« 猫が消えていく 21 agosto 2006 | メイン | 久々にレッスン 23 agosto 2006 »

Clavia社NordStage88を弾く 22 agosto 2006

先週木曜日に楽器が届いて以来、新しいデジピ、Clavia社NordStage88を弾きまくっています。

この楽器、快適です。

これだけデジタルに満足感を感じるのは久々かも。
定評のあるエレピ系はもちろん秀逸なのですが、アコースティックのサンプリングがイィ感じです。
とはいえ、普通に良いわけではなく、デジタルチックなところが気に入っています。

アコースティックにエレピの吸い付き感を足したような感じというか。
音がコロコロと調子よく転がっていく感じ、とでも言いましょうか。
加工されてるのが、とてもよい調整具合に感じられます。

弾いていて楽しい。

鍵盤の軽さが、筋を痛めている私にはまた特に快適です。

今まで使っていたヤマハP80は自宅で使う事にします。
これはこれで中々秀逸な一品です。

写真上Clavia社NordStage88、下ヤマハP80

Clavia社NordStage88.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/828

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Agosto 22, 2006 9:58 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「猫が消えていく 21 agosto 2006 」です。

次の投稿は「久々にレッスン 23 agosto 2006 」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。