« センター試験 17 enero 2009 | メイン | ポンド下落 21 enero 2009 »

1日だけ視力が回復した 18 enero 2009

高校生の頃のある日、目を覚ますとなぜか片眼だけ目がよく見えるようになっていた。
おそらく0.8くらいの見え方だったような。
3分の1くらいのところまで視力表に近付かないと一番上(0.05でしたっけ?)の記号の判別が難しかった程、目の悪かった私だっただけに、狂喜乱舞したものです。

その日は一日中見え方が持続して、不思議だなあとは思いつつ有り難がっていたら、翌朝にはなぜか元通り。

このように、突然視力は回復するという事実を、どうにか医学的に証明出来ないものでしょうか。

突然回復のシステムがわかれば、目の悪い私たちにはものすごい福音ですよね。

なぜ、そんな事を思い出したのかというと、今日も右目だけ少しよく見えるようになっていたからです。
今回はおそらく0.1くらいまででしょうが、これで人生2度目。
0.1でも、普段の10倍はよく見えている感じです。
これもきっと明日には元通りなのでしょうね。


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1516

コメント (2)

みわ:

こんばんは
突然すみません。

実は、ここは『突然視力が回復した』
で検索して来ました。

私、先週から視力が驚くほど回復してるんです。
裸眼で、二歩くらい前に出ないと視力検査にならないくらいなんですが・・・

今は、昼間の明るい時だと、運転するのに普通に信号は見えるし、矢印信号も、標識までちゃんと見えるんです。

まさか老眼???
と思いましたけど・・・

近くも遠くもちゃんと見えるんです。
こんな事、ほんとうにあるのかなぁと思いまして・・・

すみません、こんなことで

お邪魔しました^^

藤田浩司:

>みわさん

レスが遅くなり大変失礼致しました。
コメントありがとうございます!

そうですか、何もせずに視力回復しましたか!?
その後、如何でしょう?

私の場合、せっかく見えるようになったのに一日で元通りでした(>_<)


しかし、現代の科学では解明されない不思議な事って、現実にあるんですよね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Enero 18, 2009 4:33 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「センター試験 17 enero 2009」です。

次の投稿は「ポンド下落 21 enero 2009」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。