1.ライブスペースピアニスタの再始動を模索中 13 oct. 2017(10/13 14:05)


< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

ここのところ手が付けられずにいるライブハウスの方ですが、色々と模索中です。
思う様に食材が手に入らなくなったりして、いつかリニューアルしなければと思ってはおりましたが、ようやく料理の試作品をつくってみたり、試食会を開いたりしております。

コンセプトは「カジュアル」です。
政府のデフレ脱却志向とは真反対で申しわけありませんが、今回のリニューアルではお手頃価格を目指します(^^)

ビールの取り揃えとか、気合い入りすぎて空回り、本命のものについては販売が芳しくなかったので考え直す事にしました。
たとえばべつに本場ものでなくても、日本のクラフトビールなんて今はどれ飲んでも安定のクオリティですもんね。

日本の地ビールについては約10年前でも140カ所弱訪れていたのでしたね。
http://kojifujita.com/blog/archives/2007/11/24_nov_2007.html
全て醸造所直営のブルワリーでそこの生を頂くという。
その当時の醸造所数が約200カ所くらいであったかと。
今は450カ所くらいあるそうですから、全部制覇はちょっと無理そうです(^^;)というか、意味ないというか(^^;)、なじみの地ビール屋がたくさん有り過ぎるというか・・・。
どこのブランドも数種のビールを造っていますし、どう考えてもこれまでに千を超える日本の地ビールを飲んでいます。
地ビール元年である1995年、新潟県巻町のエチゴビールを筆頭としてビールの試飲を旅の楽しみの一つとしてきました。
当初は醸造所が本当に限られた場所にしかなく、北見で飲んだり、湯布院で飲んだり。
地元には房総ビールってのもありましたね。
こちら直営パブはなく、ビンでしか飲んだ事がありませんが。
好きだったのに消えてしまった地ビールもたくさんあります。
接客が一流だった島原ガマダスビール、ビールはもちろん米やリンゴの発泡酒が秀逸であった弘前の津軽ブルワリー、市内ど真ん中青森エール、よく出掛けた山形麦酒。
鹿児島の日当山温泉でははずせなかった薩摩ブルワリーに一瞬で消えた出雲のヴァイツェン・・・ここは直営パブなかったけれど。
同じく山陰では尼子ブルワリーとか、広島は福山のリーデンビール、宮城は角田市の仙南シンケンが休業後に復活!という事も。
栃木佐野では出流原弁天池の名水で作る出流名水ブルワリーがありましたな。
ハウステンボスの前にはホテルローレライ、宿泊者地ビールいくら飲んでも無料プランがありましたが地ビール作るのやめちゃいましたね(T_T)
その他諸々消えて行った愛する地ビールたち(T_T)
しかし昔は玉石混淆の世界で地ビールを飲む事は博打であったけれど、今はまず殆どマズいビールに当たる事はありません。
いや、ホントたまにはありますが(^^;)
続いている地ビールだって味がブラッシュアップされてきたのを知っています。
伊勢の角屋ビールとか当初と全然違う!

<画像>
<画像>
<画像>

LiveSpace PIANISTA リニューアル間近!
http://www.pianista.info/

   -------------------------------------------------------------------

*藤田浩司ライブスケジュール*

2017年10月28日(土) 藤田浩司ピアノトリオ インストアライブ
場所:蔦屋書店 茂原店 千葉県茂原市六ツ野八貫野2785
http://www.topculture.co.jp/store/mobara/index.html
1st13:00, 2nd15:00, 3rd17:00
No Charge
藤田浩司(Pf) http://www.kojifujita.com
ヤマチハ(Bs)
加藤克樹(Ds) http://k2drums.seesaa.net/
ちびっ子ゲスト:小宮山美結(Pf)
*即興演奏への参加体験コーナーがあります。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

1/3704

コメント投稿
次の記事へ >
一覧へ戻る

Powered by
MT4i v2.13