« 房総を巡る 16 agosto 2007 | メイン | 2007年夏長生高校吹奏楽部打楽器パート飲み会8月18日(土) 18 agosto 2007 »

Bariton Cha - Javier Zalba(ハビエル・サルバ) 17 agosto 2007

久々にこころに響くアルバムを聴いた。
キューバのホーン奏者ハビエル・サルバのこのアルバム。
この人の事はなぜだかは忘れたけれど、キューバに一緒に行った時、フルート奏者の齊藤佐智江さんから聞いた覚えがある。

極上のクラリネットが心地良い。
ラテンジャズなんだけど、弦を多用したそのサウンドはとても柔らかで上品だ。
上品な伸びやかさ。
かといってまろやかなだけではなくキューバ音楽ならではのソリッドさもあわせ持っている。
リズム隊も面白い。

BaritonCha-JavierZalba.jpg


ちなみに本日でCUBA2007音楽の旅へのリンクが終了します。
長かったな。
1ヶ月とは短いようで長い期間なのだな、と思いました。

また今回の日記がなんと1000本目のエントリーとなりました。
このブログを書き始めたのは2000年10月30日。
その頃まだブログなんて言葉がなくて、エンピツの時代だったっけ。
書き始めの頃は一月に最低一本は書く事が目標でした。


それから今もグラッと来た。
昨日から地震が頻発・・・少し不安になりますね。

藤田浩司-koji fujita-のCUBA2007音楽の旅「トロント(Toronto)から成田に到着 14 julio 2007」


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1013

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Agosto 17, 2007 12:05 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「房総を巡る 16 agosto 2007」です。

次の投稿は「2007年夏長生高校吹奏楽部打楽器パート飲み会8月18日(土) 18 agosto 2007」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。