« ガンジー廟と博物館 15 abril 2011 | メイン | 仏陀の道 17 abril 2011 »

クルアンなう 16 abril 2011

定刻よりも早くクアラルンプール着。
エア・アジアは意外に信頼できる。
乗り継ぎ。
「Y2」→「Y1」へとターミナルが変更に。
出国の待合室には「T」から始まるゲートしかないので、「Y」はどこで待っていればよいのかわからない。
問い合わせたら「F82」へ行けだって。
ちょっとわかりずらい。

なんとか無事に飛行機に乗ってシンガポール定刻着。
素晴らしい。

荷物を預けてシンガポールの街へゴー。
…気が変わった。
久々にマレーシアのクルアンを訪ねてみる事にする。

いつものようにブギスで降りてマレーシアに行く国際バスの一つ、星柔快車をキャッチ、2.4シンガポールドル。

イミグレーションを抜ける度にバスを乗り換えるのだが、国境でこの星柔快車はなかなかやって来ない。
国境通過に一時間かかった。
時代はコーズウエイリンクだ。
コーズウエイリンクの黄色いバスは頻繁にやって来る。
ちなみにマレーシア側の国境バスターミナルは改装されてとてもきれいになっていた。

マレーシア側のゲートシティ、ジョホールのラーキン・バスターミナルでクルアン行きの切符を購入。
8.5リンギット、13:00発。
これまたいつもの胡姫快車。

時間が余ったのでターミナル内をぶらぶら。
マレーシアはやはりいいな。
明朗会計、すべてが近代的。
落ち着く。
まったくストレスを感じない国の一つ、それがマレーシア。
この先どこかに移住しなければならないとしたら、マレーシアを真剣に考えるな。

バスは13時ちょうどに出発した。
14:40クルアン着。

ターミナルから中心地市街地へ掛かる橋が広くきれいに改装されている。
20110415Puente-Kluang.jpg

前回来た時にはテナントがらがらだった百貨店も、今回は完成されたショッピングコンプレックスに変貌を遂げていた。
たこ焼き屋まで入っている。
20110415Parkson-Kluang-Mlaysia.jpg


道路の整備も進んでいる。
また、街には紙屑一つ落ちていない。
やはり、マレーシアは良い。

「オレンジ」という名の、以前見かける事のなかったコンビニが街のそこかしこに。
クルアン市、発展の予感。
この街、やはり暮らしやすいんじゃないか。

なぜか惹かれるクルアン。
食堂にムルタバを食べに行った。
20110415Murtabak-Kluang-Mlaysia.jpg

インドにムルタバはなかったなー。
ナシ・ゴレン・カンポンとか、食べたいものはたくさんあるが、一品が限界だろう。
ううむ。

アニカホテルは満室の表示、流行ってるなあ。
アニカホテル下の環球デパートは相変わらず商品豊富。
20110415Pasaraya-Kluang-Mlaysia.jpg


橋を渡って街のランドマーク、プライムシティホテルへ。
20110415PrimeCityHotel-Kluang-Mlaysia.jpg

街に二つある環球デパートの一つ、このプライムシティホテル下の環球は閉店セールだ。
お客さんを新興のショッピングコンプレックス、Parkson百盛に奪われてしまったようだ。
いやいや、商売の世界は厳しいようで…。
単純に発展しているわけではなく、新規出店の裏に既存店舗の撤退あり。

切符を買っておいた17時発のバスでジョホールに引き返す。
クルアン、来てみて良かった。

客引きも全く来ないし、暮らすには良い街だね。

マレーシア側出国はスムーズだったが、シンガポール側入国がこの時間帯大混雑。

今回初めてSBS Transitの170番というバスに乗ってみた。
小銭がないと乗れなかったのだが、隣の席の人が25セン助けてくれた。
ありがたい。
10リンギット札では乗れない、というか釣り銭が出ないのでぴったり2リンギットの持ち合わせがなければいけない。
こちら、星柔快車よりも乗り継ぎがはるかにスムーズだ。
今度からこちらにしよう。
リトルインディア駅で地下鉄に乗り継げるらしい。

…と、マレーシア側ラーキンバスターミナルのにある切符売り場の窓口に張ってあった情報は料金から何から全く当てにならなかった。
バスは最寄りのクランジ駅まで。

そんなこんなで、結局地ビールにありつけたのは21:45、クルアンを出て4時間45分後…いやーこんなにかかるとは思わなかった。
今夜中に空港に戻らなければならない事を考えると、もう思い切り飲める時間ではない。

地ビール屋のあるクラークキー地区
20110415ClarkeQuay-Singapure.jpg


残念だ。
しかしビールは美味い。
ここのビールは時間帯によって大きく値段が変わる。
例えばウィートエール一杯、一番安い12ー15時には500mlが6シンガポールドル、一番高20ー23時には同じ物が15シンガポールドルもする。2.5倍の開きはあなどれない…(汗)
今日は一番高い時間帯だ、いぇい!
BREWERKS、お薦めです。
特に昼!
ちなみにWheat BeerよりもWhite Rabbitの方がベルジャンウィートの味がします。
20110415Brewerkz-Singapure.jpg

20110415InBrewerkz-Singapure.jpg

空港にはぎりぎり最終で間に合った(汗)
便利かと思うと、それなりに待ち時間が長かったりする。
帰国時の市街地移動には十分な余裕をもって!

さてさて朝の4時までコンビニで買ったタイガービールで粘るぜ。

*藤田浩司ライブスケジュール*


2011年5月5日(木)
みんなのひろば カンピエッロ
千葉県茂原市茂原1095
http://campiello.seesaa.net/category/10084584-1.html
13:30-14:00
『ボディーパーカッションレッスン』 講師:藤田浩司
参加ご希望の方は、時間より少し早めに『カンピエッロ』に来てくださいね。参加費は無料です。


2011年5月13日(金)
浅草ZINC
東京都台東区雷門2-17-13 雷門ウスイビル 8F
☆tel:03-6680-2830(営業日のみ)
open 18:00 ~ 1st) 19:30, 2nd) 20:45
charge 3000yen order ※入れ替えなし
(小学4年生未満 FREE / 4~6年生 半額)
藤田浩司ラテンキューバンジャズセッション
藤田浩司(Pf) http://www.kojifujita.com/
藤巻良康(Bs) http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
小林勝彦(Ds)
安部泰朗(Conga) http://heihatiroude.gozaru.jp/
炎のラテンキューバンナイト!


2011年5月21日(土)
町田 Mi Salsa
東京都町田市森野1-11-9ソーナビルB1
小田急線町田駅西口から徒歩3分
(小田急線町田西口改札出たら右の階段を下りすぐ右に歩く。みずほ銀行を右手に歩くこと3分、「イワキのメガネ」過ぎればすぐそこ。)
営業時間18:00~24:00 (無休)
☆tel:042-732-3217
チャージ\2500/w1d
1st:19:00~
2nd:21:00~
藤田浩司ラテンキューバンジャズセッション
藤田浩司(Pf) http://www.kojifujita.com/
藤巻良康(Bs) http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
小林勝彦(Ds)
安部泰朗(Conga) http://heihatiroude.gozaru.jp/


千葉・茂原、首都圏で幼児の打楽器教育ならココ→クリック
パチパチパチ!

近日中に「癒しのピアノ」レッスンコースを開設します。
お問い合わせ、ご質問、体験レッスン申し込み等はこちらから

DrumStudio LA FIESTA(ドラムスタジオ・ラ・フィエスタ)では音大入学後、また、プロの演奏家になった後にも役に立つ「生きたソルフェージュ」を学びたい音大受験生を募集しています。
音大受験のためのソルフェージュコース
(http://la-fiesta.jp/pc/school/mobara.html )

違いを知る方法は色々とあるかと思いますが、困った時にはおいで下さい。
DrumStudio LA FIESTA(ドラムスタジオ・ラ・フィエスタ)
総合ドラム科
音大受験コース(小太鼓専攻・・・旧ルーディメント科)
キューバンスタイルドラム科
ジャズピアノ科
ラテンピアノ科
ピアノ教師のためのジャズポピュラー理論講座3ヶ月コース(全9回)
(http://la-fiesta.jp/pc/school/mobara.html)


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner?藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/2308

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Abril 16, 2011 11:46 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ガンジー廟と博物館 15 abril 2011」です。

次の投稿は「仏陀の道 17 abril 2011」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。