« 長高120周年記念講演「世界へと出かける時に」 27 Julio 2008 | メイン | 「 Ritmos de Cuba - Percusion y Bateria 」 by Ruy Lopez-Nussa Lekszychi 29 Julio 2008 »

ハバナ(La Habana)の休日 28 julio 2008

大変忙しく過ごす中、たったの1日だけ観光に出た。
ライブ&コンサート漬けでとにかく時間がなかった。

まずは23通り、市街中心地へCDを買いに行く。
忙しいから根性入れないとCDも変えない。


その後、セントロ・ハバナ(Centro Habana)の住まいからオールド・ハバナ(旧市街)へ。
海岸沿いのマレコン通りを30分ほど歩くとオールド・ハバナ(Habana Vieja)に到達する。

何を見るという事もなく、とりあえずオビスポ(Obispo)通りを目指す。
見るもの、間違ってるってか(笑)


通りの入り口にはヘミングウエイとダイキリで有名な飲み屋、フロリディータ(FLORIDITA)が。


しかし、高いから入らずにスルー。
物価高はキューバも同じ、燃料もバカ高い今年、今回の予算はかなりタイトなのである。

すこし離れた飲み屋で生演奏の音が聞こえたから入ってみる。


正直言って日本で飲むブカネロは大して美味くはないが、ここキューバで飲むブカネロは最高に美味い。
キューバに行ったらまずはブカネロだ。
しかもブカネロ・マックスではアルコールがきつ過ぎる。
ブカネロ・フェルテが良い。
オレはクリスタルもマヤベも、ましてやマナカやブルーハやポラールなども滅多には飲まない。
サンチアゴにいる時なら、場合によってアトウェイはOKだな。


半日でハバナの全てなど、見るべくもないので適当にブラブラして飲んで、アバナ・ビエハ(Habana Vieja)の観光はおしまい。


そういえば、今回もタクシー代はかなり節約したかなー。


セントロ・ハバナにある宿、アパートメント10階からの景色


夜はアントニオの家族とカバーニャ要塞へ。

ここでは確か夜の9時きっかりに大砲を撃つ儀式が今でも行われている。
ハバナ市街の夜景が綺麗だ。

カバーニャ要塞はなんでもラテンアメリカで最も古い砦らしい。


楽隊付きの壮麗な儀式を観た後、要塞内のちょっと高いレストランでお食事。
二重経済のキューバ、教授の月給が1200円程の国でも、高級なレストランで食べれば4人で軽く1万円はする。
こんな場面でも在キューバ日本大使館職員の親友、アントニオは全額おごってくれようとするが、それがキューバ式の付き合いだ。


赤ちゃんのダニエルがかわいい。
Daniel%26KojiFujita.jpg


もちろん今年、医学生になるという彼女も。
Viviana&Antonio.jpg

話の尽きない、とても楽しい一夜でした。

DrumStudio LA FIESTA

→コメント、トラックバックはこちらからお願いします(^o^)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kojifujita.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1359

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

Julio 28, 2008 2:04 AMに投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「長高120周年記念講演「世界へと出かける時に」 27 Julio 2008」です。

次の投稿は「「 Ritmos de Cuba - Percusion y Bateria 」 by Ruy Lopez-Nussa Lekszychi 29 Julio 2008」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。