7.文教大学講義第10回のレポート&小テスト採点&第11回の配信を終える 24 julio 2020(07/24 01:11)


< ページ移動: 1 2 3 4 >

第10回は「ドラムセットの記譜について」でした。
今回はかなり勉強している感の高い講義であったと思います。
しかも喋り分が過去最長!
そのせいか学生が提出するレポートが長い(^^;)
ワードでも手書きでも10枚近くのものがいくつもありました。
お陰様で読み終えたときには日付が変わってしまったという。。。

さて今回も聞き違いシリーズと印象に残った言葉たち、いってみましょう!


☆本日の空耳シリーズ:

棋譜、寄付・・・記譜

間は千の隙間・・・間は線の間

ミリの楽譜・・・MIDIの楽譜

給譜、給付・・・休符

第1巻・・・第1間
第二段・・・第2間
第4管・・・第4間

バツマーク・・・×マーク
白丸・・・○

寄せ集めであるが上に集め方が様々・・・寄せ集めであるが故に集め方が様々

吹奏楽の低音楽系・・・吹奏楽の軽音楽系

連行・・・連桁

曖昧にならざる負えない、あいまにならざるおえない・・・曖昧にならざるを得ない

エクルンバンチェロ・・・エル・クンバンチェロ

ルンバガラーチャ、ルンバ・ブラーチャ、ルンバグラーチャ・・・ルンバグァラーチャ

帽を上にするか下にするかの目安は第三線となる・・・棒を上にするか下にするかの目安は第三線となる

元の長さに1.2倍したものが付点x音符・・・元の長さに1.5倍したものが付点x音符

ドラムはキッド、プレイヤーによって違って・・・ドラムはキット、プレイヤーによって違って

トーン記号・・・ト音記号

タンバリン・・・タンボリン

変曲者・・・編曲者

想象力・・・想像力

組み取っていくべし・・・汲み取っていくべし

幹線・・・間、線


白い球の音符・・・白い玉の音符
打算線の上に音符を配置するには縦の棒を下に・・・第3線の上に音符を配置するには縦の棒を下に

府点がつくと長さが1.5倍・・・付点がつくと長さが1.5倍

元の音符の長さを1,5倍、複譜点は1,7倍・・・元の音符の長さを1.5倍、複付点は1.75倍

譜符・・・記譜

ツナチーコールキューバ音楽・・・すなわちイコールキューバ音楽

共通の認識、価値観、常識を投影するだけでは良い演奏は出来ない・・・(楽譜に対して)共通の認識、価値観、常識を投影しなければ良い演奏は出来ない

連桁は楽器を読みやすくなる・・・連桁は楽譜を読みやすくする

5000譜で書くのが標準・・・五線譜で書くのが標準

5線譜の一番下の線は第一線。その上が第二戦・・・五線譜の一番下の線は第一線。その上が第二線

音大の人は入学前にソルベージュで習う・・・音大の人は入学前にソルフェージュで習う

あらゆる音符の音化の基準は全音符である・・・あらゆる音符の音価の基準は全音符である

自分のキッドにおいて・・・自分のキットにおいて

☆印象に残った言葉たち:

ピアノと吹奏楽をやっているので音符は読めたけれど、付点の認識が私はそのついている音符の半分の長さがプラスされた長さと教わったので実際に数字にして何倍の長さと言われるとそれもそれで面白いなと思った

楽譜を信じすぎてはいけない 楽譜はピアニストやギタリストが担当するため理解の違いが生まれてしまい特性や手順を無視して配置してしまう(場合がある)

中学、高校と音楽の授業を続けてきて楽譜の読み方に初めて深く接した。今までの音楽は合唱メインだったので読み方を習う必要はなかったが歌詞の下に併記されている楽譜を見てはぼんやりと気になっていたのでとても有意義な授業になった。

1つのフレーズの最後に四分音符が配置されている時、歌の終わりなら四分音符より短くなるように、共通の認識となるべきものが、あまりにも広いのが打楽器の世界。

MIDIの楽譜もどう出力するかによって読みやすさが違う、中には想像して読みやすいような形をにしてくれるソフトウェアも中にはある

楽譜はひとつのトランスレーションそのまま楽譜通り演奏しても綺麗な曲にならない
演奏者と作曲者の同じ価値観と想像力によって綺麗な曲になる

作曲者や編曲者が鳴らしてほしい音をプレイヤーが汲み取る必要がある

経験と想像力が必要

共通の価値観・認識・決まりを投影しない限り、音楽にはならない!

最近音楽を聴く時、曲よりドラムに目が行く様になりました(笑)

ブラジルの打楽器は、スルドーやタンボリンなどを使うがそれらはキューバ音楽には入らない。

知っているべき当然の価値観、認識、決まりを楽譜に投影して読んでいくことが非常に大切。

知っているべき共通の価値観、認識、音楽の決まりを楽譜に投影しなければならない

作曲者たちが求めている音楽を想像しておかないと素敵な音楽にならない。

楽譜を読むには経験と想像力が必要


 -------------------------------------------------------------------

*藤田浩司ライブスケジュール

2020年7月26日(日)「宿中屋」温泉旅館 ジャズピアノソロコンサート

< ページ移動: 1 2 3 4 >

7/4155

コメント投稿
次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

Powered by
MT4i v2.13