« 出会いは続く 23 enero 2010 | メイン | なぜソルフェージュ能力が必要なのか 25 enero 2010 »

ヒーラーのT氏から 24 enero 2010

ヒーラーの世界で成功を収め、ハワイと千葉、東京を忙しく行き来しているT氏からメールを頂いた。
なんだかとても暖かな気持ちになったから、彼の力は本物なのだろう。
なんでもこの四月から恵比寿で病院、スポーツクラブ、レストラン、ヒーリングが一緒になった施設で新規営業開始するそうだ。
勢いあるなー。

近頃、精神世界の領域で仕事をしている人との出会い?付き合いが多い。
アブナい人だと思われる事のないように気を付けよう。
まー、いたって健全なんですけどね。
精神世界の話をすると、=アブナい人だと言われがちなので。

それはそうと私も今度、某ブラジル系有名フルーティストYちゃんと、インディアンフルートを使って癒し系のアルバムを制作する事になりそうだ。
これは楽しそうだ。
フルート(笛)という楽器は、おそらく最も原初の形をとどめた吹奏楽器だろう。
これに太鼓が加わったら・・・笛と太鼓というのは最も原初の器楽アンサンブルだ、多分。
何か、呪術的なパワーが生まれそうな・・・気がする。

話は変わって。
なぜかはわからないが、太鼓は活力を生む。そしてメロディーは心に響く。が、最も感情を動かすのはハーモニーではないだろうか。
少なくとも自分の場合はそうだ。
皆さんの場合は如何ですか?

音楽の要素をこれらに分解してみた時、最もこころを揺らすのは「和声」ではないだろうか。
現代に癒しの音楽を響かすならば、笛(メロディー)と太鼓(リズム)に加え、和声を含めるべきだろう。
直感でそんな風に感じるのですが、どんなものなのでしょう?。


-今後のライブ予定-

2010年1月30日(土)
金井康子フルートライブ
赤坂カーサクラシカ
東京都港区赤坂3-19-9オレンジボックスビルB1
1st) 19:00, 2nd) 20:00),3rd)21:00入れ替えなし
マウワー:ソナタ ラティーノ
ボーリング:ジャズ組曲第2番全曲 他
金井康子(Flt) http://www.ongaku.org
志村和音 (Pf)
藤田浩司(Ds) http://www.kojifujita.com/
藤巻良康(Bs) http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
振り付け:a-jun
チャージ:3150円(税込み)
予約:03-3505-8577


2010年2月5日(金)
新宿歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/top.html
open 19:30 start 20:00
サヤケットセッション
岸さやか(Pf) http://blog.livedoor.jp/sayaketto/
藤田浩司(Ds) http://kojifujita.com


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1812

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Enero 24, 2010 3:27 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「出会いは続く 23 enero 2010」です。

次の投稿は「なぜソルフェージュ能力が必要なのか 25 enero 2010」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。