« いつの間にかクリスマスの足音が 9 dec. 2005 | メイン | 藤田浩司Los Cumbancheros ライブ・イン大神家 11 dec. 2005   »

精神科医マサル・フィッシャー氏 10 dec. 2005

今日にも患者さんの付き添いで日本に行くから、ライブ見に行くぞー、と急にメールがやってきましたが、翌日のメールではご破算になったとの悲痛な知らせが・・。ホントは本日のライブ、見に来るはずだったのですけどね。

サンフランシスコ在住日系三世の彼とは、私が初めてキューバに行った時に講習会の宿舎が一緒だったのです。講習会主催会社の配慮によるものでした。彼、日本語は全くしゃべれませんが、とにかくわかりやすい英語をしゃべってくれるし、また想像力豊かにこちらの英語を聞き取ってくれたので、当時とにかく助かりました。今は医者ですが、当時イラケレのカルロス・デル・プエルト氏にベース習ってました。

もしかしたら年明けには遊びに来るとの事でしたので、ライブを見に来たら、その時には一曲くらい弾いてもらおうかな。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/504

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Diciembre 10, 2005 3:50 PMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「いつの間にかクリスマスの足音が 9 dec. 2005 」です。

次の投稿は「藤田浩司Los Cumbancheros ライブ・イン大神家 11 dec. 2005  」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。