7.文教大学第9回「打楽器演奏の基礎」 16 nov. 2017(11/16 00:07)


< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

今回からの3回は演奏技術について。
純粋に楽器を演奏するために必要となる肉体のコントロール術について学びます。

学生たちが演奏する楽器はなんと「机」。
とはいえ机だって、楽器として扱えば鳴ってきます。
生徒各々のところに出張して机を叩き、響きを感じ取ってもらう。
机を叩く事に危惧される向きもあるでしょうが、楽器として扱う限り、机が叩き壊される事は絶対にありません。
あの繊細なヴァイオリンを力一杯演奏してもヴァイオリンは壊れない様に、「ベルカント」で机を鳴らそうとする限り、机は絶対に壊れません。
打楽器が壊れる時は「壊れろ!」との思いと共に物を壊す様な力をかけた時です。
「ベルカント」の様に鳴らそうと楽器に向き合った時には楽器が壊れるなんて事は絶対にありません。
まあ、ロックなんかですと破壊の美学もあるので難しいところですが・・・しかし、とはいえ、「ベルカント」の様に楽器を朗々と鳴らそうとした場合には絶対に楽器が壊れる事はありません(その打撃によって)。

今日は疲れました。
ポジションの問題が大きく、机を叩くのは楽器を演奏するよりもはるかに体力を消耗します。
膝をかがめた姿勢をキープして足踏みとか、机叩きとか、やってみて下さい。
いやー、マヂでキますね(>_<)

しかし最近の学生、リズムはいいっすね。
「右-右左」と、左右の運動が不均衡なギャロップのリズムとかやってみても、左手も動きをイイ感じでキープ出来ますし、パラディドルとか5つ打ちとか、アクセントを含む課題でもアクセント前に手を振り上げてキープ出来る子がたくさんいました。
足を含めたコンビネーションをやってみても全身を使って動作を循環させる事の出来る学生がたくさんいました。。。

講義終了後、女子学生から「先生、今日は楽しかったよ♪」って、声が掛かりました。
それは嬉しい事であるものの、いや、楽しければ良いというものでもないという(^^;)

ところで4限とか元々40名くらいしか生徒がいないので数えてみたら出席は20名弱でした。
しかしバーコードでの出席は30名超・・・
いやー、参ったなー(>_<)
ってな訳で、人数も少ないので来週は出席を点呼で確認させて頂きます(^^)/
春期みたいに1クラス約200名もいたら点呼不可能ですが、例年秋期は2クラスに分かれる事もありクラスがコンパクトなので。

<画像>
<画像>
<画像>
<画像>
<画像>

さて、本日、成田のクラウド9でライブがあります(^^)/
是非是非〜♪

   -------------------------------------------------------------------

*藤田浩司ライブスケジュール*

2017年11月16日(木) 藤田浩司ピアノトリオ
CLOUD9(クラウド9) http://www.jazzbarcloudnine.com/
成田市上町556−1 五番館ビル2階
TEL:0476-22-2532
18:00 OPEN-27:00 CLOSE
1st20:00, 2nd22:00
投げ銭(気分でチップをお願いします)
藤田浩司(Pf) http://www.kojifujita.com
玉木秀和(Bs)
高崎洋平(Ds) http://yohei-takasaki-drums.jimdo.com
<画像>

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

7/3729

コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

Powered by
MT4i v2.13