BLOG

ここに説明を入力します。
ここに説明を入力します。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 徒然なるままに
  4. すごい話 6 dic. 2006

すごい話 6 dic. 2006

http://www.jiji.co.jp/jc/c?g=soc_30&k=2006120501084
世界人口の1%、富の4割占有=個人資産平均は日本首位-国連大学
 世界人口の1%が個人総資産の4割、2%が半分以上を所有する一方、全体の半分の貧困層は総資産の1%しか持っていない-。国連大学世界経済開発研究所(ヘルシンキ)は5日、世界の個人資産に関する研究結果を発表した。調査では、日米独などの最富裕層が世界の富を独占、国際社会に激しい格差があることが改めて浮き彫りとなった。
 それによると、2000年の世界の個人資産は125兆ドル(1京4375兆円)で、世界の国内総生産(GDP)の合計値の約3倍。生活費の格差を調整して算出した世界平均は、1人当たり2万6000ドルだが、日本は18万1000ドル、米国も14万4000ドルでずばぬけて高く、インドの1000ドルなどと大きな格差があった。 (2006/12/05-22:19 時事通信社)
すごい話だ。
世界人口の1%が個人総資産の4割を所有しているとは・・・。
しかもそれは日米独などの最富裕層のものらしい。
そうか、日本の資産家もバカにしたものではないようだ。
また、個人資産の世界平均は、1人当たり300万円。
日本人の平均は2000万円ちょいあるそうだ。
うわー、ショック!!!
2千万円も資産あるのが普通なのですか???
これって、きっと格差がすごいのでは。
持っている人は何千億とか持っていて、それが平均値をグッと押し上げているに違いない。
逆に持たない人は限りなくゼロで、そんな人もかなりの数いるんじゃないかな。
みなさんはどうですか???
ちなみにインド人の平均個人資産は11万5千円だそうです。

藤田浩司-koji fujita-

DrumStudio LA FIESTA


→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

アーカイブ