« Marzo 2007 | メイン | Mayo 2007 »

Abril 2007 アーカイブ

Abril 1, 2007

続・再びメキシコへ。 1 abril 2007

マリンバの演奏を聴くのみのために、三たびメキシコへと入国する事にした。
午前中はまだ演奏していないだろうと思い、久々にホテルでゆっくりしたあと、いざメキシコへ。

今日はすぐにマリンバの演奏に出会った。
20070401LaPlacita.jpg

マリンバの連弾。
20070401MarimbaDuo1.jpg

すぐにお店へと入り、演奏を聴きやすい場所に席を取る。
20070401XX.jpg

「ラ・パロマ」「シェリト・リンド」「ベサメ・ムーチョ」など、よく知られた曲のオンパレードだ。
途中一緒に写真を撮らせてもらえたり、サービス満点だ。


突然ひらめいて、レッスンを見てもらえないかと休憩時間に相談してみたら、この場所で今より30分後から出来ると言う。
右の人がアタマ良くてお金持ちで、楽器も彼のもので、この場を仕切っているんだと思い込んでいたが、意外にもマエストロは左の人だとみんな口を揃えて言った。


人を見かけで判断してはいけないね。
ちなみにどちらも親切な方でした。


そういうわけでその時間までに少し間が空いたから、表通りをぶらぶらしていた。
また先ほどとは違うレストランの入り口に、別のマリンバを見つけた。
ウエイターに訊ねるとまもなく演奏が始まるというので、マリンバすぐ脇のバーカウンターに陣取った。
この時間はハッピーアワーとかで、頼んだ倍のビールを飲まされる。

こちらはリズムボックスに合わせたソロ演奏。
演奏者と話をして和んでいたら、日本の曲をプレゼントしてくれると言う。
坂本九の「上を向いて歩こう」だった。
この曲はビルボードにチャートインした事のある名曲だ。
それからマリンバの盛んなチアパス州にちなんだ「チアパスの女」という曲を演奏してくれた。
演奏の合間に、すぐ隣にいる私たちと会話が弾む。
聞けば御年80歳という。
マヌエル・エスコベド氏。

さて、前の店に戻るとすぐにマリンバのレッスンが始まった。
これが信じられないくらいオープンなカタチで、なんとお客さんを前にしての公開レッスン。

なかにはその変わった光景にチップをはずむ人も。


師の名はフランシスコ・ボラディージャ。
風貌からインディオの血が濃い事を想像させる。
30分の約束が1時間以上にも延びた、熱のこもるレッスンだった。
大満足のうちにメキシコをあとにする。


おっと、その前にさっきの店に戻ってマヌエルのマリンバを聴きながらご飯。

日曜日の今日、パスポートコントロールは昨日にも増して大渋滞。
列は何百メートルも建物からはみ出してはるかに延び、抜けるのに2時間かかった。
ミュージシャンも多いが、おそるべし日曜日。
ちなみに平日なら1分で抜ける事もあるところだ。


夜はコキに電話した。
コンガレッスンをお願いしようとしたところ、今はマイアミに移り住んでしまったという。
残念だけど、ここからマイアミに行く事は不可能だ。
電話を探しに行く途中、マリンバのマエストロ、フランシスコが来週演奏するというライブハウス「ドンホセ」をチューラビスタ市内、宿泊先のすぐ近くで見つけた。

DrumStudio LA FIESTA

Abril 2, 2007

楽譜を買いに 2 abril 2007

サンディエゴ近郊チューラビスタ市内のホテルに置いてあったイエローページで楽譜屋さんを探してみたら、少し内陸にあるラメサヴィレッジの辺りにそれを見つけたので、今日はそこに行ってみる事にする。
Alan's Music Center Inc.
8510 La Mesa Blvd.
La Mesa, CA 91941
alansmusic@aol.com
(619)466-1938

ちょっと迷ったけれど、場所はI-8をラメサ通りで降りて、瀟洒なたたずまいを見せるラメサヴィレッジへと曲がる直前にある。

さてお店に入ってみると、今回行った中では品が最も充実していた。
20070402AlansMusicCenterIn2.jpg

ここもそうだけど、ロス近郊では少し小さな楽譜店に品揃えの豊富な店が多いように感じる。
詳しい場所は残念ながら今は思い出せないけれど、宿泊先にあるイエローページで適当に調べていくのが良いと思う。

ずっと前から探していたミシェルペトルチアーニのとか、オスカーピーターソンのとか、興味のそそるものが一杯あった。
ピアノ系はもちろんの事、打楽器系&ドラムのものも充実していた。
ドラマーズライブで使えそうなマイナスワンものの資料も新たにいくつか手に入れることが出来た。
定価の1割引きだから、日本で買うよりもずっと安い。

買い物を済ませてホテル探し。
途中、I-5をマメに降りるが畑の真ん中に出てしまったり、軍の基地のようなところに入り込んでしまいUターンしたりして、食事どころを探すのに結構手間取った。
3度目にしてようやくご飯。

さらに車を進めてディズニーランド周辺でホテルを探すが、ゲート前辺りのホテルはどこも満室だ。
4件くらい当たって全滅したので、少し離れたところへ移動。
そちらは一発でOK。
ブルックハーストプラザイン、なかなか綺麗なホテルだ。

早速プールで泳ぐ。
20070402Pool.jpg

一般のプールよりグッと深い場所があり、一番深いところはもしかしたら3mくらいあったかもしれない。
その深さのせいか、水温も低めだ。


そういえば、レズビアンのカップルがずっと一緒だった。
とても気が利いて良い人達なのだが、時にちょっと怪しい事をする。

夜はダウンタウンディズニーに行った。
20070402DowntownDisney.jpg

ライブハウスはピアノの弾き語りばかりで、
お目当てだったハウスオブブルースも残念ながら本日休業でした。
ちなみにダウンタウンディズニーにあるハウスオブブルースは、16歳以下でも保護者同伴ならOKです。
20070402HouseOfBlues.jpg

野外パフォーマンスのピアノが煙を吐いて面白い。
それはシンセに木か何かで作った箱状の、グランドピアノを模した外装をかぶせてあった。
20070402Piano.jpg


20070402Piano1.jpg

煙は徐々に勢いを増し・・・
20070402Piano2.jpg

バーンと爆発!!!
20070402Piano3.jpg
・・・なんてね。
冗談だけど、演奏者は大変そうでした(^_^;)


帰りがけに米国人まーちゃん推薦のインアウトバーガーを買って持ち帰り、部屋で食べた。
確かに人気があるようで、ドライブスルーの列が絶えない。
しかも、他のチェーンより安いくらい。
20070402InnOutBurger.jpg

20070402InnOutBurger2.jpg


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Abril 3, 2007

ディズニーカリフォルニアアドベンチャー 3 abril 2007

ディズニーカリフォルニアアドベンチャーへと出かける。
20070403PeapleWaitingTheTram.jpg


千葉のディズニーシーはランドよりもエンターテイメントが充実しているので、そんなつもりで出かけた。
こちらはランドよりも遅く始まり早く終わる。
09:00-22:00。
ガイドブックには10:00オープンとなっていたので、余裕で到着したつもりでオープンした30分後に入場した。


ランドでは早い時間がガラガラ、夜になるに従って混雑したので、まずミッキーマウスのジェットコースターみたいなアトラクションのファストパスを取ってからサンホイールに乗る。

揺れ動く観覧車が気持ち良い時も。

ファストパスの時間が来るまで子供向けのショーを見た。
子ども達の反応が面白い。


時間になったからミッキーマウスのコースター、、カリフォルニアスクリーミンに乗る。


ゆるめだが、見える景色、青空や空気や流れてくる曲、などをひっくるめてとても快適な乗り物だ。


また別のショーを見る。
野外でのお絵描きショーの周りには子供連ればかりだ。

通りがかりの紳士がソアリンというアトラクションのファストパスをくれた。

喉が渇いた時、以前サンディエゴで飲んだ事があるカールシュトラウスの地ビールを発見、まずヘフェヴァイツェンを飲む。
20070403KarlStraussHandcraftedBeers.jpg

ここのはやはり美味しい。


どうやらこちら、ディズニーカリフォルニアアドベンチャーは、千葉にあるディズニーシーとは違って、より子供向けに作られているようで、場内にはカップルよりも子供連れの姿が圧倒的に目立つ。
ショーも子供が喜びそうなものばかりだ。
そういうわけで、今日は演奏を観ようという目的についてはどうやら空振りに終わりそうだ。
20070403HighSchoolMusical.jpg

もう割り切って今日はアトラクションを思い切り楽しむ事に決めた。

3Dのアトラクションを見たが、なかなか興味深い。
3Dはもう一つ、昆虫の世界のやつを見た。
風の送りやフィギュア、匂いなど現実感を感じさせるよう総合的に作られている。
良く出来ているなと思った。


一休憩、ビールはペールエールも飲んでみたが、こちらの味も本格的だ。
ビールの種類は他にどちらのタイプかわからないが黒ビール、ピルスナー、濃色ピルスナー、インディアンペールエール等があった。

さて、見知らぬ紳士からもらったファストパスで乗ったソアミン。


これが素晴らしかった。
バーチャルに空を飛び、カリフォルニアの名所や綺麗な景色を眺めるのだが、本当に空を飛び回っている気分になる。
これが一番人気というのもうなづける。
順番待ちの列で隣り合わせた親子連れのお母さんが「これが一番好き!」と言うのもよくわかる。

アトラクションは昨年末に千葉のシーでも行った事のあるタワーオブテラーにも乗った。
座席から一瞬見えるカリフォルニアの景色がとても綺麗だ。

遊び疲れて、ご飯をする。
ま、こんな日が一日くらいあってもいいか。


夕日が傾いてきた。
長かった今回の祭りも終わりを告げようとしている。

夜はエレクトリカルパレード。
なかなか良いものだ。
20070403DisneysElectricalParade1.jpg

20070403DisneysElectricalParade2.jpg

20070403DisneysElectricalParade3.jpg

20070403DisneysElectricalParade4.jpg

20070403DisneysElectricalParade5.jpg

20070403DisneysElectricalParade6.jpg

そのあとおみやげ屋さんをまわる。
帰りに駐車場へのトラムを逆方向で待ってしまい、無駄な時間をつぶす。
が、そんな事も楽しく感じられる。


カリフォルニア最後の夜はバドワイザー、ボエミア、テカテを飲みつぶしておしまい。

今夜は結構飲んだな。

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Abril 4, 2007

ロサンゼルスから成田へ 4 abril 2007

昨晩は結構遅くまで起きていたけれど、今朝も気合いで早起き。
カバンの中身をチャッチャと詰め替える。
カウベル類とか楽譜とか、今回手に入れた貴重な品をスーツケースへ。
衣類とか、壊れなさそうなものはスポーツバッグへ。

ブルックハーストプラザインのオーナーは中国系、とてもフレンドリーで愛想がよい。
朝ご飯を済ませて尚、出発予定時間までに時間が余ったのでブログなど綴ってみて過ごす。

いざ出発。


全く迷う事なく空港近くのレンタカー屋に到着。
アナハイムにあるホテルから約40分だ。

レンタカーのジョージは今日も無愛想だった。

空港へは超余裕をもって到着した。

しかも私はVIPなので、少なくとも今年いっぱいはチェックインがとてもスムーズ。

さて飛行機は成田に向けて離陸。
機内は超満員だ。

自分にとっても新たな発見が多く、とても有意義だった。
今回見聞きしたものの刺激によって、数ヶ月経つうちには・・・

しかし、カリフォルニアの気候は快適だ。
汗ばむほどの暑さにはならないし、風は爽やかに乾ききっているし、こうして10日間こちらで過ごしたが、初日以外は全て快晴である。


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Abril 5, 2007

成田に到着 5 abril 2007

11日間米国&墨国カリフォルニアの旅を終えて、なんとか無事に本日、日本へと帰って参りました。
今回の旅もいろいろな音楽的刺激に満ち溢れていました。
当初思い描いていたようなカタチでライブを見たりする事は出来ませんでしたが、しかし、メキシコのマリンバ奏者たちと親交を深めたり、また、本家カリフォルニアにあるディズニーランドのショーやバンドを見た事などは特に記憶に残りました。
今回のようにメキシコに3日間もいたり、ディズニーランドに行ったりというのは今までの自分になかったスタイルで、新鮮でした。
前半は動きが空振りっぽかったのですが、週末を中心に行程の半ばから終盤にかけては興味深い体験を重ねる事が出来ました。

カリフォルニア滞在中の様子についてはこれから毎日少しずつアップしていきます。

さ、仕事頑張るぞ!

藤田浩司の2007春カリフォルニア滞在記
~ロサンゼルスとその周辺へ 26 marzo 2007~

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Abril 6, 2007

早速本日リハーサル 6 abril 2007

帰国後初日にして早くもバンドのリハーサルがある。
練習しなければ(>_<)
参加メンバーの要望もあり、少し変わった曲、最近やらなかった曲もプログラムに加わりそうです。

・・・ってか身体がダルダルなのですが時差ボケ初日、生きていけるだろうか。

藤田浩司の2007春カリフォルニア滞在記
メキシコ国境の街、ティファナ 27 marzo 2007

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Abril 7, 2007

藤田浩司ラテンキューバンジャズセッションリハ 7 abril 2007

森戸拡義氏の計らいにより、東葛西コミュニティ会館にてリハーサル。
ここの使用料は驚くほど安く、しかも快適で使い易い。
ベースの永井健二郎氏が急用により不参加でしたが、久々に音を出して楽しかった。
今日はピアノを弾く時に合わせて左手でベースも弾いたのですが、コレをやると結構ショボクなってしまう。
当たり前なのか、それとももっとやりようがあるのか。

結局色々とあって米国滞在ラストの朝から今まで殆ど寝ていない。
ほぼ徹夜三日目って感じか。

キューバ行きは高崎洋平氏、期間中の仕事をキャンセルしていよいよ本気モードだ。

2007年4月12日(木)藤田浩司ラテンキューバンジャズセッション
長生郡一宮町東浪見7545-3☆tel 0475-42-7568
1st)19:30~ 2nd)21:00~
当日2500yen(前売2000yen)
[tp:森戸拡義、tb:工藤幸枝、p&d:藤田浩司、d:高崎洋平、conga.:吉羽一星、bass:
永井健二郎]

藤田浩司の2007春カリフォルニア滞在記
砂漠へ 28 marzo 2007

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Abril 8, 2007

今回のカリフォルニア滞在記を書き終える 8 abril 2007

コツコツと書いて、帰国後3日間でかなりな量を書き終えてしまいました。
時差ボケのせいか、ロサンゼルスを出発した日から4日間で数時間しか寝ていません。


こうして振り返ってみれば、ホントに楽しいカリフォルニア滞在11日間でした。


藤田浩司の2007春カリフォルニア滞在記
パームスプリングスの朝 29 marzo 2007


そういや、今日は誰かさんの誕生日だ。
仏陀と同じだ。
おめでとうございます!


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Abril 9, 2007

5月5日誕生日ライブ、ベースは舟橋まさる 9 abril 2007

帰国してみたら、5月5日のライブに出演をお願いしようかと思っていた素晴らしいベーシスト、永井健二郎氏の都合が合わない事が判明。
急遽幼なじみの舟橋君にお願いしてみたら出演を快諾してくれた。
彼のピアノライブに何度かお邪魔させて頂いているが、ボイシングやリズムがとてもいいと思った。
雰囲気としては「色気」か。
同じ色気でもオレのとか、かわ島君のとかとは、また別の種類のものだ。
オレのには夏の陽射しや春の光が似合うし、かわ島君のには夜が似合うし、アイツは・・・霊界か・・・
喩えれば、夜と神の世界のあいだかもしれない。

舟橋まさるは品川の高輪プリンスとか、そういったホテルのラウンジで活躍するピアニストとして生計を立てているようであるが、実はベースとかギターとか歌とかドラムとか何をやらせてもセンスいいんだよな。
彼の弾くベースと共演するのも以前に数回あったなぁ。
その他、彼のピアノ、ギター、ボーカル、ドラム・・・色々な楽器を弾く彼と私は共演している。
振り返れば自分のドラムキャリアは当時激ウマドラマーとして有名だった彼の後釜として始まったわけだし、俺たちは何か因縁めいている。
だから今回の共演はとても楽しみだし、絶対うまく行くに決まってる。
自分もマルチだから、音楽はを奏でるにあたってその楽器を弾く能力のみに頼っているミュージシャンはつまらなく感じてしまう。
音楽はハートで奏でるものだとしたら、日頃あまり弾かない楽器を演奏したとしても、それで自分の奏でたい音が出せさえすれば素晴らしい音楽が出来るだろう。
感動に超絶技巧が必要とは限らない。

今回のライブは濃いメンバーだ。つい先日カリフォルニアを一緒に旅した女子高生野崎めぐみのコンガに、これからすぐ一緒にキューバを巡る予定の高崎洋平がドラム。
キャリアどうこうというのは宣伝としてわかりやすいけれど、今回のライブは良いステージになると思いますよ。俺たちは家族みたいなものだから。

2007年5月5日(土)藤田浩司誕生日!!!ラテンキューバンセッション
ナチュラルハーモニー2000:大網白里町ながた野1丁目7-7☆tel: 0475-72-7966
1st) 20:00, 2nd) 21:15
[藤田浩司P,舟橋まさるB、野崎めぐみConga、高崎洋平D]


こちらも宜しくね!
2007年4月12日(木)藤田浩司ラテンキューバンジャズセッション
長生郡一宮町東浪見7545-3☆tel 0475-42-7568
1st)19:30~ 2nd)21:00~
当日2500yen(前売2000yen)
[tp:森戸拡義、tb:工藤幸枝、p&d:藤田浩司、d:高崎洋平、conga.:吉羽一星、bass:
永井健二郎]

藤田浩司の2007春カリフォルニア滞在記
本家ディズニーランド 30 marzo 2007

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Abril 10, 2007

入学式 10 abril 2007

今日はスタジオ近所に住んでいる姪っ子、佳苗の入学式がある。
早いものだ。

しかし、あいつの話を聞いていると、アイツ程学校へ行くのを楽しみにしている子ははたしているのだろうかと思ってしまうくらい、ヤツは学校好きである。
藤田家の兄弟の中にはそんなヤツ一人もいなかったけどな。
特異体質だ。

あれほど楽しみにしている学校へ行くのだから、入学式を終えたらまずは大満足で帰ってくるのだろう。

ここまで元気に育って良かったワイ。

小さかった従妹のなっちゃんも今夏結婚の模様。
バブバブからの付き合いだから、こちらも感慨深い。
お年頃の頃にはアイドルをやってただけあって昔からかわいかったよな。
どうぞ末永くお幸せに!

-ライブの予定-
2007年4月12日(木)藤田浩司ラテンキューバンジャズセッション
長生郡一宮町東浪見7545-3☆tel 0475-42-7568
1st)19:30~ 2nd)21:00~
当日2500yen(前売2000yen)
[tp:森戸拡義、tb:工藤幸枝、p&d:藤田浩司、d:高崎洋平、conga.:吉羽一星、bass:
永井健二郎]

2007年5月5日(土)藤田浩司誕生日!!!ラテンキューバンセッション
ナチュラルハーモニー2000:大網白里町ながた野1丁目7-7☆tel: 0475-72-7966
1st) 20:00, 2nd) 21:15
[藤田浩司P,舟橋まさるB、野崎めぐみConga、高崎洋平D]

藤田浩司の2007春カリフォルニア滞在記
再びメキシコへ。 31 marzo 2007

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Abril 11, 2007

セーター禁止??? 11 abril 2007

最近母校で制服に合わせてセーターを着る事が禁止されたという。
生徒の中には寒さで体調を崩してしまった者もいる。

大体、公立の学校というのは時代から取り残されたかのように大した空調設備を持たない。
今どきそんな劣悪な環境の中において、時代によって図らずもひ弱になってしまった生徒からセーターの着用という体温調節の一手段を奪うのは如何なものか。

セーターの着用で校風が乱れる???
私たちの時代には頑として制服を着てこない強者までいたけどなあ。
我が母校は自由な校風がウリなのだと思っていましたが。

制服をきちんと学校の思惑通りに着ている者に覇気が宿っているとは限らないし、制約の中でギリギリのオシャレをしている者に非行が見られるかというとそうでもない。
自分の生徒をみている限りそうだ。

コスプレで登校する子(笑)、マユのない子、スカートのやたら短い子、ピアスが多い子、茶髪、ドカンで登校する子(笑)、バイクで通学する子、スマートに模範生徒風で登校する子・・・。
私の目からみる限り、それらの子たちに資質や素養の違いを見いだすのは難しい。

秩序の維持は安定した社会の形成に必要不可欠であるが、高校生活におけるセーターの着用禁止がそれに寄与するのかどうか、それは疑わしい。
また、あまりに秩序が維持された社会は息苦しい。
自分の頭で考えてみて、セーターを着ないという事が社会に好影響をもたらすのか、はたまたそれ程悪影響をもたらすものなのかどうか考えた上で、するかしないかを判断すればよい。
セーターを着る着ないなんて、実はそんな程度の事なんじゃないか。
勿論、例の判例があるから最高裁で争えば負けるかもしれない。
しかし、真っさらな目で見て学校にセーターを着て行く事が日本国憲法やその下の法律に照らして問題となる行為なのかどうか。
それを自分で考えたらよい。

私が学生だったらそんな校則が出来た途端、たとえどんなに暑くてもわざわざ派手なセーターを着て登校するな。

新しい芸術を目指す諸君は特に、そんなものからの支配を逃れなくてはならないのではないか。
あまりに秩序だった世界から新しい芸術や文化が生まれにくいのもまた事実である。

ある意味、校則というのは破るためにある。


学校関係者はセーターを着る事が非行に繋がるなどと考えているのでしょうが、セーターの着用を禁止する事によって実際に身体の不調を訴える者が出ている事に、より気を配った方が良いのではないかと思うが如何なものか。

とにかく!!!
いかなる理由をもってしても、生徒に体調不良の状態をつくるような事があってはならないと思う。
それが学校長の責任というものだろう。

俺たちが学生だった頃、卒業式に恩師の車をまとめてガソリンかけて全て焼き払ってしまったバカ者が近所にいたが、それは明らかな犯罪、迷惑行為・・・しかしセーターを着て学校に行く事にどんな犯罪や迷惑の思惑があるものか。
むしろ、生徒に体調不良を強いる学校側の姿勢に、私は犯罪性を感じるのである。
ばからしい。

-今週のライブ-
2007年4月12日(木)藤田浩司ラテンキューバンジャズセッション
長生郡一宮町東浪見7545-3☆tel 0475-42-7568
1st)19:30~ 2nd)21:00~
当日2500yen(前売2000yen)
[tp:森戸拡義、tb:工藤幸枝、p&d:藤田浩司、d:高崎洋平、conga.:吉羽一星、bass:
永井健二郎]

藤田浩司の2007春カリフォルニア滞在記
続・再びメキシコへ

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Abril 12, 2007

人生、今が一番面白い。 12 abril 2007

人生、今が一番面白い。

それは何度考えてもそう思えてしまう。

他人の尺度は所詮、他人の尺度でしかない。
自分にとっては自分の感覚のみが信じるに値するもの。

情熱を失わなければ結構人生何とかなるし、楽しいものだ。

一時、逆境に感じられる出来事に当たったとしても、当たる度にいつもそれは大きなステップアップに繋がるから、それもまた楽しみな事である。

そうやって突き進んで行き、やがてその舞台を降りる。

大きな悲しみも。喜びも。

誰かは俺と一緒に。
誰かは別の道を。

こころの琴線が触れ合ったものたちにだけ。
こころの琴線が触れ合った時間のみに。

運命、必然。

ドラマチックだ。

さ、今日も頑張るぞー!


-本日のライブ-
2007年4月12日(木)藤田浩司ラテンキューバンジャズセッション
長生郡一宮町東浪見7545-3☆tel 0475-42-7568
1st)19:30~ 2nd)21:00~
当日2500yen(前売2000yen)
[tp:森戸拡義、tb:工藤幸枝、p&d:藤田浩司、d:高崎洋平、conga:吉羽一星、bass:永井健二郎]
盟友森戸センセーとの最終ライブ!必見!


藤田浩司の2007春カリフォルニア滞在記
楽譜を買いに

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Abril 13, 2007

藤田浩司ラテンキューバン 大神家 13 abril 2007

ベースの永井健二郎氏にもわざわざ一宮までおいで頂き、ゴージャスなメンツによるライブとなりました。
Tp森戸拡義氏が今回限りで東京を離れます。
そんなこんなもあって盛り上がったライブとなりました。
ちなみに今回の選曲はDr高崎洋平氏のアイデアです。
自分でプログラム組むのとは全くセンスが違い、新鮮でした。
Conga吉羽一星氏のルンバはよかったなぁ。
Tb工藤幸枝氏は伸び伸びとしたアドリブがよい。

また、是非いつかこのメンバーで!
全員が素晴らしきアミーゴだ。

たくさんの皆様にご来場頂き、どうもありがとうございました。
大神家さんにもいつもお世話になってます。
プレイヤーのみんな、いつもどうもありがとう!


20070412KojiFujitaLatinCuban1.jpg

20070412KojiFujitaLatinCubanAll.jpg

20070412%E6%AF%8D%E6%A0%A1%E3%81%AE%E5%90%B9%E5%A5%8F%E6%A5%BD%E9%83%A8%E6%89%93%E6%A5%BD%E5%99%A8%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88%E5%BE%8C%E8%BC%A9%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%A82.jpg
(ライブに来てくれた母校の打楽器パート後輩たちと一枚)


-次回のライブ-
2007年5月5日(土)藤田浩司誕生日!!!ラテンキューバンセッション
ナチュラルハーモニー2000:大網白里町ながた野1丁目7-7☆tel: 0475-72-7966
1st) 20:00, 2nd) 21:15
[藤田浩司P,舟橋まさるB、野崎めぐみConga、高崎洋平D]


藤田浩司の2007春カリフォルニア滞在記
ディズニーカリフォルニアアドベンチャー


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Abril 14, 2007

藤田浩司の今までに演奏させて頂いた場所々々  14 abril 2007

以前一度チェックしてみましたが、ここいらで再びチェック!
ここのところ新規開拓は少ないけれど、回数多く演らせて頂いている場所が増えました。
今後また増えていきそうな予感。
ライブハウスやホールもよいけれど、スクールコンサート(鑑賞教室)みたいなの、もっとたくさんやってみたいな。
合併により変わってしまった市町村名も多そうです。訂正のご意見を頂ければ幸いに存じます。


北海道
網走市 網走市民会館
紋別市 紋別市民会館
北見市 北見市民会館
美唄市 総合福祉センター
富良野市 文化会館大ホール
富良野町 上富良野公民館
中富良野町 農業改善センター
鵡川町 四季の館
小樽市民センターマリンホール
小樽市 キャンプ場 野外ライブ
東藻琴村 改善センター
東藻琴村 生涯学習総合センター
稚内市 総合文化センター
稚内市
幌加内町 町民研修センター
士別市 士別高校
士別市 総合体育館
豊富町 豊富町民センター
余市町 余市東中学校
余市町 中央公民館
京極町 公民館
羅臼町 体育館
札幌市中央区 総合文化会館大ホール
札幌市東区 光星高等学校
札幌市中央区 ガーデンパレス
札幌市厚別区 厚別区民センター
札幌市南区 区民センター
札幌市手稲区 新陵東小学校
札幌市 山手小学校
札幌市手稲区 手稲北小学校
札幌市手稲区 星置東小学校
札幌市東区 栄東小学校
札幌市東区 北園小学校
札幌市東区 伏古北小学校
札幌市中央区 中央小学校
札幌市南区 真駒内
札幌市南区 澄川南小学校
札幌市南区 澄川小学校
札幌市厚別区 ひばりが丘小学校
札幌市白石区 北都小学校
札幌市豊平区 しらかば台小学校
札幌市清田区 清田南小学校
札幌市北区 新琴似西小学校
札幌市北区 屯田西小学校
札幌市白石区 東川下小学校
札幌市白石区 東白石小学校
札幌市東区 東苗穂小学校
旭川市 愛宕中学校
旭川市 愛宕小学校
旭川市 末広小学校
旭川市 永山小学校
砂川市 砂川小学校
南幌町 公民館
滝上町
平取町 平取高等学校
北広島市 北の台小学校
北広島市 大曲東小学校
北広島市 緑陽中学校
北広島市 西の里中学校
滝川市 東小学校
滝川市 西小学校
手塩町 手塩中学校
羽幌町
千歳市 北斗中学校
室蘭市
室蘭市 母恋小学校
江別市 大麻東小学校
江別市 第三小学校
恵庭市 和光小学校
恵庭市 光と風の里
釧路市
上士幌町
滝川市
共和町
共和町
森町
森町 公民館
恵庭市 柏小学校
苫小牧市 光洋中学校
苫小牧市 緑小学校
苫小牧市 沼ノ端小学校
登別市 幌別西小学校
登別市 幌別小学校
白老町 緑が丘小学校
白老町 中央公民館
函館市
函館市
北見市
興部町
小樽市
留萌町
札幌市
新十津川市
中頓別町
帯広市
忠類村
本別町 本別中央小学校
本別町 本別中学校
本別町 勇足小学校
本別町 勇足中学校
本別町 仙美里小学校
本別町 仙美里中学校
豊頃町 大津小学校
豊頃町 豊頃小学校
豊頃町 豊頃中学校
豊頃町 茂岩小学校
中札内村 村民体育館
中札内村
幕別町
標茶町
伊達市
江別市 いずみ野小学校
江別市 文教台小学校
利尻町
利尻富士町
帯広市 第三中学校
帯広市
帯広市 帯広少年院
根室市
厚真町 厚真小学校
根室市 北斗小学校
更別村 中央中学校
更別村 福祉センター
音更町 文化センター
新得町
新得町 公民館
新十津川町 新十津川中学校
室蘭市 高砂小学校
端野町
上士幌町
浦河町 境町小学校
知内町

山形県 
東根市 東根市立厚生会館

福島県
白河市 白河市民会館
会津坂下町 体育館
猪苗代町 体育館
須賀川市 文化センター小ホール
下郷町 ふれあいセンター
福島市
いわき市
いわき市 内町小学校
いわき市 文化センター
西郷村 西郷文化センター
鏡石町

栃木県
宇都宮市 瑞穂野中学校
宇都宮市 城山中央小学校
宇都宮市 国本西小学校
宇都宮市
藤岡町 文化会館
益子町 町民会館
塩谷町 塩谷高等学校
壬生町 壬生東小学校
大田原市 金田北中学校
大平町 大平中央小学校
国分寺町 国分寺東小学校

東京都
港区六本木 ボデギータ
港区六本木 Woody Bell
港区六本木 アメリカンクラブ
港区六本木 湘南Club
港区 青山円形劇場
港区 青山スパイラルホール
港区新橋 シャミオール
港区麻布 マハラジャ
港区 Loco Loco
港区銀座 マキシム・ド・パリ
港区 日比谷野外カリビアンカーニバル
渋谷区 青葉台スタジオ
渋谷区 TVジャンクション
渋谷区 恵比寿ファクトリー
渋谷区 キングスベンチ
渋谷区 Take Off 7
新宿区 新宿コマ劇場
新宿区 アバコクリエイティブスタジオ
新宿区 シアターアップル
新宿区 京王プラザホテル、ロ・スパツィオ
新宿区 牛込箪笥区民ホール
新宿区四谷 ソケーズロック
北区王子 北トピアさくらホール
目黒区 目黒ライブステーション
千代田区 FM東京
千代田区 ホテルグランドヒル市ヶ谷
千代田区 ホテルアルカディア市ヶ谷
千代田区 一番町花鳥風月館
千代田区 帝国ホテル
世田谷区下北沢 本多劇場
世田谷区 人見記念講堂
世田谷区 高島屋アレーナホール
世田谷区
中野区 ラバーキャット
文京区 後楽園ルナパーク
品川区 六行会ホール
杉並区 セシオン杉並
杉並区 方南小学校
練馬区 練馬文化センター
練馬区 北町西小学校
江東区 ティアラ江東
江東区 遊場
豊島区 大塚ジェルスホール
豊島区 池袋マイルスカフェ
墨田区 平安閣
荒川区 小台橋小学校
葛飾区 金町Jazz38
葛飾区 細田小学校
葛飾区 川端小学校
江戸川区 江戸川総合文化センター
大田区 羽田中学校
大田区
大田区民ホールアプリコ
小平市 東小学校
調布市 調布グリーンホール
調布市 電気通信大学
府中市 住吉小学校
町田市 忠生第一小学校
町田市 忠生第六小学校
町田市 ひなた村カリヨンホール
町田市 町田市民ホール
八王子市 中山小学校
三鷹市 第七中学校
武蔵野市 武蔵野スイングホール
立川市

茨城県
守谷市
大洗町
下館市 下館中学校
古河市 古河第二高等学校
古河市

埼玉県
さいたま市南区 小松原高等学校
さいたま市浦和区 常磐小学校
さいたま市南区 文化センター
さいたま市浦和区 なんが公民館
入間市 金子中学校
川越市 南古谷小学校
坂戸市 片柳小学校
東松山市 東松山養護学校
越谷市 荻島小学校
上尾市 原市南小学校
所沢市 ミューズホール

千葉県
千葉市中央区 ぱ・る・るプラザ千葉
千葉市中央区 千葉市教育会館
千葉市中央区 千葉市民会館
千葉市中央区 クラブステージ
千葉市中央区 LOOK
千葉市中央区 ホール椿
千葉市中央区 ロイヤルプラザホテルロイヤルホール
千葉市中央区 オーガスタ
千葉市中央区 生浜小学校
千葉市美浜区 幕張メッセ
千葉市稲毛区 コルトレーン
千葉市稲毛区 千葉大学附属中学校
千葉市稲毛区 稲毛海浜公園野外ステージ
千葉市若葉区 殿山ガーデン
千葉市若葉区 都賀の台小学校
船橋市 無国籍料理 月
浦安市 東京ベイ東急
習志野市 津田沼レーザーボーイ
習志野市 サンガーデン
習志野市 津田沼クレストホテル
習志野市 津田沼パルコビアガーデン
習志野市 文化会館大ホール
四街道市 文化センター
東金市 フルハウス
東金市 東金文化会館大ホール
松戸市 松戸市民劇場
茂原市 茂原市民会館
茂原市 東部台文化会館
茂原市 茂原市立図書館
茂原市 長生高等学校
茂原市 二宮小学校
茂原市 五郷小学校
茂原市 中の島小学校
茂原市 西陵中学校
茂原市 うたきち
茂原市 マリンピース
茂原市 モック
茂原市 チャールストントマト
茂原市 ふぇるまぁた
長南町 豊栄小学校
いすみ市 岬ふれあい会館
市川市 りぶる
市川市 Club GIO
市川市 シャングリラ
大網白里町 Studio B
大網白里町 ナチュラルハーモニー2000
山武市 文化会館のぎくプラザ
山武市 さんぶの森文化ホール
成田市 エニグマ
成田市(Jazz系ライブハウス)
成田市 ホテル日航成田
印西市 小倉台小学校
一宮町 大神家
白子町 九十九里浜野外特設ステージ
長生村 尼ヶ台総合公園
君津市 南子安小学校
君津市 小櫃小学校
大多喜町 大多喜市民祭り野外ライブ
大多喜町 公民館
大多喜町 ハーブアイランド

神奈川県
伊勢原市 伊勢原市民会館
川崎市川崎区 川中島小学校
川崎市 Club Citta'
綾瀬市 北の台小学校
綾瀬市 早園小学校
相模原市 グリーンホール相模大野
大和市 文化会館
横浜市保土ヶ谷区 権太坂小学校
横浜市中区 神奈川県民ホール
横浜市中区 レストラン船ロイヤルウイング
横須賀市 野比小学校
海老名市 杉本小学校

新潟県
新潟市 音楽文化会館
吉田町 吉田北小学校

山梨県
勝沼町 ぶどうの丘
山梨市 日川高校

長野県
茅野市 車山高原野外ライブ
長野市 県民文化会館

富山県
魚津市 新川文化ホール
高岡市 高岡文化ホール

静岡県
沼津市 原小学校
富士市 元吉原小学校
静岡市 東豊田小学校
浜松市 城北小学校
浜松市 砂丘小学校
藤枝市 葉梨小学校

愛知県
名古屋市 名古屋市民会館
長久手町 文化の家 風のホール

三重県
津市 西部市民センター
伊勢市

岐阜県
多治見市 文化会館

福井県
福井市 福井県民会館

大阪府
大阪市北区梅田 サンケイホール
松原市 ゆめニティプラザ

岡山県
岡山市
岡山市 御南小学校

福岡県
久留米市 久留米市民会館
福岡市早良区 ももちパレス大ホール
筑後市 勤労婦人センター
小郡市 七夕会館七夕ホール
吉井町 村おこしセンター
北九州市若松区 若松市民会館
北九州市小倉北区 子ども文化会館
北九州市小倉北区 北九州パレス
北九州市小倉北区 スミックスホールESTA
北九州市小倉南区 神理幼稚園
北九州市小倉南区 清和幼稚園
中間市 なかまハーモニーホール
八女市 八女文化会館
太宰府市 水城小学校
大牟田市 大牟田文化会館
須恵町 アザレアホール須恵
直方市民会館
行橋市コスメイト 行橋文化ホール
行橋市 中央公民館
古賀市 中央公民館
宗像市 宗像ユリックスハーモニー
福間町 公民館
鳥栖市 中央公民館

佐賀県
武雄市 文化会館

熊本県
一宮町 就業改善センター
益城町 文化会館
水俣市 もやい直しセンターホール
人吉市 カルチャーパレス

宮崎県
都城市 明道小学校

鹿児島県
鹿児島市 谷山サザンホール
指宿市 ふれあいプラザなのはな館
鹿屋市 文化会館
大口市 大口文化会館
川内市 川内市民会館
名瀬市(奄美大島) 朝日小学校
名瀬市(奄美大島) 奄美小学校
徳之島町(徳之島) 中央公民館
徳之島町(徳之島) 文化会館
和泊町(沖永良部島) 和泊研修センター
喜界町(喜界島) 自然休養村管理センター


-次回のライブ-
2007年5月5日(土)藤田浩司誕生日!!!ラテンキューバンセッション
ナチュラルハーモニー2000:大網白里町ながた野1丁目7-7☆tel: 0475-72-7966
1st) 20:00, 2nd) 21:15
[藤田浩司P,舟橋まさるB、野崎めぐみConga、高崎洋平D]


藤田浩司の2007春カリフォルニア滞在記
ロサンゼルスから成田へ 4 abril 2007


DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Abril 15, 2007

曲を書く 15 abril 2007

昨日、今日と新曲を書きました。
とりあえず4曲。
曲はパッと出来るのだけど、フィナーレの扱いに慣れていないので楽譜にするのが一苦労。
思わずミュージックタイムに戻りたくなる。

今回作曲のコンセプトはわかりやすくて楽しいものって感じかな。
5月にお披露目する事が出来そうです。

1)Av.Revolucion
2)Una Noche en Chulavista
3)A Desierto
4)Al Lado de la Piscina

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Abril 16, 2007

きれいなTulipan(チューリップ) 16 abril 2007

本日、予期せぬ来訪者多し。

コンガのYさんがゆうぽんと一緒にスタジオ来訪。
先日のライブでも2人一緒でしたが、仲いいなあ(^^)
こちらもちょうどレッスンの空き時間だったし、会話が弾む。

本日キーボード科に新入会有り。

夜Y.N.さんからきれいなチューリップを頂きました。
Tulip%E8%A4%87%E8%A3%BD.jpg

Y.N.さんも先日のライブにおいで頂きましたが、あの日に演奏した持ち曲「Tulipan(チューリップ)」は結構良い出来だったかも。
最近はああいったホッとする曲をたくさん演奏してみたいと思っています。

だから今回の新曲もホッとするような曲ばかり。
またいずれ、まったく逆にテンションの高い曲をかきたくなるのだろうか。

さあ、明日は・・・午前中から深夜まで殆ど休みないなあ。
ここ数ヶ月、レッスンの詰まりようが異常だ。

吉羽さん、5月13日のスケジュール、なんとか空ける事が出来ました。
詳細の連絡、お待ちしています。
それから例の8月のスケジュールも早めに下さいね(^_-)

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Abril 17, 2007

そういえば・・・ 17 abril 2007

まわりまわって、色々な人が色々な人とつながっているよなぁ。
人生面白い。
オレがこうして誰かさんや誰かさんとつながっているのも何かのご縁なのでしょうね、きっと、たぶん。

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Abril 18, 2007

彼女のレッスンの後に 18 abril 2007

彼女のレッスンの後、たまたま時間が空いたので、スタジオ近所の書店へと一緒に楽譜を買いに行きました。
レッスンで使う楽譜を決めかねていたので、じかに見てみる事に。

彼女は私の、最初の生徒のうちの一人で、小学校3年生の時から関わりがあり、大学受験の頃には受験指導もして、公務員になった今にまで至る。そういえば彼女の先生を始めた頃は、私もまだ10代だったっけ。


いつの間にか同級生がバンバンお母さんになっていると・・・(>_<)

小学校の頃にはクラス委員長でオール5だったな。
だけど、性格はいたってのんびり。

喋り方なんかいくつになってもそうそう変わらないし、過去を重ねて見てるからいつまでも幼く見えてしまう。

・・・しかし、長いわ。
これだけ付き合いが長いと、なんだか一緒にいてもホッとするな(*^_^*)

久々に飲みにでも行って、話がしたくなった。


DrumStudio LA FIESTA

Abril 19, 2007

鈴木楽器製作所に行ってきました 19 abril 2007

アルバム「インファンタ657/藤田浩司」でメロディオンを吹いた頃からとても気になっていた、浜松にある鈴木楽器を見学させてもらいに行ってきました。
%E9%88%B4%E6%9C%A8%E6%A5%BD%E5%99%A8.jpg


リードを調整する工程など、大変興味深いものがありました。
ロボットがリードのピッチを判断しては適切な位置を削る。
大半を機械化されたシステムで処理しますが、そして最後には必ず人間の手が入る。

%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89.jpg
(リードは心臓部)

%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E7%B3%BB%E5%8B%A2%E6%8F%83%E3%81%84.jpg
(鈴木のリード楽器勢揃い!)

また、オープンで明るい社風を感じました。

スズキと言えば鍵盤ハーモニカ、メロディオンの事しかアタマになかったけれど、名器ハモンドオルガンやレスリースピーカーはここで作られている。
%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC.jpg


鈴木の原点であるハーモニカのキーホルダーをおみやげに頂きましたが、さすが楽器製作所、これがちゃんとした音で鳴るんです。

今回ご案内頂いた仲村さんには大変お世話になりました。
どうもありがとうございました。
%E4%BB%B2%E6%9D%91%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8.jpg


それから自分がメロディオンを改造エレキ化する時にお世話になった鍵ハモの運営者さんは、社長直々に声が掛かり、今、鈴木楽器で働いているそうです。
世の中面白いものだ。
熱意のある人がそれを傾けられる場所で働くのだから、一番良いだろう。
社会にとっても、個人にとっても。


夜は舘山寺温泉にある旅館に泊まってゆっくり。
%E3%82%B5%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AB%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB.jpg

館内にFOMA電波の入り辛いところがあり、殆ど圏外状態で過ごしました。
浜名湖の水辺はなかなか風光明媚だ。
%E6%B5%9C%E5%90%8D%E6%B9%96%E3%81%AF%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%AB%E3%81%8F%E3%81%AE%E5%A4%A9%E6%B0%97.jpg
(とはいえ、あいにくの天気)


DrumStudio LA FIESTA

Abril 20, 2007

ヤマハのピアノ工場で購入予定の楽器を試弾 20 abril 2007

ヤマハの浜松工場へと行ってきました。
今回の目的は購入予定であるC5LAを数台弾いて、その中から実際に購入する品を決める事。

%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%B3%E8%A9%A6%E5%A5%8F.jpg
(ショールームのフルコンを試弾)


まずは工場見学。
ヤマハはガードが固く、工場内撮影禁止だ。

ピアノの、普段は見ることの出来ない場所を見ることが出来て興味深いものがありました。
木の張り合わせ具合や、弦を留めるピンの入り具合。
張力を支える鋳物フレームのオモテウラ。
響板はブナとカエデの合板なんだ。

ヤマハは総合企業だから、かなり意外に思えるものも作っている。
トヨタの高級車レクサスのパネルはヤマハ製だ。

見学終了後、浜松市山下町にある、新角のうなぎをお昼に頂く。
%E6%B5%9C%E6%9D%BE%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%88%E3%81%B0%E9%B0%BB%EF%BC%81.jpg

至れり尽くせりだ。

お昼のあとは、いよいよ本日のメインイベントだ。
試弾室、デッドな特性の防音室に用意された3台のピアノの中から今回購入するピアノをじかに選ぶ。
C5LA%E8%A9%A6%E5%BC%BE%E4%B8%AD.jpg


弾き比べてみれば、やはりかなりな個体差を感じる。
即断で右のピアノを除外。
他の2台に比べて明らかにキンキンした音と、低音に音色のムラがあった。
ま、ムラは調律次第でどうにでもなるかもしれないし、キンキンした音も経年変化とか、さきの事を考え合わせれば良い場合もあるのかもしれない。
しかし、私には判断しかねる。
ピアノは絶対に弾いてみてから買った方が良い。

残る2台。
仕上がりは同程度なのだが、響き具合が違う。
左のはカラッと明るく元気な音がして、ラテンキューバンのレコーディングでは粒立ちそうだ。
真ん中のはややウエット、響板の響きに色気がある。

1時間以上も弾き比べてさんざん迷った結果、真ん中の色気を取った。
カラッとした音は録音後の調整で作れそうな気がするが、色気のある響きは調整で作るのが難しそうだったから。
決めてみれば、今回同行して下さった伊藤楽器の高橋調律師も一致した意見だった。
選定室室長の梅原さんも真ん中の楽器がお気に入りだった事を、あとで高橋調律師が教えてくれた。
%E9%81%B8%E5%AE%9A%E5%AE%A4%E5%AE%A4%E9%95%B7%E3%81%AE%E6%A2%85%E5%8E%9F%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8.jpg
(選定室室長の梅原さんと)


決めたのはヤマハグランドピアノC5LA。製造番号6192344。
これから作る作品の中で活躍してくれる事になるだろう。

もう一つ。
試弾館には私の大好きな音を持つピアニスト、リヒテルの弾いたピアノの展示があって弾く事も出来る。
録音年代とか詳しくはないのだけれど、自分の好きな、特別な「あの音」はもしかしたらこのピアノと共にあったのかもしれない。
独特の、自分に来る響きを考慮した譜面台や高い特注の椅子。
なぜかサインが2カ所に。
もちろん弾かせていただきました。
%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%82%92%E5%BC%BE%E3%81%8F.jpg
(リヒテルピアノを弾く)

さて、楽器選定を終えて、かねてから興味のあった楽器博物館を見学に行きました。
これはまたすごい量の収集品だ。
鍵盤楽器は特にすごいと思った。
全部弾き比べてみたかったが、非常識な人もいるだろうし、そういうわけにはいかないでしょうね。
世界最初のピアノ、1700年頃までに作られたクリストフォリのピアノとか、ショパンが愛したプレイエル社のピアノ、リストが愛したエラール社のピアノとか。アップライトの原型、ジラフピアノとか。
チェンバロからクラビコードから色々。
%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%AB.jpg
(ショパンの愛したプレイエル社のピアノ)

楽器とは関係ないけれど、ベートーベンのライフマスクとデスマスクの肉付きの違いなど興味をひかれた。
%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%B3.jpg


%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%B3%E6%89%80%E6%9C%89%E3%81%AE%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%81%A8%E5%90%8C%E5%9E%8B.jpg
(ベートーベン所有のものと同型)


ちなみにメキシコのマリンバはここで弾く事が出来ます。
%E3%83%A1%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%82%B3%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%90.jpg
(懐かしいメキシコのマリンバ)

独特の雑音装置との響きが懐かしい。


途中インストラクターのデモ演&解説なども入り、楽しめました。

ギロの展示が一部間違っていたので、指摘させて頂きました。
ラテン音楽にちょっと詳しい人間なら誰でもわかる明らかな混同なのだが…よく調べて訂正の必要があれば訂正するそうだ。ま、当然の慎重な対応か。
%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%81%AE%E3%82%AE%E3%83%AD%EF%BC%88%E7%AC%91%EF%BC%89.jpg

佐智江さんのギロと同等品がメキシコのギロとして展示されていました。
う~ん、アレを今後キューバのギロに訂正したとしても…それは間違いではなくなるけれど、楽器として普通に使われているのはふたまわり大きいですよね。
それからLP社のメタルギロはベネズエラの民族音楽で頻繁に使われていたなあ。

%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%90%E3%81%AE%E7%AB%8B%E6%B4%BE%E3%81%AA%E3%82%AB%E3%83%9B%E3%83%B3.jpg
(キューバの立派なカホン)

%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%A9.jpg
(伝統的なキューバのソンで低音を担当するマリンブラ)

%E5%B1%95%E7%A4%BA%E5%93%81%E3%81%AE%E3%83%90%E3%82%BF%E3%81%AF%E7%AB%8B%E6%B4%BE%EF%BC%81.jpg
(展示品のバタはやたら立派!)


楽器博物館見学を終えて、すぐ近くにある地ビール屋、マインシュロスへ飲みに行く。
%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%81%A8%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC.jpg
(地ビール屋マインシュロスと浜松のシンボル、アクトタワー)

ここはドイツもの一点張りでバイツェン、アルト、ミュンヒナーなどを飲む事が出来る。
%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%B3.jpg
(マインシュロスのバイツェン)

強烈に制作者の意志を感じるビールだ。
どれを飲んでも同じテイスト。
ドライだ。
ほぼまったくスタイルではないが、世の中の主流はアサヒスーパードライなワケで、好きな人にはたまらないかもしれないな。

昨晩に続いてここでもまた・・・今回はこうして調律師の高橋さんと飲んで語り合ったのが一番楽しかったかも。

DrumStudio LA FIESTA

Abril 21, 2007

浜松航空自衛隊の基地とベーゼンドルファー 21 abril 2007

本当は河合楽器の工場見学に行こうと思って朝、電話で尋ねてみたところ当日の予約は出来ないとの事。
見学には2週間前までの予約が必要だそうで。

気を取り直して浜松にある航空自衛隊の広報館を見学しに行きました。
%E8%88%AA%E7%A9%BA%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E6%B5%9C%E6%9D%BE%E5%9F%BA%E5%9C%B0%E3%82%92%E8%A8%AA%E3%81%AD%E3%82%8B.jpg


ここではたくさんの戦闘機パイロットが訓練を受けているようです。

戦闘機開発についての展示が詳しかった。
%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F%E3%81%AE%E6%95%B0%E3%80%85%E3%81%A8.jpg


また、実物の展示は圧巻。
これだけの規模のところは見た事がない。
%E8%88%AA%E7%A9%BA%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E3%81%AE%E6%9C%80%E6%96%B0%E9%8B%AD%E6%A9%9FF-2.jpg
(航空自衛隊の最新鋭機F-2)

現在も主力の一つである、F-1戦闘機に乗る事が出来た。
コックピットは非常に狭い感じがした。
F-1%E3%81%AB%E4%B9%97%E3%82%8B.jpg

F-1.jpg


それから全天周シアターはすごい。
360度に近い映像を見続けていたら、乗り物酔いをしたように気持ち悪くなった。
内容はエアレスキューが活動する様子の紹介。

続いて磐田市にある日本ベーゼンドルファー本社のショールームへ。
たまたまラッキーな事に今日はスタジオで思う存分弾けるというので、是非ともと試弾をお願いしちゃいました。

弾いてみたのはヤマハC5と同じ大きさのもので、モデル200という名前の楽器。
…これは弾いた瞬間に魅せられた。
なんという豊かな響き、そして弾いた感触と反応。
だってうまくなった気がするもの。
というか、この楽器には全くストレスを感じなかった。
弾いたまま、思った通りに鳴ってくれる感じ。

それに響きが豊かだ。
どう言葉をつくせばよいかわからないが、この楽器の持つ音は豊かだ。
弾いた音と音がうまくブレンドされて少し拡がりを持つ感じ。
絶対に手が届かないと思っていたが、値段を聞けば960万円ほどという。
%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%92%E8%A9%A6%E5%BC%BE.jpg


試弾のあとは、コレクションされている数々の名器について日本ベーゼンドルファーの杉原さんが解説して下さった。
%E6%9D%89%E5%8E%9F%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8.jpg

すごい数とクオリティのコレクションだし、ここでは展示されているピアノを弾く事が出来るのがとてもよかった。
ごく初期のピアノのチェンバロにも似た音色、ベートベン時代のピアノの弾き心地と感触、ショパン時代のプレイエルが持つ軽い弾き心地と音色、リストとともに歩んだ頃のベーゼンドルファーの感触と響き。
ピアノが現代のピアノに近づいてゆく過程が実際にその時代々々のピアノを弾かせて頂くことによって、実感として掴む事が出来た。
%E3%81%94%E3%81%8F%E5%88%9D%E6%9C%9F%E3%81%AE%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%82%92%E8%A9%A6%E5%A5%8F.jpg
(リストが弾いていた頃の初期ベーゼンドルファー)

またここでは20世紀初頭、レコードが実用化される以前の自動ピアノの記録によりブゾーニ本人の演奏を聴く事が出来る。
%E3%83%96%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%81%AE%E6%BC%94%E5%A5%8F%E3%82%92%E5%86%8D%E7%8F%BE%E3%81%99%E3%82%8B.jpg
(自動ピアノ)

鍵盤楽器に興味があるのなら、浜松の楽器博物館よりもこちらをお勧めします。

うん、欲しいな、ベーゼンドルファー。
オレはスタインウェイではなくこちらだな。

生産量はヤマハの100分の1以下、スタインウェイの10分の1以下との事。
マックスでも生産年間60台程度だという稀少品だ。

フルコンサートモデルである、インペリアルが調整中だったのが残念だ。
%E8%AA%BF%E6%95%B4%E4%B8%AD%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB.jpg

DrumStudio LA FIESTA

Abril 22, 2007

なっちゃんがフィアンセと 22 abril 2007

茂原のスタジオに到着早々、従妹で歌手のなっちゃんがフィアンセと共にやって来た。

%E6%9D%89%E5%B1%B1%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%A8.jpg


結婚式で使うという真面目メッセージとドラマ仕立ての冗談系・・・明るくドラムを叩きながらスペイン語で心配事について語るという離れ業を演技させられました(笑)
仕上がりが楽しみです!

う~ん、杉山さんと親戚ですか・・・感慨深い。
だけど、社長夫人はいいやなぁ。
横浜は伊勢佐木町にオフィスを構える会社と四谷のライブハウス経営。
・・・お世話になりますm(_ _)m

DrumStudio LA FIESTA

Abril 23, 2007

LAで買ったカウベルたち 23 abril 2007

そういえば、まだ殆ど試していないこれらのカウベルたち。

LA%E3%81%A7%E8%B2%B7%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%99%E3%83%AB.jpg

LPのマンボベルはキレがよさそうだし、ブロンクスカウベルのボンゴベルたちは柔らかめの低音が素敵な感じがする。

DrumStudio LA FIESTA

Abril 24, 2007

スティック選び 24 abril 2007

なぜかスティック選びにトラブルを抱えた生徒が多く、面白い1日だった。

嬉しそうに新品のスティックを振りかざすH.S.。
5つ打ちとかやっていたのですが、アレッ、左手だけアクセントの抜けが悪いなーと思っていたら、スティックの目のつまりが左右で明らかに違う。
知らないブランドなんだけど、一応ヒッコリー。
だけどアレはないわなー。
低価格スティックは決まって比重が軽い。
今回一揃いどちらとも私の使っているVic Firthのものに比べて木が軽い。
特に左は激激軽で南洋材かと思う程。
あまりに木が軽いと太鼓を鳴らすのが難しい。

その後別の生徒。
TAMAの215Bヒッコリーを愛用していて、私のハービーメイソンモデルを貸してみたところ音の違いに感動したから、他にも色々と試してみた。

・・・もう過去にさんざん試してわかっちゃあいるのに、しかしこうして過去の記憶に頼らず実際に試してみると様々な感想、感覚が湧き出てくる。

TAMAはスティックが系統化されていて分かり易いから、まずはTAMAシリーズで比べてみる。
チップは玉型、ナツメ型にその中間タイプ。
私は玉型でチップ小さめのモノを愛用しているが、今回ナツメ型が気に入った。
普通に叩いた時に接地が広いからアクセントを叩くと音がパーンと出る。
マジ、ダイナミクスや音色の変化が付けやすいのもこの型だ。
受験生がポートレートみたいなので使ったら効果的だろう。
スネアだけではなく、ドラムセットも叩いてみたがナツメ型は特にライドシンバルの音がエロくて宜しい。
全然違うよね。
今度使いたくなった。
但し弱音は若干、品に欠ける感じに聞こえるかもしれないな。

さらに言えばこのスティックは、ブレ易い二つ打ちの速いところの振りも、なぜかキレイに揃いやすい。
TAMA H2155P。

材質・・・そりゃーヒッコリー一番使われていて無難な選択だし、メープルはシンバルを叩いたら華やかだけれど、今回オークが気に入った。
ダントツで芯のある音が出る。
これもスネアドラムだけの演奏になら良い選択かも。
但しライドシンバルには硬すぎて好きではない。

あんまり気に入ったので、同じくオークで出来ているプレイウッドのConcert No.1なども引っ張り出してみた。
これも良い。
とにかく!音の粒立ちやアクセントの抜けが素晴らしい。
生徒も自分が上手くなった気がすると感想を漏らしていた。
スネアの演奏には感じの良いスティックだ。
このスティック独特の短さも繊細さにはプラスだろう。
とはいえドラムセットには考えてしまう。
やはりライドの音がオモチャっぽくなる。
短いスティックのキャラクターがライドシンバルにはよく出てしまい、スケールの小ささがオモチャっぽく聞こえます。
短いのは振り回し感に乏しく、ダイナミックなドラムセットには向かないかもしれない。

しかし、オークという材質はスネアに関して言えば一押しだな。
使っている人は少ないかもしれないが、その固定観念に惑わされずに、音大受験生なら一度は試してみるべきだろう。

直径15-16ミリくらい、テーパー短めでオーク、チップはナツメか小さい球。なんてステッィクを個人的にはちょっと試してみたいと思いました。

DrumStudio LA FIESTA

Abril 25, 2007

電源が落ちた・・・ 25 abril 2007

こうして日記を書いていたら突然にPCの電源がプツッと落ちた。
原因は不明。
結構長文でしたが・・・さすがに二度同じものをアップする気にはなれませんね。

最近不調のPCが続出だ。
自分専用のはスタジオ、自宅、モバイル各2台ずつ計6台あるが、そのどれもが現在何らかの問題を抱える。

程度問題で気にならなければ全て問題ないとも言えるのだろうけれど。

・・・と、書き込んでいたらまた落ちた。
これは異常だ。

-次回のライブ-
2007年5月5日(土)藤田浩司SpecialSession
やる気満々!新曲満載です!
ナチュラルハーモニー2000:大網白里町ながた野1丁目7-7☆tel: 0475-72-7966
1st) 20:00, 2nd) 21:15
[藤田浩司P,舟橋まさるB、野崎めぐみConga、高崎洋平D]


2007年5月12&13日ピアノトリオ
スリル!スピード!サスペンス!
マルイファミリー志木店:埼玉県志木市本町5-26-1
048(487)0101
詳細未定
[藤田浩司P,藤巻良康B、吉羽一星Conga]

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Abril 26, 2007

舟橋君のベースとモントゥーノ合わせてみたら 26 abril 2007

さきほど舟橋君のベースとモントゥーノ合わせてみたら非常にうまくいく!
アイツのカンはやっぱりすごい。
5月5日のライブが楽しみ。
また、彼が私のオリジナルを弾くと、結構アプローチが違って新鮮だ。

それから今日指摘されたのですが、舟橋さんがピアノを弾いているのはアトレ品川4F「transfer」というお店だそうです。

キティちゃんは夜になるとバッテリーが切れてしまうけれど、しかしキホン元気だなと思った。
前よりか強い。


-次回のライブ-
2007年5月5日(土)藤田浩司SpecialSession
やる気満々!新曲満載です!
ナチュラルハーモニー2000:大網白里町ながた野1丁目7-7☆tel: 0475-72-7966
1st) 20:00, 2nd) 21:15
[藤田浩司P,舟橋まさるB、野崎めぐみConga、高崎洋平D]


2007年5月12&13日ピアノトリオ
セッションぽくてドキドキ。楽しみ。
マルイファミリー志木店:埼玉県志木市本町5-26-1
048(487)0101
詳細未定
[藤田浩司P,藤巻良康B、吉羽一星Conga]

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Abril 27, 2007

悪夢 27 abril 2007

悪夢を見て、あぁ記録に残しておかなきゃ・・・と思っていたのに、もう思い出せない。
つくづくラッキーなつくりの脳を持ったものだと思う。


深夜番組を聞き流していたら自閉症の番組で、そういや中学生の何年だったか、俺は自閉症かもしれないって病院かどこかへ電話した事があったのをフラッシュバックのように思い出した。
この私が・・・と思えば、かようにも思春期というのは敏感なのですよね。

自閉症って、だけど自分の殻に閉じこもるってのではなくて、先天性の脳機能障害なんだという事を知ったのはずっと大人になってからの事でした。

ま、殻に籠もっているって思い込んでいるヤツが積極的にあちらこちらに電話している時点で、それは思い過ごしか勘違いなんですよね、冷静にあとで思えば(^_^;)


ベルギーのトラピストビール、シメイを飲んだ。
特にブルーは数年に渡り熟成されアルコール度9%。
製造年により味わいが違うらしい。
だからビンテージ入り。
賞味期限もビールとしてはやたら長い。
ちなみに写真のは2011年12月31日だ。
瓶詰め直前に新鮮な酵母を加え、二次発酵させるのも特徴。
ちなみに売り上げは全て修道院の活動資金になるそうだ。

20070427ChimayBlue%26Red.jpg
(空き瓶です、すみません撮影前に飲んでしまいました)

-次回のライブ-
2007年5月5日(土)藤田浩司SpecialSession
やる気満々!新曲満載です!
ナチュラルハーモニー2000:大網白里町ながた野1丁目7-7☆tel: 0475-72-7966
1st) 20:00, 2nd) 21:15
[藤田浩司P,舟橋まさるB、野崎めぐみConga、高崎洋平D]


2007年5月12&13日ピアノトリオ
セッションぽくてドキドキ。楽しみ。
マルイファミリー志木店:埼玉県志木市本町5-26-1
048(487)0101
詳細未定
[藤田浩司P,藤巻良康B、吉羽一星Conga]

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Abril 28, 2007

表紙が知り合いだったので 28 abril 2007

表紙に旧知であるボニアティージョの背中が写っていたので、つい買ってしまったこの本。

キューバ・トリップ―“ハバナ・ジャム・セッション”への招待/高橋 慎一 (著)


CubaTrip.jpg


どれくらいかって、この背中の写真で彼だとわかってしまうくらい(笑)。
会って数年の間は彼がミュージシャンという事さえ信じられなかったけれど。
だって、当時住まわせてもらっていた家のお母さんだって近所付き合いがないわけでもなかったのに知らなかったくらいだし。
とはいえルバルカバの家でのレッスンは開始当初からよく見学されてたっけ。
う~ん、ティンバレス奏者だったんだ、みたいな。

だけど、初めてプレイを聞いた時にはぶっ飛んだ。
いわゆる凄腕ではないかもしれないけれど、彼がキューバ音楽の体現者である事はまちがいない。
彼がティンバレス奏者であったという意外性もあって、それは当時鮮烈に私の胸に響いた。
いつだったかヘスス・ルバルカバにコントラダンサの曲を弾いてもらっていた時、彼が家の入り口の、木製のドアを調子よく指ではじいて、綺麗なリズムを出していたのを思い出す。
彼の叩くリズムは心地よい。
しかし誰がつけたのか「ボニアティージョ」=「お芋」
裏で「ボニャ」とも縮めて呼ばれているのがちょっと寂しさをそそるぜ。
お会いしてみれば実に暖かいオジさんです。
素晴らしいリーダーアルバムの裏話はよく知っているけれど、内緒です(笑)
他にもフルートのホアキンとか、それから名前は出ていないけれどついこの間、一緒にバンドやろうぜってキューバから手紙をくれたサンチアゴのコンガ奏者、ファンとか載ってました。世間は狭いもので。

-次回のライブ-
2007年5月5日(土)藤田浩司SpecialSession
やる気満々!新曲満載です!
ナチュラルハーモニー2000:大網白里町ながた野1丁目7-7☆tel: 0475-72-7966
1st) 20:00, 2nd) 21:15
[藤田浩司P,舟橋まさるB、野崎めぐみConga、高崎洋平D]


2007年5月12&13日ピアノトリオ
セッションぽくてドキドキ。楽しみ。
マルイファミリー志木店:埼玉県志木市本町5-26-1
048(487)0101
詳細未定
[藤田浩司P,藤巻良康B、吉羽一星Conga]

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Abril 29, 2007

流転する人生 29 abril 2007

どんなに楽しかった出来事もあっという間に想い出となり記憶の奥底に沈んで行くのである。
その時の楽しかった感触だけがジーンと胸の奥から身体の表面までに残って。
そして今も、もう先の事に夢中になってしまっている自分がいるわけだし。

過去は過去として、未来は先が見えないから生きる事は面白いですね。

あと何年だとか、考えてみても人生はまったくその通りに実現出来るものではないし。
だからやはり今日の1日、目先の明日、明後日を気持ち良く生きる事の方が大切に思えてくる。

そりゃあそんな風に指導するのはためらわれるけれど、自分の場合ははっきりとそうです。
今日どんな風に生きたか、その先に未来がある。
やりたい事があるならやるしかないじゃないか。

・・・かといって未来に向けての計画が全くないわけでもないところが、人間の矛盾しているところだな。

今日が昭和天皇の誕生日という事を、この日、何人の人が思い出しているだろうか。

-次回のライブ-
2007年5月5日(土)藤田浩司SpecialSession
やる気満々!新曲満載です!
ナチュラルハーモニー2000:大網白里町ながた野1丁目7-7☆tel: 0475-72-7966
1st) 20:00, 2nd) 21:15
[藤田浩司P,舟橋まさるB、野崎めぐみConga、高崎洋平D]


2007年5月12&13日ピアノトリオ
セッションぽくてドキドキ。楽しみ。
マルイファミリー志木店:埼玉県志木市本町5-26-1
048(487)0101
詳細未定
[藤田浩司P,藤巻良康B、吉羽一星Conga]

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

Abril 30, 2007

久々に兄弟で 30 abril 2007

ゴールデンウィークに珍しく私が実家になどいるものだから、久々に兄弟で飲んだ。
決して仲は悪くないが4人全員がB型の、バラバラ兄弟である。
性格も生き方も趣味も、違うっちゃあ違うわなあ。
見た目でいくと、すぐ下の妹と私だけは似ているかな。

予定外に飲んでしまったから、その後に仕事して終了したのが朝の5時過ぎ。

それから・・・酔いと相まって、つい意識が朦朧としてしまい、支離滅裂なメールを送ってしまいました。
失礼致しましたm(_ _)m

5時過ぎに寝て8時過ぎには起き、今日は短めだったけれど22:30まではびっちりレッスン。
ご飯食べて練習&ブログの更新。
それでも元気だから、健康には感謝します。

-次回のライブ-
2007年5月5日(土)藤田浩司SpecialSession
やる気満々!新曲満載です!
ナチュラルハーモニー2000:大網白里町ながた野1丁目7-7☆tel: 0475-72-7966
1st) 20:00, 2nd) 21:15
[藤田浩司P,舟橋まさるB、野崎めぐみConga、高崎洋平D]


2007年5月12&13日ピアノトリオ
セッションぽくてドキドキ。楽しみ。
マルイファミリー志木店:埼玉県志木市本町5-26-1
048(487)0101
詳細未定
[藤田浩司P,藤巻良康B、吉羽一星Conga]

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)
cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ/koji fujita)のblog

About Abril 2007

Abril 2007にブログ「cozy-corner~藤田浩司(ふじたこうじ)のblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブはMarzo 2007です。

次のアーカイブはMayo 2007です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。