2.来週はカクテルジャム・ミニ・ドラムセットで2本 13 enero 2018(01/13 01:12)


< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

昨秋、発売前に予約して買ったCocktail-JAM MINI Drum setをどう使うか試行錯誤しています。

この手のドラムを扱う場合、最大の問題はドラムセットの魅力的な武器、ハイハットのオープンクローズが使えない事かと感じています。
そこに関してはあらかじめハイハットのセッティングで絶妙なクローズ具合にしておき、圧力をかけて叩くとなんとなくクローズのサウンドになるというのを開発しました。
ま、既にどなたかやっていらっしゃるかもしれませんが(^^;)
ハイハットに関しては足の踏み具合で音色を変えられないのも痛いっすね。

カクテルジャムの場合、ノーマルのセッティングだとシンバルが一枚ですが、これにはクラッシュライド一択ですかね。
派手にクラッシュしたい時にはクラッチ式のハイハットをオープンしてクラッシュ代わりにも使い2枚のクラッシュ感を出すのがドラムソロの時には有効。

スティックのチョイスもなかなか難しく・・・
重めのスティックを使うと太鼓が負けるニュアンスになる場合も・・・(^^;)
従ってスティックは好きなモデルに近い形状でヒッコリーではなくメイプルのモデルを選んだり。
とはいえ会場に行ってみないとスティックのベストチョイスはわからないので数種類持参します。

せっかくのカクテルドラム、是非立奏でと行きたいところですが、キットの拡充に欲が出て・・・というか、様々にパーカッション類を追加する欲が出てしまい、左足にフットタンバリンや足カウベルを当てる都合上、全て立奏というわけにはいかず。
立奏はいいですよね。
なんかこう、身体の取り回しが自由な感じで。

パーカッション小物は足クラーベ、足タンバリンの他にチャチャベルとグィロを組み込んでみました(^^)
グィロははじめオモチャのグィロの方がイケてるんじゃないかとも思いましたが、その後LPのものに変更しました(^^;)

カクテルジャムは思いの外セッティングに制約が多く、スネアとハイハットの関係とかハイトムの位置が思うようにはいかない。
トムに関してはバスドラの真上にあるフロアトム代わりのトムをメインとするのが正解ですかね。

クローズのリムショットはセッティングを工夫してスネア側からフロアのリムに当てると結構いい感じかも。

まあなんといってもコンパクトに荷造りして新幹線でも移動出来るのがこの楽器最大の魅力ですね\(^O^)/
今回「パーカッションっぽいセットで」というご依頼でしたので、こういう時にはこのキット、良い味を出してくれるんじゃないですかね♪
スネアは10インチ、正直言ってこれはある意味オモチャですよ。
でもかわいい。

<画像>
<画像>
<画像>
<画像>
<画像>

   -------------------------------------------------------------------

*藤田浩司ライブスケジュール*

2018年1月19日(金) 京成ホテルミラマーレ トワイライトコンサート
場所:京成ホテルミラマーレ 1F カフェレストラン「ミレフォリア」
https://www.miramare.co.jp/
千葉県千葉市中央区本千葉町15-1
TEL: 043-222-2111(代表)
16:30 - 17:30
OSMY http://osmy.jp
松葉梨香(Vo) https://www.rikamatsuba.com/
吉野友香乃(Vo) https://www.yukanoyoshino.com/
高知尾純(Pf) http://mail987.wix.com/takachio-jun

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

2/3744

コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

Powered by
MT4i v2.13