« ジャズ系(含むラテン)とクラシック系の歌い方の違い 28 dec. 2008 | メイン | 来年 31 dec. 2008 »

学習するという事 30 dec. 2008

その道に熟練したいから、一所懸命にロジックを学び、セオリーを身につける。

が、物事はそれだけで動くものではないだろう。
もちろん、知識は何かを成し遂げる時に大きな助けになる。

が、最終的に物事を決するのは別の力ではないだろうか。

運動能力や神経、それからカンやらなにやら・・・。

勉強する事は大切だけれど、筋道立てては磨きづらいそれらの力が、結局は物事を決する為の大きな力となる・・・気がする。

身につけた素晴らしい知識が、それらの働きに活かされる時、はじめて物事は動くのだろうか。

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1506

コメント (2)

鈴木 努:

仰せの通り、別の力!? センス!? 生き方?色んな言い方ありますが、何ですかね…? 祖父が売れない画家だったのですが同じようなことを言ってました。当時小学生だったので理解できませんでした。
今でもロジカルに説明できませんが…。
藤田さんの才能とセンスに乾杯…!
よいお年を~!!

御爺様が画家でしたか!?

私は今回、特に音楽について語ったわけではありませんが、
そういう何かがもちろん、芸術の分野においては特に大切なものなのでしょうね。

良いお年をお迎え下さい!!!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Diciembre 30, 2008 2:39 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ジャズ系(含むラテン)とクラシック系の歌い方の違い 28 dec. 2008」です。

次の投稿は「来年 31 dec. 2008」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。