« 藤田浩司 Los Cumbancheros in Rubber Cat 26 oct. 2005 | メイン | 手作り打楽器を使って 28 oct. 2005 »

スティック(ばち)の選択・前編 27 oct. 2005

ドラム演奏に欠かすことの出来ない、スティックの選択肢はあまりにも広く、Myスティックの選択に迷っている方も多い事でしょう。

代表的な材質だけ取りだしてみても
1.ヒッコリー・・・北米産胡桃(クルミ)。最も一般的な材質。木に粘りがあり、重さもある。
2.メイプル・・・楓(カエデ)。軽く華やかな音がする。
3.オーク・・・樫(カシ)。最もヘヴィー。万が一折れた場合、スパッといくので、そこが難点。安めの価格設定。音は悪くない。
の三種類があります。
これ以外の材質で安いものは避けた方が無難かもしれません。特に軽いもの、柔らかすぎるものはスティックコントロールに必要なはずみが得られません。また、高級品に他の材質のものもあります。

これにスティックの形状が選択肢に加わってきます。こちらの解説はまたのちほど。

後編はコチラ→http://kojifujita.com/blog/archives/2005/10/30_oct_2005.html

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/455

About

Octubre 27, 2005 8:52 PMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「藤田浩司 Los Cumbancheros in Rubber Cat 26 oct. 2005 」です。

次の投稿は「手作り打楽器を使って 28 oct. 2005」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。