2.全身を使って音楽する - 音楽表現について 10 febrero 2018(02/10 19:23)


< ページ移動: 1 2 3 4 >

全身を使って音楽する事、それは演奏表現に欠かす事が出来ません。
表現している「音」に対して完璧に一致した「動作」を取らなければ、その音楽は相手に対してきちんと伝わりません。
たとえば指揮者が大きな音を出させる様な振りをして、動作とは全く逆の小さな音を要求してきたらどうなりますか?
それはあまりにも極端な例ですが、プロの演奏家が演奏する時はその大きさ、振幅は様々であれ、出す音、奏でる音楽に対して完璧に一致した動作を伴うものであると思います。
音の速さは光(視覚)の様に一瞬で届くものではありません。
大きなステージのアンサンブルで音楽が合うのは、相当に演奏者がお互い出し合う動作に助けられていると思います。
音楽と不一致な動作のままの人と合奏するのは、実に難しい事です。
視点を変えて、ライブやコンサートにおける演奏者と聴き手として考えてみても、動作から予想される音がストレートに出る事によって聴き手はストレスから解放されるのではないでしょうか。

イメージとしては、全ての演奏参加者それぞれが、ある意味上手な指揮者の様に振る舞う事が音楽するには大切であると思います。
ソロであっても、聴き手との間において同様な事が。

生演奏には「演者」である事が要求されますね。
音楽的な身体動作を身に付けるためのトレーニング、それは、それがまだうまく出来ない人にとっては非常に大切なトレーニングであると考えています。
<画像>

   -------------------------------------------------------------------

*藤田浩司ライブスケジュール*

2018年2月14日(木)黒川光哉セッション
いすみ市、カフェのオープンセレモニー
13:30-15:00
黒川光哉(Gt. 元「1986オメガトライブ」バンドマスター)
いしだけいこ(Vo. RCAレコード)
藤田浩司(Pf) http://www.kojifujita.com/
藤巻良康(Bs) http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
吉羽一星(Timbales) https://www.facebook.com/issei.yoshiba


2018年2月23日(金) 藤田浩司 ラテンジャズスマイル+1
Food & Bar CANA
千葉県長生郡一宮町東浪見7520-1
http://cana.nu/
夜18:00〜翌朝3:00
1st19:00, 2nd21:00
charge 1,500yen+1drinkオーダー
藤田浩司(Piano) http://www.kojifujita.com/
藤巻良康(Bass) http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
安部泰朗(Conga) http://heihatiroude.gozaru.jp/
小高 洋 (Drums) http://regnochsjung.blog.fc2.com/
吉羽一星(Timbales) https://www.facebook.com/issei.yoshiba
<画像>


2018年3月1日(木)ラテンジャズ ライブ&セッション with 藤田浩司
STUDIO CLOVE http://www.studioclove.jp/
千葉県茂原市本納1765-3
TEL: 0475-34-2794
Charge 1,000 yen + 1 ドリンクオーダー
◆今回の課題曲:So What(D dorian)
◆デスカルガ(ラテンジャズセッション) ♪打楽器置いてあります♪

< ページ移動: 1 2 3 4 >

2/3756

コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

Powered by
MT4i v2.13