« Junio 2002 | メイン | Agosto 2002 »

Julio 2002 アーカイブ

Julio 5, 2002

スタンダード曲 5 de julio de 2002

 最近はラテンのリズムに合うスタンダード曲の掘り起こしに夢中です。先日は「ブルーボッサ」「ヒアズ・ザット・レイニー・デイ」を新たに演奏させていただきました。
 「オン・グリーンドルフィン・ストリート」「四月の想い出」「スペイン」など、主にジャズで採り上げられるテーマから探しています。
 有名曲でもジャズのテーマとしてはあまり採り上げられることの多くない「セント・トーマス」「ティコティコ」「イッツ・ア・スモールワールド」キューバものからは「南京豆売り」なども良いアレンジを研究中です。これらの曲も、ラテンジャズのスタイルでは意外に弾きやすいんです。 

Julio 13, 2002

体を鍛えよう! 13 julio 2002

 どうもここ一、二年、ラテンバンドを始めてからは、少し時間に空きがあるとつい練習したり、曲を作ったり、またアレンジしたりと室内にいる事が多いので、この夏は体を鍛えることを目標にしました!私の場合体を鍛えるといっても、結局海で魚と泳ぐとか、山に登るとか、そんなものですけど。しかし徹底してやりますよ、やるときには。連日朝から晩まで泳いだり・・・。連日別の山に登ったり・・・。

 海は日本海側が魚の観察には良いです(スキンダイビング)。夏の日本海はとても穏やかで、水も太平洋側に比べて温かい。いわゆる「日本海の荒波」は主に冬だけです。あとは徹底して泳ぐ場合、水の温かい南の島へ行ってしまいます。グアムなんかも捨てたものではないですよ。日航ホテルの下の辺りなんか格別です。何よりパックで行ってしまえば時間がかからない上に安い!国際空港を持つ千葉県民としては、国内を移動するよりも気軽で楽でしょう。地元千葉県の海岸では、魚の観察に良いところにはまだ出会っていません。基本的に波が荒いので、水はきれいなのに見通しが利かないところが多いです。好きなのは御宿や南千倉。御宿は、まだ茂原に住んでいた高校生の頃まではよく自転車で行きました。 
 山は出来るだけ身軽に入りたいので、日帰りできる山が好きです。八幡平、鳥海山、蔵王熊野岳、那須岳、草津白根山、霧ガ峰、美ガ原、富士山、北アルプス乗鞍岳、大台ガ原山、伯耆大山、久住(九重)山、阿蘇山、霧島韓国岳、高千穂峰、薩摩開聞岳などなど(以上高千穂以外は百名山)・・。北アルプスの白馬岳は二度挑戦してまだ登頂出来ていません。一度目は山登りを始めた年に登山道をはずれてしまい、道に迷った挙げ句に崖から落ちてリタイヤ。二度目は天候が悪くなって大雪渓の途中で引き返してしまいました(その後土砂降りの雨)。そういえば西穂高岳も麓から登ろうと思いきや、天気が悪くなって断念したことがあります。同じく北アルプスの槍ガ岳なんか、すごく惹かれるんですけど、とても日帰りは出来そうにないので、二の足を踏んでしまいます。

Julio 27, 2002

梅雨明け!そして山登り! 27 julio 2002

 早速、登山してきました。ついに三度目にして白馬を落としました!早朝から夜までの日帰りで登ったのですが、帰りには下山する人を誰も見かけませんでした。白馬というのは山中一泊して登るのが一般的らしいです。途中、大雪渓では解けた雪の上で浮いた岩の落石が頻繁にあったり、メジャーな観光地の山だからとなめてかかっては痛い目を見ることもありそうです。しかし山頂からの眺めが気持ち良くて、やはり登山は止められません。

 ついでに、同じく北アルプスの乗鞍岳にも登ってきました。こちらは2,702メートル地点まで車ではいれるので、白馬岳に比べれば非常に楽です。登って下って三時間くらいでしょうか。もう二度目なのですが、今年限りで一般車は乗鞍岳スカイラインの無料化に合わせて乗り入れ禁止になるらしいので、登り納めのつもりで行って来ました。ちなみにこの山を走る道路は車で乗り入れることが出来る日本最高所(確か2,715m)を通っていますが、残念です。私には、何も全面禁止ではなく、一日に入る車の数を決める(駐車場分とか、予めの届け出に対して入山許可証の発行)形の制限で良いように思えます。

About Julio 2002

Julio 2002にブログ「cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ)のblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブはJunio 2002です。

次のアーカイブはAgosto 2002です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。