« 価値観転換 18 sept. 2008 | メイン | 刺激 20 sept. 2008 »

音楽談義 19 sept. 2008

幼なじみミュージシャン、舟橋マサル氏と音楽談義。
色々な音を聴き、映像を観てはピアノを弾いてみたり。
面白そうな邦人のミュージシャンや英国のミュージシャンを教えてもらいました。
また、どうも最近のハービーハンコックは深くて良いらしい、とか。
オスカーピーターソンのタッチがドラム界のデニスチェンバースのような強さを持っている事に感心したり。
似た色を持っていると思うのですが、アートテイタムとエロールガーナーのプレイを見比べると、私などはエロールガーナーに軍配を上げてしまいます。
が、なぜエロールガーナーの評価は世間的に高くないのか・・・?
それはメインストリームのミュージシャン達との絡みが少なかったからという、ただ一点のみが理由なのだろう、とか。
エロールガーナーの映像は初めて見たけれど、非常に刺激を受けました。
ミシェルカミロ、チックコリア、ゴンサロルバルカバ、リックウェイクマン、それになぜかドラマーのルイスヘイズやキューバはサンチアゴのパーカッショニスト・・・等々、様々な人のプレイを鑑賞。
こんな過ごし方もたまには良いものです。

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1411

コメント (2)

鈴木 努:

藤田さん、いい時間を過ごされてますね。私の方は今週火曜日から郡山に出張しております。来週の金曜日まで戻れそうにありません。また日曜日もレッスン行けませんが長い目で見てやって下さい。

>鈴木 努さん

いやいやいや・・・ホントに御多忙続きですね。
一週間半の郡山、空き時間にはせっかくですから楽しんできては如何ですか?
もし車でしたら、磐梯猪苗代地域も中々素敵なところですよね。

レッスンの方は首を長くしてお待ちしています!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Septiembre 19, 2008 1:46 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「価値観転換 18 sept. 2008」です。

次の投稿は「刺激 20 sept. 2008」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。