« クラークシュ 24 sept. 2010 | メイン | マドリッドの辻音楽師 26 sept. 2010 »

マドリッドへ 25 sept. 2010

3時半起床。
4時半にチェックアウト。
マラケシュの空港まではタクシーですぐ。
100DH。

搭乗口。
ライアンエアーの搭乗ゲートはぎりぎりまで何番なのか表示されなかった。
メキシコのカンクンみたいだ。

マドリッドまでは2時間弱の空の旅。
時差は2時間。

空からみたマラケシュの街は赤くて、土の色と同化していた。
どこまで行っても乾燥した荒廃した土地が続く感じ。
森とかないから、ここで生きて行くのは大変だろう。

眼下に地中海を見下ろしてアフリカ大陸を去ると、ほどなくしてヨーロッパ大陸の上空へとやって来た。
おおっ、確かに街がヨーロッパっぽい!

マドリッドのバラハス空港までに到着。
パスポートコントロールは恐ろしいほどのスムーズさ。
懐深いぜ、ヨーロッパ!

さて市内へは地下鉄で。
これまた非常にスムーズかつ安全な雰囲気。
さすがは先進国だ。

チュエカ駅を降りて宿を探すも、予想位置を通り過ぎてしまった。
広場から今来た道を注意深く引き返すと…ビルの1階入り口付近に小さ~くホテルの名前が出ていた。
アパートの一室を改装しているらしい。
宿はとても狭いが、一応全て揃ってはいるし文句は言うまい。
何しろここは物価の高いヨーロッパ。
こうしてみると同じ様な値段でもマラケシュのホテルはそれなりに豪華であったなあ。

早速街に出る。
のどが渇いていたのでまずはコカコーラライト0.75ユーロ。
こちらに到着してからマドリッドに関しては何のガイド資料もない事に気付く。
ま、ひとまずはグランビア駅周辺からプエルタデルソル、さらに王宮周辺へと歩いてみた。
プエルタデルソルには辻音楽師がいたけれど、クラリネットとかアコーディオンとか、なんだかヨーロピアンだ。
黒人トランペッターもいた。

辺りには日本からの方かなあという観光客の姿もちらほら。
マドリッドは憧れの観光都市だもんね。

一通り観光する途中、なんと「シメイ」の看板を掲げたバルを発見してしまった。
王宮のとなり、アルムデナ寺院の前、マヨール通りを1ブロック行ったところにある素晴らしきバル!
20100924Palacio.jpg
(王宮)

20100924Almudena.jpg
(アルムデナ寺院)

20100924PlazaMayor.jpg
(マヨール広場)

スペイン滞在最大の目的は…そう、バルで飲むことであった。
トラピストビールを頼もうと思って入ったら、なんとWeihenstephanのバイツェン生を発見!
20100924Weihenstephan.jpg

思わず頼んでしまったーーー!
うまぁーい!
当たり前だが美味い。
これは瓶1本日本のスーパーで500円くらいで売っている事もあり、目にしたら必ず買うビール。
この生がわずか200円ちょいで飲めるとはー!
しかもきちんとヴァイツェン用のグラスに注がれて出てくる。
マドリッドでは酒に溺れることにしよう。

次いであのデュベルが出している「トラッペ」というヤツの生を注文する。
20100924LaTrappe.jpg

当たり前だが…うまぁーい!
こ、これがわずか200円ちょいとは…スペイン恐るべし!
こちらもきちんとデュベル用のグラスに注がれて出てきた。

タパスも全然大した値段ではない。
これらも一品200円くらいだ。
チーズもサラミもツナも美味いぜ!
いやー参ったなーヨーロッパ(ハァト)

ちょっと覗いていたら、バルによって相当ビールのチョイスにバラツキがあるようだ。
1番多いのはやはり「マオウ」ビールだが、これは別に取り立てて飲みたくはならないビールだ。

「ダフ」ビールというのは結構人気があるらしく良い値段。
ここのバルではその他ババリアの生、アイルランドのムーフィーズ生、ギネス生などが置いてあった。
スコールの看板もあった。
見ていると、瓶を注文する人も多いようだ。

いやー、この極楽からは去り難いぞ…

・・・その後、ベルギーのハイアルコールビールを立て続けに飲んでしまっては当たり前だが、宿に帰って撃沈。
起きたらもう22時!
あわてて事前に調べておいた宿至近にあるジャズクラブへと出掛けてみる。

宿を一歩出てみたら・・・ここいらへんはChueca地区という繁華街らしいのだが、夜の方が人が多いのにびっくり!
すごい賑わいだ。
バルも混み過ぎていて、少々入る気にならない。

で、ジャズクラブ。
見つかりませんでした。
と、いうか何かの理由でなくなっちゃったみたいです。
うーん、残念。

グランビアからソル、プラサマヨール辺りまでぶらぶらと散歩。

途中売春婦が腕に抱きついて離れない。
男一人でいると、どこの世界に行ってもこれは必ずある。
以前ブラジルのリゾート地で道路の筋向かいから大声で声を掛けてくる鬼のような売春婦がいたが、それに比べたらかわいいもんだ。
しかし、売春婦というのはなぜ一目でそれとわかる顔を作るのだろうか・・・。

お次は初めて!
「コカイン」と麻薬の売人から声が掛かった。
こちらもあまり危険な感じはしない。

さすが大都市には色々なお方がいらっしゃるようで。
20100924-0100AMChueca.jpg

*藤田浩司ライブ予定*

2010年10月9日(土)ギャラリー ウエストヒルズ『いのちを愛するものたちのコラボレーション ?新月を愛して?約束の青』
10月9日(土)イベント貸切日 ギターとピアノの生演奏と朗読、展示、他
 12:30開場 13:00開演   16:00開場 16:30開演 
 それぞれ定員20名です。チケットお一人2,500円
 尚、通してご覧の方は、特別共通チケット4,000円となります。(少数の為、要予約)
参加アーティスト; ギター;平野壮、 ピアノ;藤田浩司、 パワーストーンアクセサリー;Kaju☆かじゅ、絵画;Yoshi、 花・色彩;風戸彩耶加
場所;生命の森リゾート(ふる里村)内『ギャラリー・ウエストヒルズ』
長生郡長柄町上野471ー12
外房線誉田駅より専用マイクロバスあり。土気駅より車15分


2010年10月22日(金)
ナチュラルハーモニー2000
大網白里町ながた野1丁目7-7
☆tel:0475-72-7966
1st) 20:00, 2nd) 21:15
藤田浩司(Pf) http://kojifujita.com
藤巻良康(Bs) http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
小林勝彦(Ds)
炎のファンキーラテンキューバンナイト第2弾!


2010年11月14日(日)茂原混声合唱団「四季」第18回定期演奏会
東部台文化会館
茂原市東部台1-7-15
13:30開場 14:00開演
チケット1000円、高校生以下500円
全席自由
指揮:中川知夫
ピアノ:菊元睦
ベース:藤巻良康
ドラム:藤田浩司


2010年11月24日(水)茂原市立豊田小学校
藤田浩司打楽器Duo
藤田浩司Perc.&Piano、高崎洋平Perc.)
千葉県茂原市立豊田小学校


2010年12月17日(金)
千葉県茂原市東部台文化会館大ホール
千葉県茂原市東部台1丁目7番15
Tel:0475-23-8711
「UMIBOUZ」
藤田浩司(Pf&Dr) http://www.kojifujita.com/
五十嵐洋平(Marimba&Perc)


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner?藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/2080

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Septiembre 25, 2010 1:35 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「クラークシュ 24 sept. 2010」です。

次の投稿は「マドリッドの辻音楽師 26 sept. 2010」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。