4502.あおぎりのうた〜沼田鈴子物語 19 de junio 2001 (06/19 12:27)


 廣島で被爆し、片足を失いながらも前向きな活動を続けていらっしゃる沼田鈴子さんの半生を朗読と音楽で綴りました。
 今回、音楽の方は全曲、作曲家高橋喜治氏の手によるものです。私は生ピアノのみの出演ですが、高橋さんの作品を弾くのはとても楽しいです。メンバーも素晴らしい!バイオリンとフルートとピアノのアンサンブルなんて、ドラムだけやっていたら一生出来なかったことでしょう。演奏していて、とてもリッチな気分になります。こんな機会を与えて下さった山口由里子さんと齊藤佐智江さんに感謝。
 本番は下にもあるように大阪7月28日です。ドラムの方は8月11日の成東夜野外、全力で演奏するつもりです。ラテンバンドも頑張ってますよ。その後11月末、幕張メッセでのコンサートが決まりました。詳しくはまた後日お知らせいたします。また、8月9日の茂原市役所でのロビーコンサートは残念ながら辞退させていただきました。しかし千葉県茂原市、生まれ育った街ですからすごく愛着あります。本当に。いずれ何らかの形でコンサートを開きたいです。皆様、応援宜しくお願いいたします

4502/4553

コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

Powered by
MT4i v2.13