« 最も黒いビート 23 sept. 2010 | メイン | マドリッドへ 25 sept. 2010 »

クラークシュ 24 sept. 2010

昨日買ったストークプレミエレ330mlはややコク有り。
とはいえ、自分が考えるピルスナーの味ではないが、まあハイネケン的な。

朝食。
卵を焼く人が出てきたが、ものの10分でいなくなった。
あんまりサービス精神とか、ないのかねー?

ホテルの目の前にそびえるクトゥビアはその手のものとしてセビージャにあるヒラルダの塔の次に高いそうだ。
また、ここマラケシュのスークは世界最大らしい。
出てくるのに時間が掛かりそうでちょっと萎えるけど、また行ってみるか。

スーク。
広場からガイドに載っている通りに行ったら、道が真っ直ぐでまったく迷う感じではなかった。
スークにもメインストリートがあるようだ。
拍子抜け。
マラケシュ博物館やベン・ユーセフ・モスクを見学。

帰りに広場でオレンジジュースを飲む。
こんなにオレンジジュースを飲む事は人生でそうそうないだろう(笑)
だがつぶつぶ感のあるピュアなオレンジジュースはマジ美味いのである。
20100923Naranja.jpg

午後。
再び広場からスークへ。
(写真:広場からスークへの入り口)
20100923TheEntranceOfSouk.jpg


ベン・ユーセフ・マドラサというパティオを見逃した事に気付いたのでそれを探しに行く。
いやー迷った迷った。
全然見つからなかったんだけど、諦めた頃目の前に登場。
しかし帰り道も迷う。
行ってみて違うと感じたら確信のあるところまで引き返す。
これをマメに繰り返し、這々の体でスークのメインストリートに復帰!

今回、行きに楽器屋を見つけたんだけど、帰りには見つからない。
広場でいったんオレンジジュースを補給し、再びスークへ。
ほどなくして右に入った路地に楽器屋発見!

色々な民族楽器について説明を受ける。
三弦のゲンブリ、胴体はオリーブの実らしい。
それに動物の皮、ナイロン弦。
これをつまびく。

ジェンベとダラブーカは似たようなものかと思っていたら、明確に区別があるそうだ。
ダラブーカにもジプシーのものとマラケシュのものがある。

指シンバルもいい感じ!

それから超小振りなカホンがあった。
指先で演奏する。
いや、カホンに見えたけれど、これには動物の皮が張ってあるそうだ。
四角い、本みたいな太鼓。

2連カスタネットは「クラークシュ」というそうだ。
プロ用のものは大ぶり。
これを買う事にするが、いかんせん旅の終わりで手持ちの現地通貨がない。
仕方なく帰ろうとすると180DHと言っていた値段がいきなり100DHに下がった。
この国の物の値段は難しすぎる!
先日買った布も150DHといわれ、すぐに100DHに下がり、しかし20DHで売り出しがあり、今日はそれがたったの10DH!
なんなんだよ!
オレ、こういうの苦手!

手にしてみるとクラークシュはやはり鉄製だ。
20100923Kracsh2.jpg

その後、またまたビール購入の為のみに新市街へ!
バス1番。

モロッコ、良いところも多々あるけれどマラケシュの排ガスではオレ、生きていけないな・・・。
気管支が弱いから今回かなりその点参ってます。
キューバのハバナとかは貿易風が吹いて逃げ場があるんだけど、マラケシュはダメだ。

本日はフラッグ・スペシアレとカサ・ブランカ。
フラッグ・スペシアレはドライではあるものの、ぎりぎりのピルスナー。
今回一番気に入った。
モロッコのビールは意外や意外、西洋の味がする。
カサ・ブランカはドルトムンダーだろう。
エビスみたいな感じ。
20100923FlagSpeciale%26CasablancaBeer%26Kracsh.jpg


今、手持ち200DHしかないが、明日の朝無事に空港まで辿り着けるだろうか・・・
ものの本によると空港までは80DHらしいが、早朝なので割増が予想される。
いやードキドキするねー。

夜はもちろんフナ広場を堪能して・・・明日は初スペイン!
中南米はさんざんに行っているけれど、いよいよ本国送還。
初めてのヨーロッパ大陸です。

明日の朝を乗り切れば、アラビア語やフランス語とおさらばだー!
ちなみにアガディールくらいの規模ではダメでしたが、マラケシュは英語が通じる場合も多々あります。


*藤田浩司ライブ予定*

2010年10月9日(土)ギャラリー ウエストヒルズ『いのちを愛するものたちのコラボレーション ?新月を愛して?約束の青』
10月9日(土)イベント貸切日 ギターとピアノの生演奏と朗読、展示、他
 12:30開場 13:00開演   16:00開場 16:30開演 
 それぞれ定員20名です。チケットお一人2,500円
 尚、通してご覧の方は、特別共通チケット4,000円となります。(少数の為、要予約)
参加アーティスト; ギター;平野壮、 ピアノ;藤田浩司、 パワーストーンアクセサリー;Kaju☆かじゅ、絵画;Yoshi、 花・色彩;風戸彩耶加
場所;生命の森リゾート(ふる里村)内『ギャラリー・ウエストヒルズ』
長生郡長柄町上野471ー12
外房線誉田駅より専用マイクロバスあり。土気駅より車15分


2010年10月22日(金)
ナチュラルハーモニー2000
大網白里町ながた野1丁目7-7
☆tel:0475-72-7966
1st) 20:00, 2nd) 21:15
藤田浩司(Pf) http://kojifujita.com
藤巻良康(Bs) http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
小林勝彦(Ds)
炎のファンキーラテンキューバンナイト第2弾!


2010年11月14日(日)茂原混声合唱団「四季」第18回定期演奏会
東部台文化会館
茂原市東部台1-7-15
13:30開場 14:00開演
チケット1000円、高校生以下500円
全席自由
指揮:中川知夫
ピアノ:菊元睦
ベース:藤巻良康
ドラム:藤田浩司


2010年11月24日(水)茂原市立豊田小学校
藤田浩司打楽器Duo
藤田浩司Perc.&Piano、高崎洋平Perc.)
千葉県茂原市立豊田小学校


2010年12月17日(金)
千葉県茂原市東部台文化会館大ホール
千葉県茂原市東部台1丁目7番15
Tel:0475-23-8711
「UMIBOUZ」
藤田浩司(Pf&Dr) http://www.kojifujita.com/
五十嵐洋平(Marimba&Perc)


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner?藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/2079

コメント (2)

匿名:

お~浩司師匠!

最近ツイッターで見かけないと思ったら、旅立っていたのですね。

モロッコ&スペイン音楽の旅、楽しそうでよいですね~♪
モロッコって、英語通じないのか。

スペインは、どこぞに行かれるんですか?
フラメンコ音楽のメッカ、ヘレスに憧れてます。

ご帰国の折りには、ぜひまたたんまりと
土産話を聞かせてください。
よろしくお願いします。

道中、くれぐれもお気をつけて。

マヤキータ

藤田浩司:

>マヤキータちゃん

へレス!気にはなっていたけれど寄る事は出来なかったなー・・・。
セビージャから1時間くらいだったんだよね。
シェリー酒も気になっていたところ(ハァト)


今回はカラオケ、予定が合わなくてご一緒出来ず残念ですが、またいずれ!
というか、久々に飲んでよー!?

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Septiembre 24, 2010 6:24 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「最も黒いビート 23 sept. 2010」です。

次の投稿は「マドリッドへ 25 sept. 2010」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。