« 携帯各社比較 9 nov. 2007 | メイン | au携帯買っちゃいました! 11 nov. 2007 »

携帯各社の落とし穴 10 nov. 2007

実際にショップでそれぞれがどんなものか、確認してみたところ

au
新プランでも損得度はあまり変わらないらしい。
端末の値段も急激には上がらないようだ。
それからシンプルコースにする人はまだ殆どいないだろうという話。
シングルプランSなんて基本使用料1050円だけど、これには無料通話が全く付かない。

DoCoMo
ショップに行っても、カタログに書いてある事以上には何もわからない。
気になっていたのはD905iの反応速度だったのだが、全くわからずじまいだ。
以前のモデルのメモリー容量等がわかれば905iについてもある程度予想が付くと思ったのだが、それらについてさえも教えてくれない。

SoftBank
ホワイトプランは魅力ではあるが、端末がメチャメチャ高い。
一番安いもので3万円台、普通は6~7万円ほどもする。

料金のみで考えるなら、このままDoCoMoにいるのが自分にとっては一番リーズナブルだ。
あとは端末の性能次第なんだけどな。
auに乗り換えるなら端末無料の今週末までに済ませたいが、DoCoMoで端末のスペックがわかるのは早くても11月26日以降だ。
au意中の端末はやはり素晴らしい性能だ。

やれやれ。


それよりも携帯のキャリアを選ばずに使う事が出来るスマートフォン、HTC P3600というのを見つけた。
10月25日から発売されており、価格は7万円ほど。
電池を含めてわずか150g、普通の携帯電話にせまる小ささでWindows Mobileが入っている。
200万画素のカメラ付き。タッチパネル、GPS機能、無線LANやBluetoothも搭載している。
これはPCとしての機能を持つからWordやExcel、PDFビューワー、辞書、ウインドウズをはじめとする各種メディアプレーヤーなどを詰め込む事も出来る。
i モードは出来ないけれど、普通にインターネット接続する事は出来る。
SIMロックフリーで日本のDoCoMo、SoftBankを始め世界中のキャリアと共に通信出来る。
これがあればこのあいだマレーシアやシンガポールで使い残したDIGIなんかのSIMカードを使って日本国内でも通信出来るな。
ローミングが高いだろうけれど。
iモードとワンセグを必要としないなら、この選択も有りだ。

それから携帯電話とは関係ないけれど、最長30日間連続装用出来るというハードコンタクトレンズを見つけた。
メニコンティニュー。


以上、メモ書き。


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1110

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Noviembre 10, 2007 2:41 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「携帯各社比較 9 nov. 2007」です。

次の投稿は「au携帯買っちゃいました! 11 nov. 2007」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。