5.文教大学 第10回「鍵盤楽器奏法の基礎」 23 Nov. 2017(11/23 23:48)


< ページ移動: 1 2 3 4 >

腰から湧きあがったちからを末端へと、波のように伝える事。
その結果として、指だけで弾くのではなく、指の動きに手首の動き等を連動させるべき事。
そうは言っても指先の動きはやはり重要であり、打鍵の瞬間には必ず弾き(はじき)が伴う事。
打楽器奏者的には人差し指でボンゴを打つ時と変わらない感じ、ですかね。
打てば響く、みたいな。
レガートもスタッカートも発音のシステムは変わらないという事。
発音後の処理によってレガートとスタッカートを区別する事。

そういった心構えに従い、実際に指を動かしてみます。
まずはスケール弾きに必要な運指を。
親指から小指に向けて12345と指に番号を付けて。
クラシックで習う様なスケールは必ず4321321か1231234の運指に集約されるので、まずはその重要な運指を。
321とか4321のみの運指も十分に繰り返して。

手の形は寝ている時の様な抜け具合で鍵盤上におきます。
中指とか、長い指は縮こまりやすいですが、他の指より鍵盤の奥を狙うべきでしょう。
余分なちからを抜いて指にストレスのかからない状態をキープしつつ、必要な力はドーンとかけます。
ガッツポーズを取る時の状態の如く、支えるちからをみなぎらせて。

春期と比べると2クラスに分かれ、かなり小規模なので、机間をまわり学生にも楽器上で指の動かし方を試してもらう。
やはり実際に音程を伴って指を動かすと色々な事に気付くようです。
そしてこうした実習っぽい授業は学生にとっても楽しいらしい。

へいはちくんに教わったヘッドセットと腰に付けるスピーカーが、本日も大活躍しました。
これなら教室のどこにいても声が通るし、LINE IN があるので楽器の音も増幅出来ます(^^)

急いで帰宅して、夜は飲み会。
たいへん楽しゅうございました♪

<画像>
<画像>
<画像>

   -------------------------------------------------------------------

*藤田浩司ライブスケジュール*

2017年11月25日(土) 藤田浩司ピアノトリオ インストアライブ
場所:蔦屋書店 茂原 千葉県茂原市六ツ野八貫野2785
http://store-tsutaya.tsite.jp/storelocator/detail/1682.html
1st13:00, 2nd15:00, 3rd16:30
No Charge
藤田浩司(Pf) http://www.kojifujita.com
帆足昌太(Bs)
吉羽一星(Perc) https://www.facebook.com/issei.yoshiba
ジュニアゲスト:伊藤斉瑚(Pf)
*即興演奏への参加体験コーナーがあります。
<画像>
<画像>


2017年12月7日(木)ラテンジャズ ライブ&セッション with 藤田浩司
STUDIO CLOVE http://www.studioclove.jp/
千葉県茂原市本納1765-3
TEL: 0475-34-2794
Charge 1,000 yen + 1 ドリンクオーダー
◆今回の課題曲:Caravan(Fm)
◆デスカルガ(ラテンジャズセッション) ♪打楽器置いてあります♪
ホスト: 藤田浩司(Pf, Dr, Per)http://www.kojifujita.com/
House Musician:近藤圭介(Dr)、玉木秀和(Bs)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

5/3729

コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

Powered by
MT4i v2.13