日本のアニメを見たり、カラオケを流して踊って歌いまくる、アントニオの意外な一面を見た。
 今年キンセ・アーニョ(15歳)をむかえる姪っ子とデュエットしている。
 振りつけ付きで。
 オタクだな。

 リビングには日本刀、鎧甲冑、その他諸々が飾ってある。
 おまけに彼の部屋には大きな日の丸。
 正直嬉しいね。

 2004年に彼が日本に来たときのビデオなども見せてもらった。
 彼にとって、また、私にとっても大切な思い出だ。
千葉にあるディズニーランド併設のバルで飲んだシーン、私のライブのシーン、等々。

 話は尽きなかったけれど時計はすでに25時をまわり、これでさようならだ。

 今は大使館の仕事があるから、彼が実際に日本へとやって来れるのは爺さんになった時だなって、寂しい話もあった。

 明日はいよいよ帰国の途に着く。


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/995

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Julio 11, 2007 1:50 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「サンタ・マリア海岸(Playa Santa Maria) 10 julio 2007」です。

次の投稿は「さよならラバーナ(La Habana)、こんにちはトロント(Toronto) 12 julio 2007」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。