« ノートパソコン買った! 26 julio 2007 | メイン | エリサベス・ルバルカバ(Elizabeth Rubalcaba)からの 28 julio 2007 »

投票やらPCのセットアップやら 27 julio 2007

不在者投票してきました。

色々なしがらみもあって、今回一票を投じたい政党がが4つ程あり、迷いに迷う。
自民は高校の先輩、民主は大学院の研究室が一緒、新風の主張は真っ当だし、国民新党には前回選挙中にうちの選挙区で立候補しないのかとたずねた経緯がある。

国の仕事は究極的には国民の保護だとすると、もちろん今騒がれている年金の問題も切実だし、しかし国防も同じくらい大切だ。
7月29日発行の選挙公報で国防の問題に触れているのは新風だけだ。
ひどい話じゃないか。
9条を守ろうという政党もまだまだ多い。
戦力の不保持が自国の安全につながるという夢物語をいまだ国民に訴えるのはそろそろ止めた方が良いと思う。真剣に。
この世の中の動きのどこをどう見たらそんな戯言が出てくるのか、理解に苦しむ。
自民も国民新党も民主の半分も9条にNOなのは知っているけれど、これらを争点にしないのは政党として真っ当ではないやり方だ。

自民。
選挙公報にはただ「改革実行力」「成長を実感に!」の二言しか主張が載っていない。
・・・国民はそんなにバカなのだと思っているのだろうか・・・。
言いたい事はわからないでもないけれど、ここまで具体性に乏しい主張のみでは意志を汲み取ろうにも訳がわからない。
少し前のマニフェストブームは何だったのだろう???

国民新党は私がキューバに行っている間にアルベルトフジモリ氏を担ぎ出したり、ちょっと違和感を感じる事をする。
もちろん一国の大統領をつとめた程の人物を日本の国政に迎え入れる事は、条件さえきちんとクリアすれば歓迎すべき事だろう。
氏が実行力のある政治家である事はそのように認めるけれど、二重国籍の氏が本当に日本の国益に沿って動けるかはまだ私にはわからない。
さらには日本の国政にたずさわる人間を選ぶ選挙にチベットの僧侶を担ぎ出すのも理解に苦しむ。
それは反中国の姿勢を鮮明に見せるという事なのだろうか???

民主。
私の同門は小沢氏の秘書でもあるし信頼出来ると思う。
が、やはり旧社会党と自民党がくっついたヘンな政党の感は拭いきれない。
今のままでは誰が党首になろうと党の意見がきっちりとまとまるわけないだろう。
そんなところへと国政をまかせる事には不安を感じてならない・・・。

左派。
私は社会主義、共産主義の良さもわかるし、それを採用したキューバの社会システムは限られた条件の中で結構うまくいっていると思うけれど、それと同時にキューバはれっきとした国軍を持ち徴兵制もある立派な国家でもある。
キューバは社会主義国家だけれど、戦力不保持なんて夢物語については誰も語らない。
日本の左派はなぜ一様に戦力の不保持を抱き合わせに主張するのだろう。
彼等は9条の保持が平和を守ると言うけれど、まったく筋の通らない近隣国の主張を耳にしながらなぜそんな事が堂々と言えるのか、一庶民の私には不思議でならない。
むしろ隙を見せたら最後、かの国々に攻め込まれて国は滅び、国民の安全とは全く正反対の結果を呼び込む事になると思うけどな。
少なくともこちらが軍備を持たなければ平和というのは、かなりどうかしているアタマのおかしい考えだ。
攻め込まれない事を前提にした、国民の安全を他力本願に頼る人たちに政治は絶対にまかせてはならないと思う。


話は少し戻るけれど、今のところ自民大敗との声が高い。
政権樹立以来取り立てて失敗もないし、むしろ実績を上げ、また志も高い首相に不運が重なっているけれど、この人を今、この時代に負けさせてしまって良いのだろうか。
冷静に見れば、世間を騒がせている様々な問題の責任はもっと別のところにあるのではないか。
消えた年金だって、これは首相の責任なのだろうか???
どうもマスコミに一杯食わされている気がしてならない。

とまあ色々考えはするけれど、つい先週まで1ヶ月キューバに出掛けていたから今回、実は選挙情報に乏しくて辛いところ。
情報に飢えている時に自民党みたいな選挙公報を出されると非常に腹が立つ。
何に賛同して一票投じればよいのか、全くわからない。
要するに「黙ってオレに付いて来い」と言っているだけだ。
失望する。


さて、夜はPCにソフトウエアを詰め込んでいるけれど、これは結構大変だ。
時間のかかる事よ。
しかし今回のパソコンは中々調子が良い。
キーボードがしっかりしているのが心地良い。
反応も速い。
先代機のCPUをデュアル化してあるわけだし、メモリも倍だし、ソフトもグッと減らしたから当たり前といえば当たり前。


それから今年はただ1人となった音大受験生、愛弟子の野崎めぐみは木曜から音大の講習会に出ている。
ようやくにして受験生としての自覚をもって毎日を過ごせているのが見て取れるし、また、それに呼応して大分調子を上げてきているのも確かだ。
とにかく応援しているから頑張ってほしいと思う。

-来週のライブ-
2007年8月4日(土)藤田浩司LosVecinos-ロス・ベシーノス-
(藤田浩司P、舟橋まさるB、高崎洋平Drums、野崎めぐみConga)
Wine&LOHAS Dining 「くらうど」
住 所:千葉県山武郡大網白里町駒込752(ブラビーカクガワ1F)
電 話:0475-70-2244(FAX兼)
交 通:JR外房線大網駅(東京から特急で45分)から徒歩6分
千葉東金有料道路山田ICより車で10分、大網街道沿(駒込交差点とみずほ台交差点の間)
ホームページ:http://www.crowd.cc/index.htm
■ディナー・税・MC込で¥4000(ドリンク別)
■1st 19:00, 2nd 20:00
藤田浩司オフィシャルサイトhttp://kojifujita.com


長生高校吹奏楽部打楽器パートOB、OG飲み会あります!
2007年8月18日(土)18:00スタート
BUFFALO バッファロー
住所:茂原市町保6-50
電話:0475-26-3693
営業時間:18:00-26:00

藤田浩司-koji fujita-のCUBA2007音楽の旅・1「サンファンの日、カラバリ・イスアマの収録とコンガのパレード 24 junio 2007」

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/977

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Julio 27, 2007 2:12 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ノートパソコン買った! 26 julio 2007」です。

次の投稿は「エリサベス・ルバルカバ(Elizabeth Rubalcaba)からの 28 julio 2007」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。