10.文教大学第6回「和声について」 25 oct 2017(10/25 13:44)


< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

毎回難しいと評判の悪い「和声について」
とはいえ、なんとか皆さんにはコードを見て伴奏出来る楽しさを味わって頂きたいとも思い。。。

小学校に上がるか上がらないかの頃、本当にわずかの期間(たぶん1年ちょっと)エレクトーンを習っていた事があります。
その頃、音楽教室で出される課題には目もくれず、コードを進行させる遊びに没頭していたのでした。
コード進行を演奏するのは本当に楽しかった。
その代わり約1年間、その音楽教室では同じ課題、同じ曲を弾き続けさせられましたが(^^;)
これは反面教師として、私の教育の原点となっている経験です。
漫然と教えてはならないと。
当時は何とも思いませんでしたが、その子の興味に応じて教材、内容、やり方を変えていくのは大切な事ですよね。
どんな教材を使っても、同じ様に音楽的チャレンジ出来るわけですよね。

そんな思いのある「和声」ですが、やはり先週やったスケールについて程の熱気は感じられずorz
せっかく一番前に来てくれた一部学生には悪い事をしました。

三和音から七の和音、その先のテンションノート入りのコードへと積み上げ、発展させていってますが一時間半ではどうしても駆け足に。
講義の最後の方で一緒に演奏したDm7(9)-G7(9,13)とか、Dm7-G7-Cmaj7-Am7とかのコードプレグレッション実践が面白そうだったので、どうなんでしょう、理論については一切触れないくらいの感じでバンバン興味の湧きそうなコード進行をやって、コードを進行させる面白さについて伝えた方が良いのかなとも思い始めています。
この時には学生にコードを弾いてもらい、始めは先生も一緒にコードとベースを弾くのですが、慣れてきたら先生は学生の伴奏に乗ってアドリブソロとベースを弾きました。

<画像>
<画像>
<画像>
<画像>
<画像>
<画像>
<画像>
<画像>
<画像>

   -------------------------------------------------------------------

*藤田浩司ライブスケジュール*

2017年10月28日(土) 藤田浩司ピアノトリオ インストアライブ
場所:蔦屋書店 茂原店 千葉県茂原市六ツ野八貫野2785
http://www.topculture.co.jp/store/mobara/index.html
1st13:00, 2nd15:00, 3rd17:00
No Charge
藤田浩司(Pf) http://www.kojifujita.com
ヤマチハ(Bs)
加藤克樹(Ds) http://k2drums.seesaa.net/
ちびっ子ゲスト:小宮山美結(Pf)
*即興演奏への参加体験コーナーがあります。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

10/3722

コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

Powered by
MT4i v2.13