« 雨降って地固まる 11 mayo 2009 | メイン | 引っ越しました 16 mayo 2009 »

ボレロはいい!!! 12 mayo 2009

実はボレロ系の歌唱、大好きなんです。
ルイス・ミゲールとか、声質は軽いけれど、やっぱうまいなぁ。
ルイス・ミゲールはラテン系のビーチリゾートでかかりまくっている印象がありますが、その光景もうまい具合にオーバーラップして自分の気持ちを高揚させてくれる。

と、いうか、大体ラテン系のバラード=ボレロは歌詞が良い。
濃厚で良い。
あれくらい濃厚な歌詞の方が、自分のこころにはキーンと響いて来る。
その曲調と共に、何度聴いてもグッと来る。
たまりません。

今もブログを書きながら曲を流していますが、「せつねっ(>_<)」って感じです。
何かこころが大きく動いた時、ルイス・ミゲールのロマンスってアルバムは聴きたくなりますね。


ラブソングじゃなくてもいぃんです。
例えば「ラ・ビーダ・エス・ウン・スエーニョ」みたいなのでも。
もうこれは哲学ですよ。
「サボール・ア・ミ」これは究極のラブソングだと思うけどな。
愛し過ぎですよ。
「時計」も齢を重ねると、こころに沁みるものがあります。


全てステージで歌った事があるけれど、あれは失敗だったな・・・
自分では力量が足りない。
俺なんて「野菜の歌」がせいぜいなんだ、まだまだ。
歌う事は、たぶんどの楽器を演奏するよりも、人のこころを魅了する。
だから本当は歌手になるのが大目標。
それは奇遇な事に芸大打楽器の後輩、Hちゃんも同じ目標を持っているらしいけれど・・・。

しかも日本人であるからには、私は演歌だろう、と思っています。
前川清のストレートな歌いっぷりとか、しびれますね。
今はラテンジャズにハマっていますが、これは正直な思いです。
びっくりですね。
ぢゃ、努力しろよ、って言われてしまうと弱いですが・・・


歌ってみたい・・・その気持ちを日本最高のベルベットボイス、JAMES.K氏に託してみたいと思います。

余談ですが、サルサなら歌詞でグッと来るのはいまだにメディコ、それからロスバンのいくつかの楽曲かなぁ・・・。
そして少々遅かった青春を思い起こさせてくれるのは、イサックのふざけた歌声ですね。

*ライブのお知らせ*

2009年6月1日(月)
千葉県松戸市
マリンバアンサンブル
新井富貴子(Marimba)
藤田浩司(Drums)http://www.kojifujita.com/


2009年6月11日(木) 日比谷パティオ
東京都千代田区有楽町1-4-1
TEL 03-3581-9820
http://www.hibiya-patio.jp/
12:00 Start
James.K (Vo.) http://www.jamesk.jp/
藤田浩司(Pf) http://www.kojifujita.com/
大戸幹夫(Bs) http://homepage.mac.com/m.studio/
吉羽一星(Dr)


2009年6月19日(金)
品川プリンスホテルhttp://www.princehotels.co.jp/shinagawa/
藤田浩司・高崎洋平打楽器DUO
藤田浩司(P)http://www.kojifujita.com/
高崎洋平(D)


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1565

コメント (2)

鈴木 努:

歌ですか…、思い返せば、才能薄き音楽人生?の始まりは幼稚園のハーモニカでしたね、小学校時代には給食の時間に放送室で月に一回歌っていましたね…、音楽の先生に言われてでしたけど。
二十代の頃は居酒屋で人生の先輩達から演歌&ムード歌謡を仕込まれました。(あくまでも、素人芸)表現するには歌は一番かも知れませんね、ここ一年くらいカラオケすらやってませんけど。

藤田浩司:

放送室で歌・・・良い経験をしましたねー。
度胸付きますよね(^^)

私も高校生の頃ですが、全校に歌声が流れた事があります。
今思いだしてみれば、恥ずかしい想い出です。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Mayo 12, 2009 2:05 PMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「雨降って地固まる 11 mayo 2009」です。

次の投稿は「引っ越しました 16 mayo 2009」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。