« 第8回「主和音と属和音、シンコペーションについて」 22 nov. 2014 | メイン | 春でもないのにお別れの季節 2 dec. 2014 »

第10回「鍵盤楽器奏法の基礎」 1 dec. 2014

いやー師走となってしまいました。
マジ忙しいっす(>_<)

先週水曜日の「鍵盤楽器奏法の基礎」に真剣な眼差しがたくさん!
ピアノとかは身近な楽器なんだなあと実感。

授業の合間の休憩時間に何人かの生徒はピアノの周りに集まって、伴奏と歌でちょっとした演奏会が始まり、和やかな雰囲気(^^)

なんだかの着信音を弾く生徒。
別の生徒が「先生、知ってますよね?」と聞いてくるも、先生、スマホビギナーだからわからない(>_<)


さてさて、今回はピアノを弾くという行為のうち、純粋にメカ部分へと焦点を当てて解説&一緒に練習。
指の動きには当然手首をひねる動きが連動しなければならないし、それは結局、その最もおおもとにある腰から湧き出るパワーと繋がっている事を確認。
生身の身体だって、物理の法則から逃れる事は出来ないわけで、湧き出るちからは波のように伝わり、ある意味謙虚に、私たちはその力が伝わって来るまでひたすら待ち、その流れの途中に余分な動きをはさんではならないのである。

レガートもスタッカートも「打鍵」のスタイルは変わらず、その後に続くフォローの仕方によってレガートやスタッカートを作る事を確認。
そのタッチは基本的には「コツン」と乾いた感じでまさに「弾く(はじく)」べき事を確認。
どんなに小さな音やゆっくりとした流れにおいても一つ一つのタッチはまさに「つま弾く」ような感触を伴ってなされる事を確認。

他の指より短い親指の問題。
ゆっくりたっぷりと弾くなら、積極的に腕の前後動作を使い、それぞれの指は鍵盤のベストポジションを狙う事、一方速いパッセージを弾く時にはストレスのない手の形を優先して、場合によって長い指は黒鍵の間を弾くくらい奥に入っても良い事などを確認。

クラシックで習うようなスケールは、たとえば鍵盤の左右一杯スケールを引き切るとして、その途中を切り取れば全て「1231234」あるいは「3214321」に集約される事を確認。

その他、頻出の運指を実習。


かなり濃い内容であったと思います。

次回はすべての楽器に共通する「身体の使い方」について掘り下げていきます。
その後はいよいよ即興演奏実習ですが、いやー時間の経つ事のなんと早い事でしょうか。。。
もう秋期も終わりが近いんですよね。
今の学生たちともせっかく打ち解けてきたのに、あとちょっとお別れなんですね。

----------------------------------------------------------------------

*藤田浩司ライブスケジュール*

2014年12月4日(木)ジャズ•ラテンジャズ ライブ&セッション
STUDIO CLOVE http://www.studioclove.jp/
千葉県茂原市本納1765-3
TEL: 0475-34-2794
◆今回のお題:「CARAVAN」、「ST.THOMAS」 (News! ショートアドリブフレーズ楽譜のおまけ付き!)
◆デスカルガ(ラテンジャズセッション) ♪打楽器置いてあります♪
ホスト: 藤田浩司(Pf, Dr, Per)http://www.kojifujita.com/
House Musician :プルチョウ次郎(Bs)、近藤圭介(Dr)
19:00 OPEN 19:30 START
19:30 B2A LIVE / 20:00 1st セッション
21:00 HOUSE BAND LIVE / 21:30 2nd セッション
Free Jazz Session( 夜遅く)
一般 ¥2000(1D付)
高校生 ¥1500(1D付)/中学生以下 ¥1000(1D付)


2015年1月23日(金) 藤田浩司 ラテンジャズスマイル
Food & Bar CANA
千葉県長生郡一宮町東浪見7520-1
http://cana.nu/
夜17:30~翌朝3:00
1st19:00, 2nd21:00
charge 2,000 yen(1drink付)
藤田浩司(Pf) http://www.kojifujita.com/
藤巻良康(Bs) http://blogs.yahoo.co.jp/letsgroove0410
安部泰朗(Conga) http://heihatiroude.gozaru.jp/
小高 洋(Ds) http://regnochsjung.blog.fc2.com/


2015年2月7日(土) 藤田浩司 Latin Funkastics
茂原Live☆Space PIANISTA ライブスペース・ピアニスタ
http://www.pianista.info/
千葉県茂原市茂原西7-24
080-2294-9549
1st19:30, 2nd21:00 Open18:45 - Close24:00 LO23:30
charge 大人\2000yen、高校生\1400yen、中学生以下\1000yen
藤田浩司(Pf) http://kojifujita.com
畠山 啓(Bs)
高崎洋平(Ds)
ご予約はこちら⇒http://www.pianista.info/reserve.html


2015年2月20日(金)中丸円香カルテット
Food & Bar CANA
千葉県長生郡一宮町東浪見7520-1
http://cana.nu/
夜17:30~翌朝3:00
1st19:00, 2nd21:00
charge 2,000 yen(1drink付)
中丸円香(Pf)
Mike Zachernuk(Tp)
加藤晃司(Bs)
藤田浩司(Ds) http://www.kojifujita.com/


2015年3月4日(水) 長柄中学校3年生を送る会
千葉県長生郡長柄町立長柄中学校
詳細未定


2015年3月21日(土)
DrumStudio LA FIESTA主催 第16回ドラマーズライブ
東部台文化会館大ホール
千葉県茂原市東部台1丁目7番15
Tel:0475-23-8711
12:35開場 12:45開演(変更になる可能性があります)
入場無料
お問い合わせ:ドラムスタジオ ラ・フィエスタ
千葉県茂原市茂原西7-23
Tel:080-2294-9509
☆プロ・アマチュア問わずで総勢20名ほどのドラマーたちが集う、年に一度の名物大ドラムソロ大会!
もちろん私も演奏させて頂きます。


2015年6月6日(土) DrumStudio LA FIESTA主催 音楽教室部門ピアノ各科 第3回ピアノ発表会
東部台文化会館大ホール
千葉県茂原市東部台1丁目7番15
Tel:0475-23-8711
開場13:45、開演14:00(開場・開演共に若干早まる可能性があります)
入場無料
基本的に第1部はクラシック、第2部は即興演奏、もしくは自作曲の演奏となっています。
お問い合わせ:ドラムスタジオ ラ・フィエスタ
千葉県茂原市茂原西7-23
Tel:080-2294-9509


-----------------------------------------------------------------


茂原、外房、千葉県・・・にとどまることなく日本各地よりレッスンにおいで頂いております。
DrumsStudio LA FIESTA(ドラムスタジオ・ラ・フィエスタ)音楽教室部門
千葉県茂原市茂原西7-23

(左の黄色い建物がDrumStudio LA FIESTA、右奥がLive☆Space PIANISTA)

お問い合わせ下さい→lesson@la-fiesta.jp
080-2294-9549

千葉・茂原、首都圏で幼児のピアノ教育ならココ→クリック

千葉・茂原、首都圏で幼児の打楽器教育ならココ→クリック

千葉・茂原、首都圏で幼児の音楽教育ならココ→クリック

DrumStudio LA FIESTA(ドラムスタジオ・ラ・フィエスタ)では音大入学後、また、プロの演奏家になった後にも役に立つ「生きたソルフェージュ」を学びたい音大受験生を募集しています。
音大受験のためのソルフェージュコース
(http://la-fiesta.jp/pc/school/mobara.html )

違いを知る方法は色々とあるかと思いますが、困った時にはおいで下さい。
DrumStudio LA FIESTA(ドラムスタジオ・ラ・フィエスタ)
総合ドラム科
キューバンスタイルドラム科
トゥンバドーラ(コンガ)科
音大受験コース(小太鼓専攻)
音大受験のためのソルフェージュコース
ジャズピアノ科
ラテンピアノ科
幼児・児童のためのピアノアドリブコース
幼児・児童のためのクラシック&即興演奏コンビネーションコース
自ら弾いて癒される、癒しのピアノコース
音楽家・打楽器演奏家の為の身体動作マスタークラス
ピアノ教師のためのジャズポピュラー理論講座3ヶ月コース(全9回)(http://la-fiesta.jp/pc/school/mobara.html)
お問い合わせ、ご質問、体験レッスン申し込み等はこちらから

藤田浩司-koji fujita-
DrumStudio LA FIESTA
Live☆Space PIANISTA
→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner?藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/3370

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Diciembre 1, 2014 12:01 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「第8回「主和音と属和音、シンコペーションについて」 22 nov. 2014」です。

次の投稿は「春でもないのにお別れの季節 2 dec. 2014」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。