« 若きサムライのために - 三島由紀夫 17 sept. 2008 | メイン | 音楽談義 19 sept. 2008 »

価値観転換 18 sept. 2008

はたと気が付いた。
博打はそんなに悪いものなのだろうか。

株を投機の対象として利益を得る事は博打と同じだからと、忌むべき対象としてきたけれど、よくよく考えてみれば前提となる博打が絶対な悪であるといつの間にか決めつけていた。

しかし、一定のルールを厳しく守る中での博打ならば、これは許されても良いのではないだろうか。

生産性を感じない行為から巨額の利益が出てくるのが賭博=株や為替、先物取引等への投機的投資だろうが、考えてみれば商いだって似たようなものか、という気もしてくる。
あまりに突き詰めると、サービス業はどれも成り立たなくなる気もする。

実際、株で大きな収入を得る人が多くいるならば、それが社会の常識=スタンダードであるならば、これには乗るしかないか。
例えば海外へと出掛ける時、為替に一喜一憂するが、それならばそれに対しての防衛策として安い時に外貨を買っておく事には理屈が通る気がする。
同様に貨幣をはじめ、不動産、その他、財産の価値は不安定だから、それらの価値を守るために資金運用する事は現代において正当であるのかもしれない。
生きていくためには色々な可能性を必死に探らなくてはならない。
が、逆に株取引という賭博に生活を賭けてしまう事は、遊びの範疇であるギャンブルよりも社会に負担を掛けてしまいかねないな、とも思う。

要は、度を超さなければ良いのだろうか。
理由はどうであれ、やはり博打は良くないのか。
投機的な株売買等を、皆さんはどう思いますか。


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1410

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Septiembre 18, 2008 12:43 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「若きサムライのために - 三島由紀夫 17 sept. 2008」です。

次の投稿は「音楽談義 19 sept. 2008」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。