« Mayo 2018 | メイン

Junio 2018 アーカイブ

Junio 7, 2018

文教大学第9回「打楽器演奏の基礎」 7 junio 2018

これから3回は演奏技術についての講義となります。
純粋に楽器を演奏するために必要となる肉体のコントロール術について。

まずは身体の発する力がどのようにして楽器に伝わるのかを理解する。
ちからは波として伝わるわけですから身体動作としては平行移動は御法度です。
ちからの伝わったところが盛り上がるというのが自然。

「手首を使う」という事はドリルのようにひねるんだよと。
ぶれない人差し指を軸として、ハチドリの羽のように手のひらをひらひらとさせる練習。
「手首を使う」というと、勘違いして手首をカクカクさせてしまう人が多いけれど、スティックを持たずにその動作をそのままやったら「猫パ~ンチ!」みたいになってしまい。まったく力が伝わらないよね、と。
これはおかしいでしょ、と。
逆に、手首をドリルのようにひねれば、それはボクサーのパンチのようにパワーがかかって見えますね、と。

「リラックス」という言葉も誤解されやすいですが、当然寝ているかのようなリラックスは演奏する時にふさわしくないわけで。
リラックスは必要な力を必要な時に十分かけるためにあるわけで・・・寝ているかのような腑抜けの演奏よりはまだ力んでいるくらいの方が感動はありますね。
楽器にかけるパワーと共に振りかざす自分の力を過不足ないところで納めるように使う「支えるちから」が非常に大切ではありませんか、と。
それは日常生活の中、普通に見る事の出来る光景であり、例えば友達の肩を叩く時、握手する時、ガッツポーズを取る時・・・全ての動作が対象との接点でピタッと収まっているわけです。
肩をサワサワッとちからなく触ったら気持ち悪いし、逆に内部に打ち込むように叩いたら険悪になります。
握手だってちからが足りなければ頼りなく感じますし、逆に強過ぎれば挑戦的に感じますね。
ガッツポーズ取る時に支える力が足りなければその手はブレて、まったくガッツは感じられなくなります。


基本打法では一切無駄な振りを排し、動作がきれいな一筆書きとなる様に、また居合抜きの様に前振りなく、また打撃した後の戻りも次に同じ音を求める場合には歪みなく開始位置に戻りましょうという事で。
その構える位置は欲しい音の音量と音価によってまずは必ず一定になる様にしましょうと。
それが出来た上で、ロックのオフビートのポイントとかは当然ダウンストロークで演奏しましょうかと。

教室中まわって共に机を叩きました。
机だって打てば響く・・・心構えにより楽器として鳴ってきます。
常に全身、全力でやろう、と。

しかし本日、涼しかったせいかエアコンが切れていたのでこれだけやれば汗だくになるのは当然として・・・ここのところ息が切れるんですよね。
確かに相当動き回ってはいるものの、トシ・・・ですかね、やはり(>_<)

ところで今日は今までより欠席者が目立ちましたが、何かあったのでしょうか?
いえ、連番での欠席が目立ちましたので・・・
そのかわり今回、途中退席は一人もありませんでした!!

次回は「鍵盤楽器演奏の基礎」となります。
どのように鍵盤上で指をきれいに踊らせるのか、ボードを指で叩いてもきれいに揃った調子の良いリズムと粒だった音量で表現する技術について学びます。





   -------------------------------------------------------------------


*藤田浩司ライブスケジュール*

2018年6月8日(金)「宿中屋」温泉旅館 ピアノソロコンサート
浜辺の湯・浪漫の歌 宿 中屋 http://www.nakayahotel.com/
〒299-5503 千葉県鴨川市天津3287
TEL:04-7094-1111 FAX:04-7094-1115
start 20:00 - end 20:30
藤田浩司(Pf) http://www.kojifujita.com

続きを読む "文教大学第9回「打楽器演奏の基礎」 7 junio 2018" »

Junio 14, 2018

文教大学 第10回「鍵盤楽器奏法の基礎」 14 junio 2018

美しい音、美しい旋律、美しいハーモニーにくるまれてしまうと、指の運動の合理性とか、そういったものがかえって見えづらくなってしまう感じってありませんか?
そこで無味乾燥、単純な指のトレーニングに楽器を使用する事なく、机の上やボード上でそれを行う事により、運動の合理性について気付きが多くなると感じています。
今回は純粋に、鍵盤楽器を弾く時の「合理的な運動」についての考察とトレーニング。

身体をメカとして捉え、いかに合理的に動作させるかという事に焦点を当てて解説、そして実習。

手の形は寝ている時の様な抜け具合で鍵盤上におきます。
中指とか、長い指は縮こまりやすいですが、他の指より鍵盤の奥を狙うべきでしょう。
余分なちからを抜いて指にストレスのかからない状態をキープしつつ、必要な力はドーンとかけます。

基本は腰から湧き出るちから。
それを波動に従って末端へ伝えるというのが大原則。
指先だけで弾くという事はありませんよね。
とはいえ、タッチは非常に大切ですが。
そのタッチは基本的には「コツン」と乾いた感じでまさに「弾く(はじく)」べき事を確認。
どんなに小さな音やゆっくりとした流れにおいても一つ一つのタッチはまさに「つま弾く」ような感触を伴ってなされる事を確認。
別のたとえで言えば、指で叩いて演奏するボンゴで良い音を導き出す時のようなスナップが必要である事

これらをいちいち教室中まわって机の上で指をぱらぱらっと何かのパッセージを弾くように運動させ、その机の振動を学生に感じ取ってもらう。
教室中で「すごい」と声が飛び交いましたが、合理的に運動させれば軽々と演奏しても打たれる側の机に快適で大きな振動が伝わります。
これをもって演奏すれば、アコースティックな楽器の響きが違うのは当然。

指の動きと手首をひねる動きの連動性なども確認。
こういった事もメカとして捉えた場合、打楽器の奏法と基本的な部分はほぼ同じ。

レガートもスタッカートも「打鍵」のスタイルは変わらず、その後に続くフォローの仕方によってレガートやスタッカートを作る事を確認。

他の指より短い親指の問題。
ゆっくりたっぷりと弾くなら、積極的に腕の前後動作を使い、それぞれの指は鍵盤のベストポジションを狙う事、一方速いパッセージを弾く時にはストレスのない手の形を優先して、場合によって長い指は黒鍵の間を弾くくらい奥に入っても良い事などを確認。

クラシックで習うようなスケールは、たとえば鍵盤の左右一杯スケールを引き切るとして、その途中を切り取れば全て「1-2-3-1-2-3-4」あるいは「3-2-1-4-3-2-1」に集約される事を確認。
長音階や短音階は鍵盤の端から端まで弾いた場合、途中を切り出せばどの調性でもこの運指の繰り返しにおさまるわけです。

その他、頻出の運指を実習。

さて来週は早くも試験を兼ねた即興実技について何をどうやるのか、希望を取っていきます。
講義終了後、私の周りに来た学生から「もうですか!?」と声が出ましたが、ホント早いですね。
やっと慣れてきたこのクラスとも講義終盤を迎えます。。。
そういえば今回は「先生、キャラ最高」と言われました。
何をやった時だったかな(^^;)




   -------------------------------------------------------------------

*藤田浩司ライブスケジュール*

2018年6月15日(金)「宿中屋」温泉旅館 ピアノソロコンサート
浜辺の湯・浪漫の歌 宿 中屋 http://www.nakayahotel.com/
〒299-5503 千葉県鴨川市天津3287
TEL:04-7094-1111 FAX:04-7094-1115
start 20:00 - end 20:30
藤田浩司(Pf) http://www.kojifujita.com

続きを読む "文教大学 第10回「鍵盤楽器奏法の基礎」 14 junio 2018" »

Junio 16, 2018

永遠の0 15 junio 2018

5年???くらい???経って映画の「永遠の0」を初めて見ました。

個人的にはもう何十年とそれこそ高校生の頃から過去の戦争の歴史を掘り返しております。
いえ、当事者としてのみならず歴史上の様々な。

しかし当時は大変だったのでしょうね、色々な意味で。
歴史は連綿と続いております。
これからどう生きていくのか・・・私たちに問われる課題です。
一所懸命に一日一日積み重ねて参りましょう。
平和の続く事を願います。
おんあぼきゃべいろしゃのうまかぼだらまにはんどまじんばらはらばりたやうん

   -------------------------------------------------------------------

*藤田浩司ライブスケジュール*

2018年6月8日(金)「宿中屋」温泉旅館 ピアノソロコンサート
浜辺の湯・浪漫の歌 宿 中屋 http://www.nakayahotel.com/
〒299-5503 千葉県鴨川市天津3287
TEL:04-7094-1111 FAX:04-7094-1115
start 20:00 - end 20:30
藤田浩司(Pf) http://www.kojifujita.com

続きを読む "永遠の0 15 junio 2018" »

Junio 21, 2018

第11回「音楽を生み出す身体動作の実際」 21 junio 2018

今回は講義の本題より実技試験の振り分けがメイン。
これまで出欠の確認を兼ね、いちいち名前を呼んでは希望を取っておりましたが、今回はそれを断念。
218名となると、90分中、実技試験の説明に15分かけるとして、最低でも講義本題を20分やりたいとして、希望を取るだけでも講義時間中に一人当たり15秒程しかない計算。。。
絶対に無理なので今回は初めて用紙を配って記入してもらうかたちに。

机間を疑問質問に答えながらまわりました。
が、すべての生徒が質問してくるわけではないし、微妙な編成のグループも出来ちゃったなー。
ハンドクラップ2人に机たたき2人とか、ちょっと今までにないかたちが・・・
いや、アドリブ、それだってやりようによってはもちろん面白く出来るとは思いますが・・・
たしかに手拍子も机叩きも今まで講義でやっていますしね。
だけどそういうの、かえって難しいと思うよ(^^;)

こちらでご用意させて頂く楽器はデジタルピアノにデジタルパーカッション(KorgのWave Drum Mini)、それにミキサーを持参するので若干の入力ジャック。
用意した楽器を使う以外にも希望があれば自分で持ち込み出来る楽器に限りオーケーとしていますが、
今回のオーダーでは
クラシックギター、練習パッド&スティック(何でもマーチングで全国高校2位だったそう)、クラリネット、オカリナ、それに机叩き、ハンドクラップ、口笛、カスタネット、タンバリン
といったあたりが初登場となりました。
その他にはサックス、篠笛、和太鼓、エレキギター、エレキベース、和太鼓などが登場します。


予想してはいましたが、グループでの即興を選ぶ子が通常より多くなりました。
元々の講義では全員一人ずつでしたが、まあ今回は時間配分を一コマ多くしたもののそれでもグループがそこそこ出来ないと時間を十分に取れないので仕方ない。
自分の予想よりはかなり出演組数が圧縮されたので、1回1回十分に時間を取る事が出来ます。
余分に取った時間が余ったら、筆記試験対策の復習に当てる事としましょう。

講義本題の内容はいつも全員で実際に体操していますが、こちらも時間的に余裕なく座学的に終わってしまいました。
まあ教育はマンツーマン、あるいは少人数に限りますね(^^;)と個人的には思います。


   -------------------------------------------------------------------

*藤田浩司ライブスケジュール*

2018年6月23日(土) DrumStudio LA FIESTA主催 音楽教室部門ピアノ各科 第6回ピアノ発表会
東部台文化会館大ホール
千葉県茂原市東部台1丁目7番15
Tel:0475-23-8711
開場13:45、開演14:00
入場無料
基本的に第1部はクラシック、第2部は即興演奏、もしくは自作曲の演奏となっています。
お問い合わせ:ドラムスタジオ ラ・フィエスタ
千葉県茂原市茂原西7-23
Tel:080-2294-9509、050-5899-2274(一部の050ナンバーから無料でおかけ頂く事が出来ます)

続きを読む "第11回「音楽を生み出す身体動作の実際」 21 junio 2018" »

About Junio 2018

Junio 2018にブログ「cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ)のblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブはMayo 2018です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。