« 現実とは摩訶不思議なもの 10 enero 2009 | メイン | 本日の一言 16 enero 2009 »

速い曲は技術的に難しい、ゆったりした曲はグルーヴさせるのが難しい 12 enero 2009

速いテンポで演奏する事はもちろん技術的、体力的に困難だ。
だが、ゆったりとした曲を良いグルーヴで演奏する事はこれもまた難しい。
結局のところ、腰を源泉とする力の波を如何にして効率良く打面にまで伝えるかが鍵となるだろう。
グルーヴさせる動作は、例えば上へと向けて放った石が落下して地面に落ちる時、「ゼロ」という時間の一点を計算して、その「ゼロ」という時間の一点へ向けて正確に落とそうとすべく石を上空へと放り出す事に似ている。
そのように、「引力」を味方に付けて身体を動作させる時に、自分の力が打面へとダイレクトに伝わり、気持ちの良い波動がリズムとなって身体の中心からほとばしるのである。


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1513

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Enero 12, 2009 4:13 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「現実とは摩訶不思議なもの 10 enero 2009」です。

次の投稿は「本日の一言 16 enero 2009」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。