« 「サン・ファンの祝日」サンチアゴ・デ・クーバ6月24日 2 junio 2006 | メイン | ショック!九十九里浜が・・・  3 junio 2006 »

ショック!九十九里浜が・・・  3 junio 2006

ちょっと時間があったので九十九里浜は一松(ひとつまつ)海岸まで行ってみた。

ここいらへんは幼少の頃よりの遊び場だったところ。

釣りをしたり泳いだり、ある日には友達と遊んでいる間に満ち潮によって浜に脱ぎ散らかしてあった服をすべて持って行かれたり。
もう少し大きくなって、その頃好きだった彼女と一緒に歩いた事もあった。

とにかくたくさんの想い出が詰まった場所である。

近所の一宮海岸にはもはや砂浜がないが、こちら一松海岸の浸食もかなり進行しているようだ。
両海岸とも私が高校生だった頃までは広大な砂浜があった。

それがあれよあれよという間に砂浜は消えていった。

浸食のひどい九十九里浜南部.jpg

ご覧のような崖はいくら規模が小さいとはいえ、以前にはなかったもの。

こちら一松海岸の砂浜も、消滅するのは時間の問題かもしれない。

まさか自分が生きているうちに、こんなにも地形が変わるとは思いもよらなかった。

さらにショックなのは海水が緑色をしていた事。

はじめは目の錯覚かと思ったが、海岸に付着する本来真っ白なはずの潮の泡沫までもが緑色をしていたので、これが目の錯覚ではない事を確信した。

九十九里海岸の水の色.jpg

プランクトンの異常発生?
なぜ、こんな太平洋の外海に面した田舎の海岸で?

東京湾なら海の色が変色するのは夏場なら日常茶飯だけど、まさか九十九里浜がこんなになるとは・・・。

驚き・・・というかショックでした。


本日(6月3日土曜日)はその南九十九里は東浪見海岸にあるライブハウス「大神家」で藤田浩司ラテンバンドのライブがあります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/740

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Junio 3, 2006 7:09 PMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「サン・ファンの祝日」サンチアゴ・デ・クーバ6月24日 2 junio 2006 」です。

次の投稿は「ショック!九十九里浜が・・・  3 junio 2006 」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。