« パパダイキリ 25 oct. 2012 | メイン | 決めた! 27 oct. 2012 »

ラム酒の飲み比べ&生ライムVSエトナ・ライム100%VS生レモン 26 oct. 2012

今晩はクーバ系のロン(ラム)を飲み比べ。
バカルディはクーバ革命によって国外へ落ちのびたけれど、クーバ伝統のロン。
アバナクルブはバカルディを接収して作り始めたクーバのロン。
一番左は比較対象用に購入したもの。

バカルディゴールドうまい!
こちらがハバナクラブ3年より安いだなんて、ちょっと信じられない。
大量流通のタマモノですな。
いやーふくよか。
ハバナクラブ3年はこれよりドライ。
まあ当たり前か。
しかし、郷愁を感じるのはこのハバナクラブ3年。
まさしくキューバの味。
あちこちの家や飲み屋、それこそチャンギートが振舞ってくれたのもこれ。
様々な記憶と共にある味。
こういうロマンみたいなものは、大切だよな。
カラードはダメだ。
自分には味わいが感じられない。
同じホワイトなら断然バカルディが良いと思う。

次にレモンと合わせての飲み比べ。

バカルディゴールドでは、どう言えば良いかわからないが、ハバナクラブ3年と比べるとラムが立ち過ぎる感じ。
感想として、ゴールドはストレートで頂いた方がその甘味やふくよかさを味わうことが出来ると思った。
ハバナクラブ3年、やはりこれだよねという味。
脳裏に刻まれているのは、やはりこの一本だ。
バカルディホワイト。
うーん、自分にはドライ過ぎる感じ。
カラードはダメダメ。
アルコールが浮いている感じ。
いやー参った・・・。
そんなわけで、レモンと合わせるなら断然ハバナクラブ3年が抜きん出ている。
やはりこれで覚えてしまっているので、もしかしたら自分の判断には判官贔屓も入っているのかもしれない。
しかし、これ、ハバナクラブ3年とレモンの組み合わせが一番美味しく感じる。
ストレートで飲むならバカルディゴールド、カクテルにはハバナクラブ3年ってところか。
まあカクテルといっても種類やレシピは色々あるんだろうけれど、ひとまずダイキリやモヒートに関しては。


さて、本日のメインエベント。

何かの評価の高いエトナ社のシシリー産ライムジュース100%を生ライムと飲み比べてみる。
まずは果汁のみ。
エトナのライムジュースはなんというか・・・清涼飲料水の匂いと味がする。
そして生果汁にはある濁りがまったくない。
しかしこれにはつくられた、自分の脳裏に「ライム」という名で記憶されている香りがある。
ライムと聞いて、残念ながら自分が思い出すのはこの味この香り。
だから身の回りではライム系といえばこの味付け、香り付けが多いに違いない。
そんな味、香りだ。
しかしそれは、生と比べれば実は全くの別物だった。
同じ果汁100%なのに、不思議だ。
生のライムは非常にふくよか。
そしてレモンより辛味?苦味?みたいな味がある。
ドライってわけではないんだけど、重い感じ???
レモン。
エトナのライムジュースより、生のレモンの方が断然好ましい。
この果汁感は生でなければ出ないのだな。
爽やかに飲みたいのなら、レモンの選択肢はアリだと思う。
果汁感という点で一致するのは生ライムに生レモン。

今回の実験の結果、瓶詰めライムジュースという選択肢は自分の中では消えた。
ライムで割ったものはやはりキューバを思い出す味ではあるが、コスパに優れるレモンはアリだなあ。。。
そう、この美味しさをカジュアルなお値段で、という事になればレモンしかない。
あくまで本格派にこだわるならライム。
しかし、郷愁というものを別にすれば、レモンは美味いよ、うん。

特にモヒートではスペアミントの香りが強いから、これにレモンはアリだと思う。
ダイキリは今、半ばあきらめかけ中orz。
フローズンカクテルはベストな状態をキープしてご提供するのが難しいと思った次第。


最後にエトナと生レモンでそれぞれモヒートを作ってみた。

いや、しかし。。。
あの缶で出ているバカルディモヒートに近いのは、生レモンのモヒートよりエトナの100%ライムジュースで作った方だ。
カクテルは合わせ技だから、単体の味が優れているからどうの、と一概に決める事は出来ないのだな。
エトナ、モヒートを作ってみたらかなりそれらしい味がする。
レモンはもちろんレモンの味がする。
これはこれで美味しいけれど。
このレシピは存在するが、これだけ味が違うと、なぜどちらでも良いのか、わからなくなってくるな。。。
いや、奥深い。
うーむ。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

*藤田浩司ライブスケジュール*

2012年11月17日(土) 参加型リズムアンサンブル講座 「ボディパーでリズムと友達になろう」 
講師:藤田浩司 http://kojifujita.com
茂原Live☆Space PIANISTA ライブスペース・ピアニスタ
http://www.pianista.info/
千葉県茂原市茂原西7-24
080-2294-9549
時間:15:00-17:00(オープン14:30)
※参加費1000円+ドリンク1オーダーお願いします。
内容:◎目からウロコの二拍子(二拍子の取り方とは)◎仰天メトロノーム(メトロノームのリズミックな使い方)◎お互いにリズムを合わせるための波動(裏打ちとは)◎リズムアンサンブル実践(ボディーパーカッションによるオリジナルリズムアンサンブル二題)
小さなお子様からシニアまで初心者でもプロの方でも誰でもOK、幅広い年齢層からのご参加をお待ちしています。
どなたでも一緒に演奏出来る参加体験型の教養講座です。
道具(楽器)を使わないので、楽器演奏の経験さえも不問です。
☆レクチャー終了後、居酒屋営業します。17:00-22:00 LO21:30(こちらは参加費かかりません。こちらだけでも気軽にフラッとどうぞ!)
予約はこちらから → reserve@pnianista.info

楽器は使いません。
ボディーパーカッションや声を使ってリズム感を養います。
吹奏楽関係の子たちや、バンドやってる子に最適ではないかと。
あとは音楽関係の先生とか。

どんな楽器でも歌でも、必ず何かしらの流れ、リズムをともないます。
音楽に生命を吹き込むのがリズム、そのリズムを根源的な力で動かせたならば、その演奏は非常に生き生きとしてくるでしょう。
そんな悩みを抱える演奏者にも、なにかがわかるキッカケとなってくれたらと考えています。
参加費は1000円+1ドリンクオーダーですが、レッスンや音楽セミナーだと考えたならば破格の受講料だと思います。
フィエスタで行われている独特なレッスン内容に興味をお持ちの方も、その一端に触れる事が出来ますので、もし宜しければご参加下さい。

2012年12月20日(木) 癒し隊
茂原Live☆Space PIANISTA ライブスペース・ピアニスタ
http://www.pianista.info/
千葉県茂原市茂原西7-24
080-2294-9549
1st19:30, 2nd21:00 Open18:45 - Close24:00 LO23:30
charge 大人\2000yen、高校生\1400yen、中学生以下\1000yen
藤田浩司(Pf) http://kojifujita.com
藤巻良康(Bs) http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
ピアノとベースのデュオで癒しナイト!あのしっとり感が約三年振りに帰ってきます。 

2013年1月18日(金)  藤田浩司 ラテンジャズスマイル
茂原Live☆Space PIANISTA ライブスペース・ピアニスタ
http://www.pianista.info/
千葉県茂原市茂原西7-24
080-2294-9549
1st19:30, 2nd21:00 Open18:45 - Close24:00 LO23:30
charge 大人\2000yen、高校生\1400yen、中学生以下\1000yen
藤田浩司 ラテンジャズスマイル
藤田浩司(Pf) http://www.kojifujita.com/
藤巻良康(Bs) http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
安部泰朗(Conga) http://heihatiroude.gozaru.jp/
小高 洋(Ds)


------------------------------------------------------------------------------------------------------------


お子様の音楽教室ご入会強化月間、ただ今入会金無料サービス中です。
グランドピアノはヤマハのC5の上のランク、デジタルピアノはあのクラビーア社ノードステージです。
気になる方は無料の体験レッスンもどうぞ気軽にご利用下さい。
子どものためのピアノレッスン
児童・幼児のためのピアノアドリブコース


定番の「総合ドラム科


ラテンキューバンは世界のベストセラー、難解ですが非常にためになると評判の「ラテンキューバンドラム教本1・2」と共に本格レッスン。
キューバンスタイルドラム科


音大受験コースでは東京芸大、東京音大にも合格者を出しています。
音大受験コース(小太鼓)


音大受験のソルフェージュで伸び悩んでいる方はおいで下さい。
ソルフェージュが特に難しい東京芸大、桐朋学園音楽部門等にも合格者をだしているコースです。
上級者対応可能です。
音大受験のためのソルフェージュコース


ゆったりとした気持ちで音を紡ぎ出してみましょう。簡単です。が、しかしサマになるアドリブを誰でも弾けるようになります。
自ら弾いて癒される 癒しのピアノコース


定番のポピュラー系ピアノコース!
ジャズピアノ科
ラテンピアノ科


ハンドパーカッションのコースもあります
トゥンバドーラ(コンガ)科


ピアノ教室、ドラム教室、ソルフェージュ教室、無料の体験レッスン実施中!
お問い合わせはこちら↓
lesson@la-fiesta.jp
080-2294-9549(留守電モードの時には希望コース、お名前とご連絡先をメッセージとしてお残し下さい)

茂原、外房、千葉県・・・にとどまることなく日本各地よりレッスンにおいで頂いております。
DrumsStudio LA FIESTA(ドラムスタジオ・ラ・フィエスタ)音楽教室部門
千葉県茂原市茂原西7-23

(左の黄色い建物がDrumStudio LA FIESTA、右奥がLiveSpace PIANISTA)

お問い合わせ下さい→lesson@la-fiesta.jp
080-2294-9549

千葉・茂原、首都圏で幼児のピアノ教育ならココ→クリック

千葉・茂原、首都圏で幼児の打楽器教育ならココ→クリック

千葉・茂原、首都圏で幼児の音楽教育ならココ→クリック

DrumStudio LA FIESTA(ドラムスタジオ・ラ・フィエスタ)では音大入学後、また、プロの演奏家になった後にも役に立つ「生きたソルフェージュ」を学びたい音大受験生を募集しています。
音大受験のためのソルフェージュコース
(http://la-fiesta.jp/pc/school/mobara.html )

違いを知る方法は色々とあるかと思いますが、困った時にはおいで下さい。
DrumStudio LA FIESTA(ドラムスタジオ・ラ・フィエスタ)
☆総合ドラム科
☆キューバンスタイルドラム科
☆トゥンバドーラ(コンガ)科
☆音大受験コース(小太鼓専攻)
☆音大受験のためのソルフェージュコース
☆ジャズピアノ科
☆ラテンピアノ科
☆幼児・児童のためのピアノアドリブコース
☆自ら弾いて癒される、癒しのピアノコース
☆音楽家・打楽器演奏家の為の身体動作マスタークラス
☆ピアノ教師のためのジャズポピュラー理論講座3ヶ月コース(全9回)
(http://la-fiesta.jp/pc/school/mobara.html)
お問い合わせ、ご質問、体験レッスン申し込み等はこちらから


高井戸音楽スクール
所在地:東京都杉並区宮前1丁目20番32号
TEL:03-5336-7744
☆音楽家・打楽器演奏家の為の身体動作マスタークラス(少人数グループレッスン)月2回(水)1回50分レッスン
ルーディメンツ&ボディー・グルーヴ・ドラミング(Rudiments & Body Groove Drumming)
音楽家・打楽器演奏家のための身体動作 -「波動」と「軸」の動きを体得しよう -
☆ルーディメンツ専科(少人数グループレッスン)月2回(水)1回50分レッスン
☆藝大受験(管・打・声楽)のためのソルフェージュコース(少人数グループ聴音レッスン)月2回(水)1回50分レッスン
☆キューバンスタイルドラム科(個人レッスン)月2回(水)1回50分レッスン
☆ラテンキューバンピアノ科(個人レッスン)月2回(水)1回50分レッスン
以上各科講師:藤田浩司
場所は環八と五日市街道の交差点より少し京王線高井戸駅に近い辺りです。


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner?藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/2804

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Octubre 26, 2012 12:52 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「パパダイキリ 25 oct. 2012」です。

次の投稿は「決めた! 27 oct. 2012」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。