« 作曲せねば・・・  22 febrero 2006 | メイン | トヨタハイエースの弱点 24 febrero 2006  »

国会とは・・  23 febrero 2006

国会とは、「立法の府」でしたよね。

今、問題になっている「爆弾」メールなんてのは、「司法」の場において解決するべき問題なのではありませんか・・?

国会の運営にはものすごい費用がかかっているわけで、それにふさわしい活動をして頂きたいものです。議論すべき問題は山積しています。

ここ数年着々と「行政改革」といわれるものが進行しているようですが、その指し示している方向は如何なものでしょう。

何の為に行革するのか、それは、国民が豊かに暮らすためだと思うのですが、医療費負担を高め、年金制度を厳しくする現在の方向は、本来「政府」というもののあるべき姿とはどんどん離れていっているように思います。

いくつかの問題のうち、私が最も危機的状況にあると感じる「国民年金」については、国会議員やマスコミの側からは語るのも恐ろしいのでしょうが、タブーとされてニュースにもなりません。話題になるのは比較的格差の小さい、公務員の年金と厚生年金のレベルを合わせようというところまで。

ご存じでしょうか、国民年金は積み増ししなければその受給額は生活保護費として支給される額よりも少ないのです。国民年金改革は危急の課題なのではありませんか。

今の制度のままではきちんと納付しているものがバカをみます。
義務を放棄しても、いざ弱ってたちゆかなくなった時、よりレベルの高い生活保護が誰でも受けられるのですから。

これは著しく公正に欠ける大問題だと思っています。

だからアタマのまわる人は納付しない。

しかし、これは一例。ようやく日本の社会の二階層化について世間で騒がれ始めましたが、小泉政権下に行われてきた改革を見れば当然の帰結でしょう。弱肉強食世界の到来。

それを防ぐために、最大多数の国民が幸せに暮らせるようにするのが政治の役割だったはず。

「行政改革」とは何のためにそれをするのか、今一度よく考えて頂きたいものです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/611

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Febrero 23, 2006 11:27 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「作曲せねば・・・  22 febrero 2006 」です。

次の投稿は「トヨタハイエースの弱点 24 febrero 2006 」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。