« 理解されないのは 18 agosto 2008 | メイン | あのひと検索 SPYSEE [スパイシー] 20 agosto 2008 »

ゴンサロ・ルバルカバ(Gonzalo Rubalcaba)の弾くアドリブライン 19 agosto 2008

ゴンサロ・ルバルカバ(Gonzalo Rubalcaba)の弾くアドリブラインには時に独特の浮遊感、アウト感が漂う。
もちろんダンソンのような、アウトしないトラデショナルな音楽のピアノを弾いても一級品の輝きをたずさえているけれど。
いつの間にかもう12年もの月日が流れてしまったが、以前、弟のゴンサロにピアノを教えたという兄、ヘスス・ルバルカバのレッスンを毎日のように受けていた事がある。
その頃、ヘススの作ってくれたアドリブの為の課題、当時、音遣いのコンセプトが全くわからなかったが、スタンダードナンバーでみせるゴンサロのアドリブを聴いてみると、それは兄の影響なのかな、と感じるものがある。
今、自分がそのコンセプトに従ってアドリブすると、なぜそのスケールをそこで使うのか、まだうまく説明できないのだが、一見その場のコードに対して少し遠い位置にあると思うスケールを当該コードに当てる事により、アウト感を漂わせながら一定の秩序を持ち合わせる・・・そんな感じだ。
ただ、まだなぜその場で自分がそこにそのスケールを当てはめてしまい、あぁ結構よい感じだな、と感じるのか、自分でもよくわからない。
だけど、直感的にこの場のこのコードに対してはこのスケールだな、というところに自然と指が行く。
早く説明出来るようになりたいものだ。

しかしあの頃、毎日のようにまったく惜しみなくゴキゲンにピアノを弾き散らかしてくれたヘススのレッスンは楽しかったな。


ヘスス(Jesus)とその娘、エリサベス・ルバルカバ(Elizabeth Rubalcaba)
Jesus%26SuHijaElizabethRubalcaba.jpg

-今後のライブ予定-

2008年8月30日(土)
藤田浩司Los Vecinos-ロス・ベシーノス-
[藤田浩司P、舟橋まさるB、高崎洋平D、野崎めぐみConga]
ナチュラルハーモニー2000:大網白里町ながた野1丁目7-7
☆tel:0475-72-7966
1st) 20:00, 2nd) 21:15
MC2000円


2008年9月13日(土)
藤田浩司Los Vecinos-ロス・ベシーノス-
[藤田浩司P、舟橋まさるB、高崎洋平D、野崎めぐみConga]
千葉市稲毛コルトレーン(1Fはカレー屋『シバ』) JR総武線 稲毛駅海側 徒歩1分
1st)20:00~ 2nd)21:30~
当日2800yen(学生500円引き)前売2500yen 1ステージのみ2000yen


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1381

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Agosto 19, 2008 12:35 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「理解されないのは 18 agosto 2008」です。

次の投稿は「あのひと検索 SPYSEE [スパイシー] 20 agosto 2008」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。