« 豪邸で痛飲! 6 mayo 2010 | メイン | ジルジャンのシンバル到着! 8 mayo 2010 »

エロティシズム 7 mayo 2010

「L'Erotismo / Francesco Alberoni」

オトコである限り、学ぶ以外におんなごころを知る術はない。

一般的にいって男性と女性は全く別の思考方法をとる事があるから、仲良く生きていくためには共に相手の事を学び相互理解を深める事が大切だろう。

「エロ」は男女差が最も際だつ部分であり、ここに学ぶべき事はたくさんある。


楽に楽しく生きて行くにはあるものをあるがままに認めなければならない。
その上での行動だ。

誰がなんといおうと、おとこらしさはたいせつにしなくてはならないし、おんならしさも同様。
そこをごちゃ混ぜに平等をうたう社会なんていびつで気持ち悪いぜ。

おとこはおとこであり、おんなはおんなである事の多様性を認めるからこそ、この世の中は明るく楽しくなるんじゃないか。

こんな時代だからこそ、物事のあるがままの姿を率直に見つめ直してみたい。

もちろん「アブノーマル」の例外を認め受け入れる姿勢も必要だ。
しかしアブノーマルはアブノーマルであって広く一般ではない。
それは良い悪いではなく、違うものは違うのだから別の捉え方をしなくちゃならないだろう。
アブノーマルにも幸せを!
もちろんノーマルとアブノーマルのあいだに優劣はない。
どちらが良いという事も悪いという事もない。
万物を見つめるに一定量のアブノーマルは必ず存在する。
それはそれであるがままの姿だ。
彼には彼の生き方がある。


教育。
しかし一般に教えるにはそこに配慮しつつも大多数のノーマルに対してそのあり方を教えるべきだろう。
おとこはおとこらしく。おんなはおんならしく。

変なところで「男女平等」をうたう輩がいるからには、オレはその反対を強烈にうたわなくてはならないと思っている。

おとこは男の武器を使ってこそ、おんなは女の武器を使ってこそ、道は開けるし人生は楽しいし、社会は豊かになるんじゃないかな。
自分の持っているエネルギーを素直に使うなら、自然にそうなると思うけどな。
そこは啓蒙していきたい。
これだけ「男女平等」がうるさくいわれる世の中ではあるが、堂々とそうして良いのだと気付いた者は、幸せを手にするだろう。
間違いない。

「男女平等」を教える学校よりも「オトコには男の武器、オンナには女の武器の使い方」を教える学校の方が魅力を感じるけどな。
その方が社会が活性化するのは間違いないだろう。
その方が世の中に幸せが増えるはずだ。
もちろん個人にとってもあるべきところにおさまる事が幸せであるだろう。


大体、「平等」だろうがなんだろうが、源を見つめれば「幸せ」であるための定義だろう?
「民主主義」という価値観も幸せに生きるための一つの方便に過ぎないとオレは思う。
幸せであるためにまずは教育。
こころのあり方を素直に見つめなければ幸せは見えてこない。
突き詰めて考えれば「幸せ」に実体はないのだから、その真実を正しく認識する事、それを助ける教育が必要だろう。
公教育で特定の宗教を教えたらいけないらしいが、それを見つけるのに宗教的体験は大きな力になるとも思う。
もったいない。
幸せを見つけられるなら仏教でもイスラム教でもやったらいいじゃないか。
特定のをやっちゃいけないなら、禁止よりもすべてやった方がよろしい。

あるいはそれを探すのに大きな役割を果たすのは「道徳」とかの時間じゃないか。

幸せはいびつな「男女平等」の中にはない。
むしろ幸せが「男女の違い」の中にある事は誰だって気付いているんじゃないか?

今、教育系出版業界にも新風が巻き起こっているという。
男女の違い、その素晴らしさを高らかに歌い上げるような本が、そんな教育が今、求められているんじゃないのかな。

まー芸術もその辺りを高らかに歌い上げる・・・殆どそれが全てだ。かなりなパーセンテージだ。

歴史をまっさらな目で見つめれば、芸術作品をまっさらな目で見つめたならば、男女の、人生の幸せな在り方なんて、一目瞭然じゃないか。
なんでそんな大切な事を学校できちんと時間をとって学習指導要領に入れて教えないんだ???

オレは「エロティシズム」についての講演をもやってみたいよ。
学校でね。

今週末はドラムでライブします。
こちらも楽しみだなっと。


-今週土曜のライブ&来週の長野ツアーご案内-

2010年5月8日(土)
金井康子フルートカルテット
浅草 ZINC href="http://music.geocities.jp/zinc_asakusa/">http://music.geocities.jp/zinc_asakusa/
東京都台東区雷門2-17-13 雷門ウスイビル 8F
tel 03-6680-2830
open 18:00 ~ 23:30
Charge 3,000yen
フルート:金井康子
ピアノ:志村和音
ベース:藤巻良康
ドラム:藤田浩司


2010年5月12日(水)
長野県上田市鹿教湯温泉 鹿野屋旅館
フルート:金井康子
ピアノ:志村和音
ベース:藤巻良康
ドラム:藤田浩司
詳細未定


2010年5月13日(木)
金井康子フルートカルテット
長野グルービー
ファイルをダウンロード
〒380-0826 長野県長野市大字南長野北石堂町1398
tel: 026-227-0480
1st 20:00(金井康子フルートカルテット)
2nd 21:30(ジャムセッション)
3rd (ジャムセッション)
参加費500円+1ドリンク
フルート:金井康子 http://www.ongaku.org
ピアノ:志村和音
ベース:藤巻良康 http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
ドラム:藤田浩司 http://www.kojifujita.com/


2010年5月14日(金)
小林千穂子(zazamama)
長野ZAZA
20:30 Start!
ファイルをダウンロード
〒380-0822 長野県長野市大字鶴賀南千歳町876-16
tel: 026-227-3191
ボーカル:小林千穂子
フルート:金井康子 http://www.ongaku.org
ベース:藤巻良康 http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
ピアノorドラム:藤田浩司 http://www.kojifujita.com/


2010年5月14日藤田浩司ラテンキューバン音楽講習会&特別レッスンin ZAZA
19:00より60分 ¥3,000(グループレッスンとなります)
場所:ZAZA 長野市鶴賀南千歳町876-16
お問い合わせ:ZAZA 026-227-3191
ファイルをダウンロード

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1918

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Mayo 7, 2010 1:46 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「豪邸で痛飲! 6 mayo 2010」です。

次の投稿は「ジルジャンのシンバル到着! 8 mayo 2010」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。