7.低価格帯デジタルピアノを試奏 3 agosto 2017(08/03 13:53)


< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

低価格帯デジタルピアノのコンパクトタイプ、ついでに各社のフラッグシップモデルについても所感を。

大学のピアノが壊れてしまったので代替機を検討中です。
備え付けではないので、まずは軽さが命!
そういったわけの低価格でまあまあのクオリティを持つと考えられるのは
カシオ Privia PX-160(4万弱)
コルグ B1(3万ちょい)
ヤマハ P-115(5万弱)、 NP-32(約3万)
Studio Logic Numa Compact(5万ちょい)
(ローランド)FP-30(7万ちょい)
ローランドが()なのは一番安いものでも価格帯が相当上になるためです。
音色よりも弾き心地やレスポンスに重点をおいて選んでいます。

まずローランドFP-30は弾き心地が上位機種と似ていて好感(上位機種RD800を所有)。
もちろん同じではないけれど、グランドピアノに似た軽さとクリック感。
以前、各社の上位モデルをくまなく弾き比べて、一番気に入ったのがローランドのRD800。
RD800は弾き心地とレスポンスで一番気に入ってます。
音源も秀逸、操作スイッチが並ぶパネルも扱いやすい。
ただし重くて大きいのが難点ですかね。
それとサスティーンペダルを踏むと、どんなに繊細に踏んでも踏んだ時のノイズをサンプリングした音が出てしまい、これはかなりなストレスでございます。
バラードとか弾く時にはそういったノイズが出ないよう細心の注意を払って弾くものと思いますが、絶対に出てくるというのはちょっとリアリティとは違うと感じます。

いずれにしてもお値段が高いので、良くて当たり前ですが今回は基準に外れてしまうという。

続いてヤマハ、NPシリーズは旧モデルの31を所有。
こちら「電子キーボード」と歌っているだけあり、鍵盤はボックス型なもののシンセ鍵盤です。
軽いのは良いけれど、音源と共にちょっと講義で使うのはパス。
76鍵ですしね。
同じくヤマハP-115、こちらも旧モデルを数台保有しています。
ヤマハの低価格モデルはやたら鍵盤が重い。
このねばねばとした重さは指が悪くなりそうで苦手です。
とはいえ重いながらもレスポンスは悪くありません。
こちらが弾いたダイナミクスに付いてくる感じ。
ヤマハの上位モデルは秀逸なのですが(CP4を所有)、下位モデルはなぜにもこんなに鍵盤を重く作るのでしょう。
多くのユーザーがアコースティックピアノの鍵盤は重いものだと思い込んでいるからメーカーがそこに当ててこういったタッチのデジピを作ってくるんじゃないですかね。
大体適度に軽い方がメカとしては優秀なのではないでしょうか???
アコースティックでもヘンに重い鍵盤は敬遠します。
ぺらぺらなのとどちらを取るかと問われれば非常に難しいですが(>_<)
ヤマハの上位機CP4の弾き心地は秀逸です。
ローランドはさらに軽くて良いですが、こちらも丁寧な作り。
CP4はなんと言っても音源が秀逸でございます。
そこが購入に至った理由でして。


Studio Logic Numa Compactは当時実機が中々見当たらず目クラ買いしてしまいましたが、これは厳しいっす(>_<)
これほど変わった音源はあまりない感じで、弾き心地も各社の低価格帯モデルに及ばない感じ。
Numaは上位モデルの評判がすこぶる良いですが、これは残念。

コルグ B1、ちょっと出掛けた先には見当たらなかったのですが、鍵盤は大学で所有していたSP-170Sと同じという事で、この鍵盤もヤマハの低価格帯と同様に粘っこい重みを感じます。
SP-280は良さげですが、出掛けた先ではこちらも見当たらず(>_<)
コルグは高価格帯のデジピを作りませんね。。。

カシオPrivia PX-160、これ意外に悪くないです。
鍵盤に独特のクリック感があるものの、軽いし反応も良いし悪くないなと思いました。
音源部もヘッドホンで聴いたわけではありませんが、きらびやかで、といっても薄っぺらいきらびやかさではなく中々良い感じです。

おまけとして現在ライブで使っているのはヤマハのCP4、ローランドのRD800、NordのNord Stageですが、前者二つはもちろんの事、ノードステージも良いです。
これの良さはちょっとシンセっぽいところ。
伸びる音に軽い鍵盤。どうせデジタルだしと割り切る場合、選択肢としてアリですかね。
自分は気に入って買ってしまいました。
で、今後最高の組み合わせだと思っているのがローランドのRD800、あるいはヤマハのCP4と共にソフトウエア音源を使う事。
音は抜群の段違いでクオリティ高いですが、ただ色々とトラブルも多そうで使うのを躊躇しています。
でも今日使っちゃうかも・・・(^^;)

というわけで、現在、買うならお値段との兼ね合いも考えて、カシオのプリヴィアかなあ・・・

本日、本納 Studio Cloveでラテンジャズやジャズのセッションがあります。
課題曲は「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」です。
たくさんの方のお越しをお待ち申し上げますm(_ _)m

   -------------------------------------------------------------------

*藤田浩司ライブスケジュール*

2017年8月3日(木)ラテンジャズ ライブ&セッション with 藤田浩司

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

7/3729

コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

Powered by
MT4i v2.13