« うつ病の診断が広がり過ぎていることに懸念 | メイン | 結局働き続けてしまった・・・ 8 enero 2010 »

子どもの教育 7 enero 2010

姪っ子が手伝ってくれるというので、スタジオの看板補修と黄色いスタジオ壁面のシール貼りを急遽本日やる事に。
スタジオの看板はうまくいった。
20100106kanae-DrumStudioLaFiesta.jpg


が、壁に貼る文字のシール作りが問題。
型紙をパソコンで一文字四分割して出力し、それを貼り合わせて作るのだが、姪っ子佳苗のはやはり小学生の作業だ。
まだまだ雑で智恵がない。
私が何回かやり方を実演して見せながら教えると、その後は作業が進むにつれてみるみる上手になった。
これを音楽教育に当てはめてみれば、時間外に若い子をローディーとして連れて歩く事は、背中を見て育つその子にとってたいへんに得るものが大きいだろうという事が想像出来る。
教室で教授するにしても、たくさん実演してみせたり、生徒と一緒にセッションしてみる事が重要であろう事がわかる。
おそらく口頭による指導のみでは限界があるはずだ。
教えたのは上下左右の揃え方や貼り合わせの手順と注意点などのノウハウはもちろんだが、ものを作るときの気持ちが大切だという事。
話は国際情勢にまで飛ぶ。
なぜ日本がここまで豊かになれたのか、その源泉は私たちのどこにあるのか、などなど。

こうして小学生くらいの子と一緒に過ごしていると、思いは教育の問題に飛んでいく。
教育とは、計算や読み書きを教えれば済むというものでは決してないという事。
あるべきこころの姿やものごとの意味を伝えなくてはならないものなのだと思う。

私は詰め込み教育賛成派ではあるが、無味乾燥な詰め込み教育では決して子どもたちのためによろしくない。
生きてゆくための基盤となる知識の詰め込みは必要だが、詰め込むものごとには、然るべき重みを伴わせなければならないのだと思う。
音楽教育でいうならば、ただ上手に弾ければよいというものではない、という事になるだろう。
即席間に合わせで上手に弾けるだけでは意味が薄い。
「音楽」であるからには特に!
言葉では伝える事の出来ない事柄を、技術に重ねて伝えなければならない。
それにはお互いのインスピレーション・・・「直感」が大切だ。
そういったものの価値は数値化し難いがために置き去りとなりやすいのだが、しかし、最も大切なのはお互いの直感を通して伝わる何物かであり、また人間にとって大切なその直感に磨きをかける事が教育の神髄なのだろう。

-今後のライブ予定-

2010年1月30日(土)
金井康子フルートライブ
赤坂カーサクラシカ
東京都港区赤坂3-19-9オレンジボックスビルB1
1st) 19:00, 2nd) 20:00),3rd)21:00入れ替えなし
マウワー:ソナタ ラティーノ
ボーリング:ジャズ組曲第2番全曲 他
金井康子(Flt) http://www.ongaku.org
志村和音 (Pf)
藤田浩司(Ds) http://www.kojifujita.com/
藤巻良康(Bs) http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
振り付け:a-jun
チャージ:3150円(税込み)
予約:03-3505-8577


2010年2月5日(金)
新宿歌舞伎町ゴールデンエッグ
http://www.g-egg.info/top.html
open 19:30 start 20:00
サヤケットセッション
岸さやか(Pf) http://blog.livedoor.jp/sayaketto/
藤田浩司(Ds) http://kojifujita.com


2010年2月20日(土)
ナチュラルハーモニー2000
大網白里町ながた野1丁目7-7
☆tel:0475-72-7966
1st) 20:00, 2nd) 21:15
藤田浩司 http://kojifujita.com
癒しナイト! 詳細未定


2010年3月3日(水)
千葉県長生郡長南町「こどもの夢を育む事業」
藤田浩司 講演会 
千葉県長南町立長南中学校
〒297-0121 千葉県長生郡長南町長南2060
Tel:0475-46-1190
藤田浩司 http://kojifujita.com
講演タイトル未定


2010年3月18日(木)
藤田浩司ピアノトリオ
千葉倶楽部LOOK(注意:経営は同じですが、ROCKではないLOOKの方です。)
PCサイト→ http://clublook.main.jp/
モバイル→ http://clublook.main.jp/mindex.html
千葉市中央区新宿町2‐11‐1藤やビル2F
Tel:043-204-5569
19:30-
Charge \2,000 1drink付
藤田浩司(Pf) http://www.kojifujita.com/
藤巻良康(Bs) http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
加藤克樹(Ds) http://www14.ocn.ne.jp/~k2drums/Welcome.html


2010年3月20日(土)
DrumStudio LA FIESTA主催 第11回ドラマーズライブ
東部台文化会館大ホール
千葉県茂原市東部台1丁目7番15
Tel:0475-23-8711
13:30開場 14:00開演
お問い合わせ:ドラムスタジオ ラ・フィエスタ
千葉県茂原市茂原西7-21
Tel:0475-25-8999
http://la-fiesta.jp/pc/school/mobara.html
☆プロ・アマチュア問わずで総勢20名ほどのドラマーたちが集う、年に一度の名物大ドラムソロ大会!
もちろん私も演奏させて頂きます。


2010年5月4日(火)みどりの日
千葉市みどりの協会主催 藤田浩司ピアノライブ
稲毛記念館 http://www.cga.or.jp/004013/
千葉市美浜区高浜7-2-3
Tel:043-277-4534
13:00 Start
藤田浩司(pf) http://kojifujita.com
共演者未定


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1796

コメント (2)

鈴木 努:

仰せのとおりです。教育は国の根幹です。教育が国の将来を形作ることは歴史が教えてくれます。洗脳という場合もありますが、時の為政者により匙加減を変えることも可能ですよね…。家系に俗にいう先生商売をしている人間が多く子供の頃教育論なるものを聞かされ子供には良く理解できない話が多くて苦痛だった記憶があります。絵描きであった祖父と私などは突然変異か劣勢遺伝子が出たなどと陰では言われていたようですが(笑)まぁ資格は持っていてもたいした教育者では無いのでしょう。昨日近所の県立公園でコンガを練習していたら幼い男の子の兄弟がニコニコしながら近づいて来たので、「どうしたの?」と聞いたら、太鼓が好きだというので膝の上に乗せて叩かせあげると大喜び!その子たちが可愛かったのか散歩中のお年寄りも集まってきてしまい太鼓の先生状態になってしまいました。少し離れた所にいた幼い兄弟の母親が話しかけてきたのでよくよく聞くと公立小学校の音楽教諭だそうで、今は育児休業中だが復帰した際に学校で生徒の前で叩いてくれないかとのお話、楽器はあるが扱い方、演奏の仕方がまったく分からないから…ということなのですが、一応私の連絡先も教えてましたが、浅学菲才の身で公立学校の音楽の授業に参加は敷居が高いので実際そのような活動している藤田さんのホームページを教えておきました。私がお手伝いできることがあれば幸いです。しかし公園で練習してると子供とお年寄りばかり寄ってくるんだよな~、30才過ぎた頃から子供とお年寄りにはモテます。放蕩人生の中ありがたいことではありますが…。

>鈴木努さん

そういう風にして、音楽の輪が、打楽器の輪が、ラテン音楽の輪が自然と広がっていくの、いいですねー。
これからも愛の伝道師としてのご活躍を期待しています!!!!!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Enero 7, 2010 12:49 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「うつ病の診断が広がり過ぎていることに懸念」です。

次の投稿は「結局働き続けてしまった・・・ 8 enero 2010」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。