« 仕事が・・・ 27 febrero 2008 | メイン | 今日は鑑賞教室。 29 febrero 2008 »

ピアノの音色 28 febrero 2008

身体の小さな人が弾くピアノのボリュームが、身体の大きな人のそれに比べて小さいのは当然だろう。
ピアニストはたとえば鍵盤に指先を厚ぼったく当てて太い音色を作り出したりと、タッチによる音色の差、身体の重さのかけ方によっての音色差を追求しているくらいなのに、そのおおもととなる身体の大きさ、重量が違えば当然の帰結として音色はそれなりに違ってくるだろう。
逆に言えば身体の小さな人が、身体の大きな人の音を目指したら、どこかに無理がくるだろう。
極端な話、ソプラノの声域を持つ女性がバリトン歌手にはなれないように、持って生まれた身体的特質を充分活かした音色で勝負するようにしたい。
好きなものと出来るものは違うよね。

☆藤田浩司、次回ライブ☆
2008年3月15日(土)
藤田浩司LosVecinos-ロス・ベシーノス-
[藤田浩司P、舟橋まさるB、高崎洋平D、野崎めぐみConga]
大神家:千葉県長生郡一宮町東浪見7545-3
Tel.0475-42-7568
1st)19:30 2nd)21:00
当日2300yen(前売り1800yen)


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1231

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Febrero 28, 2008 12:00 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「仕事が・・・ 27 febrero 2008」です。

次の投稿は「今日は鑑賞教室。 29 febrero 2008」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。