« テルサネグラ(黒い火曜日) 9 mayo 2006 | メイン | ポルト・ダ・ガリーニャスを訪れる? 11 mayo 2006 »

世界遺産の街、オリンダとレシフェ旧市街を訪ねて 10 mayo 2006  

今日はブラジル最古の街オリンダとレシフェの旧市街を散歩してみる事にする。
まずはレシフェ旧市街から。

レシフェはブラジルのベニス
レシフェはブラジルのベニス.jpg

地下鉄レシフェ駅を昨晩と同じように降りて、しかし今日は歩いて旧市街を巡ってみる事にする。

地下鉄レシフェ駅
地下鉄レシフェ駅.jpg

市街はとても賑やかで、昨晩のガラガラさ加減からは想像し難い活気に溢れていた。

活気あるレシフェ旧市街
活気あるレシフェ旧市街.jpg

市街のあちこちに小径があり、直交しない道路も多いので、ちょっとした迷路のようである。
たくさんの教会があり、不意にその姿を見せる。

街のあちこちに教会が見える
街のあちこちに教会が見える.jpg

昨晩の舞台、サン・ペドロ・ドス・クレリーゴス教会や街の守護教会であるカルモ教会は特に独特の雰囲気を持っており美しい。

カルモ教会
街の守護、カルモ教会.jpg

また、商店や露店も非常に多く、それらを冷やかすのも楽しい。

露天の果物売り
露天の果物.jpg

気に入った。
この街は散歩して面白い街だな、と思った。

San Jose、Sao Antonio、Recife Antigoの各地区を散歩した後、オリンダ行きバス乗り場から847番Alto Nova/Olinda行きのバスに乗る。
バスは小高い丘の上にある石畳の街に到着したので、車掌に「ここが古都オリンダですか?」と聞くと「違う」と言う。
どうやら乗るべきバスを間違えてしまったようだ。
どうやらオリンダという地名はあの有名な歴史地区を指すだけではないらしい。
車掌に事情を話して折り返しのバスの中で出発を待つ。

しばらくして出発した。
途中にある、これまたオリンダという街に降ろされた。
オリンダって街、3つはあるわけだ。
降ろされた近くのショッピングモールの名前がナンタラOlindaナントカ・・・でした。
車掌は来た道の方を指さし、あちらのバス停でもう一度バスを拾えと言う。
わけのわからぬままとりあえず言われた方向へと歩いてみる。
途中、男性に時間を聞かれたので、これ幸いとこちらからも質問する。
すると、その男性は親切にもオリンダへ向かうという乗り合いのフォルクスワーゲン1ボックスワゴンをバス停でしばらく一緒に待って拾ってくれた。

かくしてどういう経路を通ったのかよくわからぬまま、兎にも角にも古都オリンダに到着。

オリンダ・カルモ教会
オリンダ・カルモ教会.jpg

まずは美しいカルモ教会前にある、街のツーリストインフォメーションへと行ってみる事にする。
たいした資料はなかったが、名前を漢字で書いてくれと言うから、なるべく佳い字を当てようと悩みながら書き記す。
まさか「ペドロ」に「屁泥」とか、当てるわけにはいきませんからね。
ここいらへんはいつも悩みの種。
外人の名前は漢字の読みに当てはまらない発音が多くて、いつも四苦八苦する。

オリンダは坂の街だ。

坂の街、オリンダ
坂の街、オリンダ.jpg

この街も絵になる風景をあちこちで眺める事が出来る。
坂のある街には風情がある。
日本で思い出してみれば長崎、函館、神戸、横浜、草津etc...キューバならサンチアゴ・デ・クーバだ。

定番だけど、セー教会にあるバルコニーみたいなところから眺める景色はやはり素晴らしい。

オリンダ・セー教会
オリンダ・セー教会.jpg

しばし街と海をを見下ろし眺める。
緑の多い街の中に教会がポツポツと建つ。

丘の上から見たカルモ教会
丘の上から見たカルモ教会.jpg

これまた散歩して最高の街だ。
残念なのはガイドをしたがる輩が群がってきてうるさい事だろうか。
特に街の麓と高台にあるセー教会の辺り。
しかしあとは静かなものである。

一通り散歩して満足した後、帰途に着く。
さすがにセントロ方面に向かうバスを見つけるのは簡単だ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/715

コメント (2)

coko:

初めまして。
ブログで詩を書いている
COKOといいます。

素晴らしい写真だったので
私の詩に勝手に載せてしまいました。
迷惑だったら言ってください。

これからも使わせて頂けたらうれしいです。
一度遊びに来て下さい。
待っています
この記事にコメントする

>cokoさん

はじめまして。
それからご訪問ありがとうございます。
お名前の読みが、実の妹の一人と同じなのは偶然でしょうか。

ホームページ拝見させて頂きました。
素敵な詩ですね。

写真の街はブラジルのヘシフェ(レシフェ)で、治安は悪いらしいけれど、絵になる街でした。
近所に世界遺産を抱える街、オリンダがあり、こちらも絵になる街です。
オリンダ!Oh Linda!なんて美しい!と叫んだのが街の由来であるとかないとか。
ブラジルにはコロニアルな美しさをたたえた街がいくつもありますね。

これからも詩作、頑張って下さい!!!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Mayo 10, 2006 6:21 PMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「テルサネグラ(黒い火曜日) 9 mayo 2006 」です。

次の投稿は「ポルト・ダ・ガリーニャスを訪れる? 11 mayo 2006 」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。